HOME/ 掲示板の投稿ルール/ 婚活掲示板/ メル友掲示板

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
虹を一緒に見たあの日

1: ニコ☆☆2013/02/09(土) 18:08:49 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
一緒に虹を見たあの日・・・から、一体どれぐらいの時間が

過ぎたんだろうね。

〜登場人物〜

林 みなみ←中2

宮川 凜香←中2、虹を見た帰りにある事故に巻き込まれる

林 栞那←みなみのお母さん

林 美玖←高1みなみのお姉ちゃん。


その他。


2: ニコ☆☆2013/02/09(土) 18:17:19 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
うちは凜香と一緒に虹をみる約束したー

〜学校〜

『凜香ー!おはよぉ!』うちは凜香を驚かしてみた。

「ふぎゃあ!ってみなみかぁ〜びっくりさせんな!」

凜香はちょっとだけキレていた。

『ごめーん!でどうする?あの件』

「あの件?」凜香・・忘れんなよ!

『虹をみる約束したじゃん!』

でもー虹を見るには条件がある。雨を降り、やんで、

太陽が出ないとー見れない。

「でも、いつ雨が降るかわかんないじゃん」

確かに・・・

『確か、明後日、雨の予報だよ』



3: ニコ☆☆2013/02/09(土) 19:53:42 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
「雨ね・・よし!明後日、学校の屋上で虹を見よう!」

とうちらは指切りげんまんをした。

『約束ね!!』「うん!」うちらは笑顔をお互いに

見せた。

キーンコーンカーンコーン♪

チャイムが教室に鳴り響いた。

『じゃあね、席にもどるわ』

がたがた・・・みんなが席に戻った。

ガラっ「おーし!授業はじめるぞー!」

「あっ!天パ先生!」と男子が発言したとたんー

クラスのみんなが大爆笑した。

〜放課後〜

「みなみー帰ろうよー!」と言われたけどーうちはー

時間割を携帯に写していた。

『国語は・・4点セット・・よし!終わった!』



4: ニコ☆☆2013/02/10(日) 09:23:28 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
凜香が突然ー窓を開けた。

ガラッ!!

『どうしたの?』と聞くとー

「嫌な事を忘れられるんだ・・外の空気を吸うと」

『そうなんだ・・・』

凜香がうちの方を振り向いてー

「みなみもやってみる?」と言われた。

でもうちはー外に向かってー

『凜香ァー!ずっと大好きだぁーー!』と外に向かって

叫んだ。

すると凜香もー「うちも、みなみの事が大好きだぁー!」

と凜香も叫んだ。

『スッキリした?帰ろう。凜香』うちは凜香の手を

グイッと引っ張った。

「みなみ!待ってー!」うちらは廊下を走った。

『先生に見つかると、やばいでしょ?』

と凜香に言うとー

「確かにー急ごッ!」





5: ニコ☆☆2013/02/10(日) 11:56:49 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
「ちょっと待って!!」

凜香・・?『どうしたの?』と聞くとー

「外、見て!雨降りそうじゃない?」

ホントだ!!

『どうする?屋上に向かう?』

「当ったり前じゃん!」うちらは、屋上へ向かった。

タッタッタ・・・!

雨が降って、やんで、晴れて太陽が出ればー・・・

見れるかもしれない!!!

「ほら!!もうすぐ!着くよ!」

ガチャ・・・うちらは、屋上につながるドアノブを握った。

キィ・・ガチャ・・

うちは、思わずー『雨降ってる!!』と叫んでしまった。

「あとはやむだけだね!」

〜10分後〜

雨はまだやまない。「中々やまないね・・」

『そだね・・』でもきっとやむ、約束したもん。

虹を一緒に見ようって・・・



6: ニコ☆☆2013/02/10(日) 15:02:21 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
「みなみ!雨やんでるよ!!」

えっ・・・上を見上げるとー雨は確かに止んでいた。

『よかったー!あとは晴れるのを待つだけだね!』

よかったー!!

〜5分後〜

「晴れそうで・・晴れない!!」

うちらは晴れるのを待っていた。

凜香のゆう通り、晴れそうで晴れない。

『今日・・虹見るの難しいかなぁ』と諦めかけてた。

「みなみ、あんた簡単に諦めてどうすんの?」

と言ってくれた。

『凜香ー・・・』

そうだよね!簡単に諦めちゃダメだ!晴れることを

願うんだー!!




7: ニコ☆☆2013/02/11(月) 14:51:18 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
〜さらに5分後〜

うっ!急に日差しが差し込んできた。


「みなみ!見て!虹が出てる!」


えっ!虹・・?


『本当だ!虹が出てる!!』ようやく見れたー。


凜香はー


「みなみ!一緒に写真撮ろうよ!携帯で!」


『うん!!』うちらは虹をバックにー


「行くよー、ハイ!チーズ!」カシャ!


写真を見るとー『きれいにとれたね!!』


「そうだねー!」


そうだ・・・・『ねぇ、手をつないでさぁ、虹を見ない?』



8: ニコ☆☆2013/02/11(月) 18:25:03 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
「いいよ。」

うちらは手をつないだ。その後も3分ぐらい虹を見続けた。

〜その後〜

「帰ろうか、お母さんも心配してるだろうし・・」

『そうだね、』


うちらは屋上を出た。


良かった、虹が見れて。これも思い出の一つー


うちらは下駄箱で靴に履きかえた。


「先いってるねー」『ちょっ!待って』


やっぱ、凜香といると、笑顔が絶えないなー


「行くよー!!」うちらは、学校を出ようと歩きだしたー。


〜その後〜

「じゃあね、バイばーい!!」凜香と自分の家で凜香と

別れたー



9: ニコ☆☆2013/02/16(土) 12:51:36 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
ガチャ。うちは玄関の扉を開けた。


『ただいまー』すると、お姉ちゃんがー


「おかえり!みなみ!」『今日は珍しく早いね』


うちは2階に上った。

タンタン・・・


自分の部屋へと自分は向かった。


キィ・・・ガチャ。自分の部屋に入りー部屋着に着替えた。




10: ニコ☆☆2013/02/16(土) 14:21:24 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
うちは疲れていたのでー


『少し寝ようかな・・・』うちはベットに上り横たわった。


今日は何か特別な日に感じられた。凜香と虹を見れて・・


一緒に笑顔を見せて

うちはいつの間にか夢の世界に入っていた。


〜その後〜

「急いで、みなみに伝えないとー」タッタッタ・・・


うちは寝ぼけていたー。何だろ・・騒がしい・・・


バン!!お姉ちゃんがうちの部屋のドアを思いっきり開けた


『どうしたの・・?』と聞くとー


「どしたのじゃない・・凜香ちゃんがー」


11: ニコ☆☆2013/02/16(土) 15:18:39 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
うちは起きてお姉ちゃんにー


『凜香に何かあったの?』と聞くとー


お姉ちゃんがー震えた声で・・・・・


「凜香ちゃん、家に帰る途中で交通事故にあって意識不明

の重体だって・・」


えっ・・・!意識不明!?嘘でしょ・・・


うちは言葉も出なかった。


「どうする?凜香ちゃんが運ばれた病院に行く?」


『行く。場所教えて』とうちはお姉ちゃんに言った。


お姉ちゃんはー「分かる?中央病院・・」


うちはすぐに、上着を取り、靴に履き替え家を出た。



12: あい  (.E4o0oD7UE) HP☆2013/02/16(土) 19:11:04 HOST:softbank221054250129.bbtec.net
おもしろいです!
でも、♪はやめた方が・・・
あと、音(キィーなど)のあとに「。」は、いりませんよ

それから(何度もすみません><)
文の後に「ー」を入れるのは読みにくくなりますね…

例えば

うちは起きてお姉ちゃんにー

『凜香に何かあったの?』と聞くとー

お姉ちゃんがー震えた声で・・・・

を、

うちは起きて、お姉ちゃんに

『凜香に何かあったの?』と聞くと…

お姉ちゃんが、震えた声で・・・・・

に変えると読みやすいと思います

話が面白いので、読みやすいとすごく人気が出そうです!


13: ニコ☆☆2013/02/16(土) 19:23:12 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
あいさんありがとう!

14: ニコ☆☆2013/02/16(土) 19:36:35 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
凜香・・お願いだから死なないで!


うちは猛ダッシュで、中央病院に向かった。


タッタッタッ・・・・


『ハァハァハァ・・』うちはだんだん息が切れてきた。


でも、一秒でも早く病院に着きたい・・・


すると・・・


うちは石につまづき転んだ。


『痛ッ・・』うちは何故か涙が出ていた。


凜香・・お願いだから、うちを1人にしないでよ・・


もし凜香がいなくなったら・・・


うちはすぐに、たちなおし病院に向かった。




15: あい  (.E4o0oD7UE) HP☆2013/02/16(土) 21:06:01 HOST:softbank221054250129.bbtec.net
わぁっ!
予想通りおもしろい!!
読みやすくなってるし!
更新待ってます!


16: ニコ☆☆2013/02/17(日) 13:43:05 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
あいc〜おねがいがあるんだケド、

うちがこれから小説を更新するから、アドバイスくれない

かなぁ


17: ニコ☆☆2013/02/17(日) 15:03:42 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
―中央病院ー

うちは病院に入った。凜香・・・!!


「みなみちゃんー!」・・・!?


凜香のお母さん・・うちは凜香のお母さんの所へ走って


行った。


『凜香のお母さん、凜香はー』と聞くと・・


「じゃあ着いてきて。」と言われた。


うちらはエレベータの前で、エレベータを待っていた。


すると、突然凜香のお母さんが・・・


「凜香・・交差点で渡ってる最中に赤信号を無視した車に

跳ねられたんだって・・・」


と言われた。


『そうなんですか・・』


「エレベータ来たわよ。」と言われ、エレベーターに


乗った。


『凜香は死んだりなんてしませんよね・・』


うちは何を言っているのだろう。



18: あい  (.E4o0oD7UE) HP☆2013/02/17(日) 17:08:02 HOST:softbank221054250129.bbtec.net
うーん、特に悪いところはないんだけどね〜〜

「 セリフ」文章
っていうのはやめた方がいいかな…?

例えば
「じゃあついてきて」と言われた。
      ↓
「じゃあ、ついてきて」
と言われた。

にするといいかな。

あと、
例えば

「みなみちゃんー!」・・・!?
晴香のお母さん・・うちは晴香のお母さんの所へ走って
行った。

         ↓
「みなみちゃんー!」
・・・!?
そこにいたのは、晴香のお母さんだった。
うちは晴香のお母さんの所へ走って行った。

にすると読みやすいな。

あとは、切りのいいところで行を変えないと

変なところで切れちゃうから、

切りのいいところで行を変えてみて。

たとえば
「晴香…交差点で渡ってる最中に赤信号を無視した車に
跳ねられたんだって…」

         ↓
「晴香…、交差点で渡ってる最中に
赤信号を無視した車に、跳ねられたんだって…」

に変えると読みやすい気がする…


19: ニコ☆☆2013/02/17(日) 17:08:58 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
あいcありがと〜!

20: (x5gMz05B9A)☆2013/02/17(日) 18:28:50 HOST:fl1-122-133-51-31.chb.mesh.ad.jp
依頼されてないけどアドバイス、気になるところがあったので。

改行が多すぎると思います。
いろいろ改善して>>17を書き直してみると

――中央病院――

うちは、病院に入った。

(凛香…!)

凛香の無事を祈る。すると、聞き覚えのある声が、うちの名前を呼んだ。

「みなみちゃん―!」

(…!?)

振り返ると、そこにいたのは凛香のお母さん。
酷く青ざめた顔で、いつもとは全然違う。
うちは、凛香のお母さんの元に駆け寄った。

「凛香は!? 凛香は、大丈夫なんですか!?」

うちが聞くと、凛香のお母さんはうちの問いには応えず、

「じゃあ…着いて来て」

と呟いた。うちは凛香のお母さんに着いていく。
エレベーターを待っている間、凛香のお母さんはこう話した。

「凛香…交差点の横断歩道を渡っている間に、信号無視の車に、撥ねられたって…」

「そうですか…」

エレベーターが着く。うちは後に続いて乗り込む。

「凛香…死んでなんか、いませんよね?」

うちは…なにを言っているんだろう…。


という感じに!長々とすみません


21: ニコ☆☆2013/02/18(月) 16:50:04 HOST:h061-211-139-204.user.starcat.ne.jp
環さんありがとう☆

22: ニコ☆☆2013/02/19(火) 16:20:40 HOST:h061-211-138-070.user.starcat.ne.jp
凜香が心配だからって・・・言いすぎだ。


凜香のお母さんはこう言った。


「死んだりなんかしない。」と言った。


『そうですよね』


凜香・・!!うちはエレベーターに乗っていても


凜香が意識を取り戻す事を願っていた。


チーン・・・


「みなみちゃん着いたよ」うちらはエレベーターを降りた。


『凜香・・・!』うちは凜香に会いたくて仕方がなかった。


「着いてきて」とちょっと悲しそうな声で言った。




23: ニコ☆☆2013/02/20(水) 16:10:27 HOST:h061-211-138-070.user.starcat.ne.jp
うちは凜香のお母さんに着いて行った。


―凜香の病室―

ガラッ・・・凜香のお母さんは病室の扉を開けた。


「凜香、まだ意識取り戻していないわよ・・」


と言ってくれた。


うちは病室に入った。


そこにはー


凜香がベットで寝ていた。それに・・・


凜香の頭には包帯が巻かれ、口元には酸素マスクが着いてた


これが・・・今の凜香・・?




24: (x5gMz05B9A)☆2013/02/23(土) 14:57:37 HOST:fl1-122-133-51-31.chb.mesh.ad.jp
地の文(会話文ではないところ)は改行しない方がいいです。

25: ニコ☆☆2013/07/28(日) 19:49:40 HOST:h061-211-139-118.user.starcat.ne.jp
自分は凜香に近づいた。


『凜香ぁ・・うちを一人にしないでよぉ!』と涙を流しなが


ら、凜香の耳元で言った。


するとー


(・・!!?)


自分は凜香の手を見た、ちょっとだけど凜香の手が動いたの


だった。


『えっ・・今・・』自分は驚いていた。









26: nari☆2017/07/17(月) 16:38:38 HOST:kd182251252046.au-net.ne.jp
・・・

お名前:





投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


楽しい投稿を心がけましょう!



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪