ピコ森 メル友掲示板

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
地味でごめんね

1: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 18:21:45 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
「ねぇ美菜穂!!早く来なよ」

「美菜穂、これ奢って〜〜〜〜?」

「美菜穂ってさー、彼氏いねーの?」

「アンタってさ、ほんとノリ悪い」

ごめん。ごめんね。

全部無理してたから、もう限界。


2: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 18:27:18 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
私の名前は滝宮 美菜穂(タキミヤ ミナホ)。今日から高校生になる。
中学の頃の私は、オタク全開・致命的なコミュ障・真面目だったせいでクラスのみんなに省かれたり陰口を言われたり、色々嫌な思いをした。自分がオタクだと公言してしまった以上オタ友との関わりも切れず、イケイケグループからは「地味なキモオタ」として認識されていた。

でも今、若葉台高校の校門に立つ私は違う。髪を染めピアスを開け、スカートも短くした私は中学の頃のキモオタの影などない。

高校ではオタバレしないようにして、絶対スクールカーストの上位に居なきゃ。
もうあんな思いはしたくない。絶対。

私は緊張を隠すように、大股で歩き出した。


3: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 19:34:45 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
「え、ヤバ、あの人」
「派手〜〜」
そんな声がちらちらと聞こえる。
恐れとも、軽蔑とも取れるような視線を受けながら、私は自分の教室へと向かった。

この若葉台高校は、偏差値58となかなかレベルの高い高校だ。教師も生徒に信頼を寄せているため、髪染めやピアス、化粧は許してもらえている。金髪だろうが赤髪だろうが、どんなに派手な見た目をしていてもきちんと課題はこなす生徒で溢れているため、自由な校風に私は魅了された。

でもやはり、入学当初からこんな派手でよかったのだろうか。周りのいかにも「真面目」な人々の視線に刺されながら、私は下駄箱にいた教師からクラス名簿を受け取った。


4: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 19:41:59 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
「君、1ーCの滝宮さん?随分印象変わったねぇ!」
名簿を受け取る際、30代後半くらいの教師に声をかけられた。
あ、と思った。この人、私が面接を受けた時の面接官だった人だ。
「あ、はい、高校デビューなんですけどね」
情けないですかね、と笑うと、教師は更に口角を上げてにっこりと笑った。
「いいや、いいと思うよ。やっぱり若い子は元気が大事だからね。高校生活、頑張って!」
ありがとうございます、と頭を下げて、上履きに履き替える。優しい先生でよかった、と新品の上履きに足を入れたとき、中3に進級した時の日を思い出した。


5: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 19:46:11 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
3年生の学年カラー、緑色の上履きに足を入れて新しい教室に入ると、何人かがこちらに気付いた。そして、あからさまに「うわっ」と嫌そうな顔をして、目を逸らした。
席に着くと、隣の席は運動部のイケイケ女子だった。私の顔を見た後、スクールバックに視線を移し、「え」と笑った。
「何これ?なんかのキャラクター?」
私の大好きだった「うた◯リ」のキャラのキーホルダーを揺らし、こちらを見てくる。
気易く触らないでほしかったが、「まあね」と返事をすると、「うわー」と苦笑いしながらその子は席を立った。そして後ろにたむろしていた女子グループに声をかけたのだ。
「あいつ、ガチのアニオタだよ!」と。


6: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 19:49:51 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
それ以来私は女子グループに遠目で見られるようになった。クラスでは「イケてないオタク」として括られ、オタク友達と過ごしていた。
卒業する頃、みんなが卒アルにメッセージを書き合っているのに、誰一人として私達に「書いて!」と笑ってペンを差し出してくれる人はいなかった。

もうあんな思いは嫌だ、と目を瞑る。気が付けば1ーCの教室の前だった。
楽しそうなお喋りが聞こえる。友達ってどうやって作るんだろう。とりあえず、笑って話し掛けてみよう。敬語キャラは駄目。タメ口で、明るく話し掛けるの。

入学前何度も練習した「自然な笑顔」を浮かべ、私は震える手で教室のドアを開けた。


7: もっつぁれら。☆2017/07/04(火) 19:55:30 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
クラスの視線が一斉に集まる。
教室の空気は大きく分けて2つに分かれていた。
数人で集まって楽しそうに笑い合う者、席に座って本を読んだりスマホをいじっている者。
まあハッキリ言って「パリピ」と「陰キャ」って感じだろう。
その中の、パリピグループがこちらを凝視してくる。見た目は私と同じような感じだった。髪色が明るかったりピアスをしていたり。

とりあえず、近くにいた生徒に片っ端から声をかけていく。
「おはよー、私、美菜穂!よろしくー!」
よろしくね、と返してくる者や、ぺこりと頭を下げる者。そしてパリピグループの前を通過するとき、
「よろしくねー!」と笑うと、
「よろしく〜」「美菜穂ちゃん?ってゆーの?かわいい〜〜!」「ピアスかわいーね」と笑い返してくれた。
よっしゃあ!とガッツポーズ。
席に着いてカバンを置いたが、私の快進撃はまだ終わらない。迷わずパリピグループに近づき、「入れて〜」と手を振る。


8: もっつぁれら。☆2017/07/06(木) 21:58:09 HOST:kd124212208055.ppp-bb.dion.ne.jp
「いいよー」と明るい返事が返ってくる。
このグループは3人のようだ。
「あ、私は滝宮美菜穂ね!みんな名前なんてゆーの−?」
「うちは綾瀬佳奈〜」
「あたしは湊川柚乃」
「まゆはねー、服部真優愛!」
佳奈と名乗ったのは、茶髪のロングヘアーで大人びた雰囲気の女の子。柚乃はショートボブを緩く巻いた可愛い感じ。真優愛は小3が図体だけでかくなっただろってほどの童顔。巻き巻きのツインテールをなびかせてる。

色々不安もあるけど、みんな良い人そうだからなんとかやっていけそう。
「よろしくねー」と笑って、席に着いた。


お名前:

sage設定(省略可)



投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


悪質な投稿をするとネットができなくなります。



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪