HOME/ 掲示板の投稿ルール/ メル友掲示板

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
ラブライブ!オリ小説

1: 沢渡☆2016/07/29(金) 22:25:59 HOST:59.net042126064.t-com.ne.jp
ラブライブのオリジナル小説を作りませんか??
内容は自由ですが18禁は無し!荒しも無し!
皆で楽しく小説を書き、読みましょう!


18: 2016年 10月17日☆2016/10/17(月) 18:00:34 HOST:kd182251243016.au-net.ne.jp
マジ!

19: 黝蕕 (M1u7v2qJpw)(sage)☆2016/10/17(月) 21:59:06 HOST:07032460135323_gk.ezweb.ne.jp


黒麻莉 (pXPEHeu6ck)は頭逝ってるから仕方ないよ(笑)


20: 2016年10月17日(sage)☆2016/10/17(月) 21:59:26 HOST:07032460135323_gk.ezweb.ne.jp


(笑)


21: 沢渡☆2016/10/19(水) 21:58:52 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
えと!
小説書きましょう!?((


22: ( W ω T )☆2016/10/20(木) 17:41:00 HOST:kd182250242081.au-net.ne.jp
(笑)

23: (WωT)黒尾☆2016/10/20(木) 21:20:57 HOST:kd182250242078.au-net.ne.jp
こんな時にいいよね➰💮
沢渡は気楽ですねぇ


24: 沢渡☆2016/10/22(土) 19:19:13 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
「気楽ですね」ってここ小説書く掲示板ですよね!?

25: (WωT)黒尾☆2016/10/22(土) 22:08:16 HOST:kd182251243015.au-net.ne.jp
は?

26: 沢渡☆2016/10/25(火) 20:48:54 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
(WωT)黒尾さん、すいません…
説明が足りなかったです…

えと、小説書く掲示板に気楽もなにもなくないですか?って意味です。
説明足りなくてすいません…

それよりも小説書きましょう!((
私も明日くらいに投稿します♪


27: (WωT)黒尾☆2016/10/25(火) 21:32:47 HOST:kd182251251016.au-net.ne.jp
は?

28: なぁに☆2016/10/25(火) 22:25:47 HOST:kd182251251016.au-net.ne.jp
なぁにです。
あのー、ラブライブってなんですか?
その、threadを作ったので、おねがいします。


29: 沢渡☆2016/10/25(火) 22:39:55 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
(WωT)黒尾さん»»すいません…やっぱ分かんないですよね…
私説明力ゼロで((
今回のはもう無かったことにしていただいて((
すいません!!

なぁにさん»»ラブライブ!は、廃校になる学校を救うためにアイドル活動する女の子達を描いた青春劇です!((
…分かりにくいですよね。


30: なぁに☆2016/10/26(水) 17:49:53 HOST:kd182251251018.au-net.ne.jp
わからんわ〜。

31: 沢渡☆2016/10/26(水) 21:03:07 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
なぁにさん»»ですよねW
ネットとかで調べてみれば分かりますよ!

あぁ…やっぱり小説上手く書けない(><)
今日は無理だぁ…((


32: なぁに☆2016/10/26(水) 22:08:08 HOST:kd182251251004.au-net.ne.jp
頑張ってください❗

33: 沢渡☆2016/11/03(木) 22:17:27 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
なぁにさんありがとうございます!
頑張ります〜!

これからあまり来れなくなるかもしれません((


34: 沢渡☆2016/12/18(日) 20:21:33 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
久しぶりに来ました!
小説かきます!
あ、サンシャインです!


【クリスマスとライブと皆と】
▽千歌©サイド

「1.2.3.4.5.6.7.8!」
おはようございます!
私、高海千歌!
浦ノ星女学院二年生、今日も元気に朝練やってます!
今日はダンスレッスンです!
「1.2.3.4.5……千歌ちゃん、ズレてるよ!」
手を叩いてリズムをとっててくれた曜ちゃんが言う。
皆を見ると確かに私はズレズレだった。
「ご、ごめん〜!」
「ううん、大丈夫。」
と、笑って返してくれる梨子ちゃん達。
うぅ〜…やっぱり私もまだまだ…
「そういえば、次のライブっていつにするんですか?」
よほど寝坊したのか朝ごはんを食べないで来たらしいルビィちゃんが言う。
そんなルビィちゃんにダイヤさんがおにぎりを渡しながら答えてくれた。
「そうですわね。ここは定期ライブ感覚で学校の体育館や屋上、グラウンドはどうですの?」
「それはとても楽しそうね♪シャイニー♪」
「確かに!9人で学校でライブってやったことないものね!」
「うんうん!善k((ヨハネちゃんと鞠莉さんの言う通り!私もそれかまいいなー!」
「今、善子って言ったー!?」

一旦切ります!


35: 沢渡☆2017/01/03(火) 01:09:11 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
明けましておめでとうございます!

クリスマス過ぎましたけど小説続き書きます←


「あ、でも、体育館とかは運動部が使ったりしてるよー?」
と曜ちゃん。確かに…前のライブ(ダイスキだったらダイジョウブのライブです)は事前に許可とったりしたし…(そこら辺は分かりませんが←)
「じゃあグラウンドか屋上ずらね!」
「屋上は_もし観客がいっぱいになったら危険ですわ」
…ダイヤさん。そんなにいっぱいお客さんは来ないと思うんだ。←
「な・の・でグラウンドで」
勝手に決めたね…ダイヤさん…
皆何も言わないし賛成なんだろうけど!私も賛成!なんとなくだけどね!((ォィ
「よーし!燃えてきたぁ!新しい衣装作らなきゃー!」
「じゃあ私も作曲_しないとね♪」
曜ちゃんと梨子ちゃんが燃えている…!私も作詞作詞作詞〜!
「わ、私達も…手伝えることがあれば!手伝いましゅ…!」
ルビィちゃん達も…!
よーし頑張るぞー♪

(よーし、ライブ当日まで飛ばしますよー←)

ライブ当日!グラウンドにはお客さん!生徒もいるし地域の人まで!
やっぱりルビィちゃん達が作ったポスターのおかげかな?
「千〜歌!ライブ、始まるよ?」
「果南ちゃん!うん!今行く!」
私は皆と一緒にグラウンドに走った。

「皆さん、今日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございま〜す!今日はクリスマス!なのでクリスマスにぴったりの曲を披露したいと思います!」
私はマイクを置いて定位置につく。
曲が流れだし、私達は踊り、歌い始める_
『大事な時はいつも一緒に過ごしたいから!』
クリスマスにぴったりな衣装を身にまといながら!
『ジングルベルが止まらない!』
曲が終わった瞬間の、拍手が聞こえるより前のことだった。
私の手に、真っ白な雪が舞い降りてきた。
ホワイトクリスマスだ_




_今年も幸せなクリスマスになりますように_



クリスマス終わってますが!
お正月ですが!
そこは気にしちゃ駄目です!←


36: 沢渡☆2017/01/03(火) 01:22:25 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
『ジングルベルが止まらない』を題材?にした小説でした!

次はミューズ書きたい…
バレンタインネタ書きたい…
まだ1月だ…←


37: 沢渡☆2017/01/31(火) 20:10:26 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
小説書きます!
えとにこ©に片想いの相手がいる設定です笑
めっちゃ短いです…((


学校が終わった後、ミューズの練習が無い時は、決まって行くところがある。
図書館だ。
「やっぱり、今日もいるにこ♪」
本棚の横から顔を出し、君を見つめる_だけじゃつまらないから。
「にっこにっこにー!!今日も宇宙一NO1アイドルがきましたにこ〜!!」
本棚のかげから飛び出すと、君はびっくりもせず、ただただ無表情で参考書を広げながら勉強していた。
「にっこにっこにー!!」
無視されてるけど。_好きなんだ。
君を笑わせたいんだ。
笑顔にしたいんだ。
だって、人を笑顔にするのがアイドルの、にこにーの使命でしょ?
アイドルは恋愛禁止、なんて言ったけど、皆に謝らなくちゃね_
君が心から笑ってくれたら、伝えるよ。


『好き』だって。


38: りぃな☆2017/02/01(水) 19:57:30 HOST:kd119104147230.au-net.ne.jp
 初めましてこんばんは!りぃなです!!
小説読みました!
すっごく面白い!もっと読みたいです!


39: りぃな☆2017/02/01(水) 20:10:46 HOST:kd119104147230.au-net.ne.jp
いきなりですが小説書きたいとおもいます。

「凛ちゃんって、花陽ちゃんと真姫ちゃん。どっちの方が好きなの?」

凛がかよちんと真姫ちゃんと一緒にお弁当を食べてると、穂乃果ちゃんが思わぬ質問を投げ掛けてきた。

は、初めて聞かれた質問だにゃ〜…。
そういえば、考えた事もなかった。
えっと、かよちんは大好き。真姫ちゃんも大好き。
…。き、決められないにゃあああぁ!?

「ちょっと穂乃果ちゃん、り、凛ちゃんが困っているよう」
とかよちんが言う。

すいません。一旦切ります。


40: 沢渡☆2017/02/01(水) 21:12:15 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
本当ですか!?嬉しい…!!
りぃなさんの小説、続きが気になります〜!
楽しみにしてますね!!

私もまた明日小説書くと思います!
たぶんまたミューズで恋愛系です笑


41: りぃな☆2017/02/01(水) 21:17:00 HOST:kd119104147230.au-net.ne.jp
 楽しみにしてますー!
沢渡さんの書く小説好きになりました!
これからも楽しみにしてる!


42: りぃな☆2017/02/02(木) 21:21:59 HOST:kd119104154131.au-net.ne.jp
続き

小学生からずっと一緒だったかよちん。
すっごく優しくて、凛の大切な親友…。
真姫ちゃんは今年ミューズに入ったことで仲良くなったけど…。
かよちんと同じくらい好き。

凛にとっては難しい質問。
だって、凛自信がどっちが好きか分かって無いんだもん。

凛は一体、どっちが一番なのかな。

切ります。


43: 沢渡☆2017/02/02(木) 22:27:01 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
りぃなさんありがとう!!
私も楽しみです!!

小説書きます!
(前、ミューズで恋愛系って言ったんですけどアクアで恋愛系いきます←)



「ねぇ、善子ちゃん」
「善子言うなぁ!私はヨハネぇ!!」
アクアの練習が終わった後、今日もからかってくる君。
善子善子って。私はヨハネなのに。
「ねぇ善子」
「だから!善子じゃ…」
私の言葉よりも君の言葉の方が早く発せられたようで。
「善子は_自分の名前が嫌いなの?」
「_え?」
「いやぁ…私はヨハネ!っていつも否定するからさ」
自分の名前が嫌い_そんなの考えたことが無かったかも知れない。
だって私の名前は『ヨハネ』で_
『善子』じゃ_
「俺は好きだよ。『善子』っていう名前」
「え_」

「それに、善子自身も好き。善子は俺のこと、どう思ってる?」
_なにそれそんなこと言われたら。
 もちろん答えは『好き』

そして。私の名前は_


「善子」


44: りぃな☆2017/02/02(木) 22:38:52 HOST:kd119104154131.au-net.ne.jp
きゃああああぁ!

ヨハネ可愛すぎますっ


45: 沢渡☆2017/02/06(月) 22:46:41 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
小説書きます!!
かよちんで恋愛系です!!
(最近恋愛系多し!です笑)


「花陽って白米より好きなもの、ある?」
「え?」
いつもの帰り道、君がいきなりそんなことを聞いてきて。
私は動揺しちゃった_
「う…う〜ん…分かんない…」
「そっか〜」
なんでそんなこと聞いてきたんだろう?
白米より好きなもの_
ミューズの皆、とか…?それに…君_
…って!!私何考えてるんだろう…
私は、君のことが好き?
す、好き!?恋ってこと!?
うぅ〜!頭がパンクしちゃいそう…
「まぁなんとなく聞いてみたかっただけだし!気にしないで!」
「う、ん。」

でももう遅い。
気づいちゃったもん。
_君が好きって。


最近会話文減ってきた気がします!
前は会話文多しだったんで!((
かよちん、キャラ掴めてるかな??


46: 沢渡☆2017/02/06(月) 22:58:37 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
真姫ちゃんで恋愛系!


「ちょっと!抱き付かないで!ピアノ
が弾けないでしょ!?」
昼休み、ピアノの練習に音楽室に来
たのに幼馴染みの君が抱き付いてく
る。
幼馴染みだから、やっていいことと
悪いことがあるでしょう?
「もう!なんで抱き付いてくるのよ
〜!!」
「…知りたい?」
君のその問いかけに頷いたら、君は
楽譜の6ページ目を見て?なんて言っ
て抱き付くのをやめて走っていっ
た。
「なによ…」
私は渋々楽譜の6ページ目をめくっ
た。すると。

楽譜の下の方に小さな文字で書かれ
ていた2文字。
それは幼い頃からみていた君の字
で。
_『すき』
「『好き』くらい漢字で書きなさい
よ…」


_昼下がりの音楽室で。


47: 沢渡☆2017/02/26(日) 20:40:09 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
ラブライブ!サンシャイン!!
Aqours Fist LoveLive!
〜Step!ZEROtoONE〜

二日目おめでとうございます!!
ライブを記念しての小説です…!


「やっぱり、慣れないなぁ…」
「どうしたの?千歌ちゃん。」
ライブ前のちょっとした独り言。
それが、たまたま、梨子ちゃんに聞こえたみたいで。
「_慣れないんだよ〜」
私がそう答えると、梨子ちゃんは、はてなマークを浮かべた。
「慣れないって…?」
_それはね?
「『本番前の緊張感』!何度かライブやってるけど、そのライブが小さいものでも大きなものでも_同じくらい、緊張するの!」
今も_心臓がバクバクしてて。
そしたら、梨子ちゃんがクスッと笑って。
「そうだね。確かにそうかもしれない。私達しか味わえない、ステージに立つ私達にしか味わえない緊張_」
そこまでのところで、私は梨子ちゃんの唇にピトッと、指を押し当てた。
「梨〜子〜ちゃん♪緊張してるのは私達だけじゃないんだよ?」
「_え?」
「ライブを見に来たお客さんだって、『ドキドキ』してるよ!!_きっと!」
私の言葉にびっくりしながらも、梨子ちゃんは『そっか♪』と笑ってくれた。
やっぱり、この緊張には慣れない。
でも、緊張を乗り越えて楽しもう。

_刺激を求めながら、不安を数える。
 矛盾だね。

でも、最後には…ううん、今は、『最後』なんて考えない。
私達の最初のラブライブは、これから始まるから!!

_奇跡、だよ


48: 沢渡☆2017/02/26(日) 20:50:44 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
『本番前の緊張感』、何か聞いたことあ
ると思ったら、スクフェスの絵里ちゃん
のSRカードでしたW
自分持ってました←

ラブライブの小説リク受付中です!!
気軽にリク下さい〜!


49: りぃな☆2017/03/02(木) 18:47:51 HOST:kd119104135184.au-net.ne.jp
はいはいはーい!
ならなら、りんまきちゃんの小説お願いしますっ


50: 沢渡☆2017/03/02(木) 22:30:29 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
りんまき!!了解です!!
あ、友情系(?)ですか?百合系ですか?←


51: りぃな☆2017/03/03(金) 06:16:25 HOST:kd119104128153.au-net.ne.jp
百合系お願いしますっ!

52: 沢渡☆2017/03/15(水) 22:17:27 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
海未ちゃん誕生日おめでとう!!

りんまき書きます!!!!

__これは、ミューズをおしまいにしてから、1年が_凛たちが2年生になった頃のお話。
「まーきーちゃん♪」
「凛?今日もきたの?」
ミューズが終わってからも、凛は昼休みに真姫ちゃんのいる音楽室に遊びに来てるんだにゃ!
「今日、花陽は?」
「かよちんは風邪でお休みにゃ〜…」
かよちん…学校終わったらお見舞い行くよ!
「そっか」
「真姫ちゃん、今日もピアノ弾いて!」
「今日も?」
「今日も!」
真姫ちゃんは、「仕方ないわね〜」なんて言いながら毎日楽しそうにピアノを弾いてくれる。
今日も。
「今日は何の曲?」
「私達の、思い出の曲。」
真姫ちゃんはそういうとピアノをひきだした。
「あ、これは_」
「『あいしてるばんざーい!ここでよかった。』」
真姫ちゃんがピアノをひきながら歌ってくれたのは_
「『だいすきだばんざーい!始まったばかり。昨日に手を振ってほら_』って、凛!?」
泣いてた。
泣いてたんだ。
この曲を聞いたら、皆を思い出して_
「な、なんで泣いて…」
「ご、ごめんにゃ…皆を思い出して…」
「凛…ごめんなさい。私、そんなつもりじゃなかったの…」
「真姫ちゃんは悪くないにゃ」
皆と連絡は、毎日のように取り合ってる。
今日こんなことがあったよ。とか、そっちは楽しい?とか。
皆と、会おうとすれば会える。
でも、皆が遠い存在になっていくみたいで。
「嫌にゃ〜…」
「…凛。大丈夫。大丈夫。ミューズが終わったって、私達がミューズのメンバーなのは変わらないわ。」
「真姫ちゃん…」
「皆、近くにいるわ。」
真姫ちゃん、暖かい。
「真姫ちゃん。」
「?何_」
_真姫ちゃんに、キス。
「へ…ちょっと!!な、ななな何して!?」
「ふふ♪真姫ちゃん可愛いにゃ!」
「か、かわ…!?」
「真姫ちゃんのおかげで元気出たにゃ!真姫ちゃん大好きにゃ!」
「ッ〜〜〜〜!!昼休み、終わるわよ!」


ミューズは皆。皆はミューズ!
凛と真姫ちゃんは

「今度ミューズの皆と遊園地いきたいにゃ!」
「カフェ巡りとか!」
「あと真姫ちゃんとデートしたい!」
「!?」

凛と真姫ちゃんは、きっと_


53: 沢渡☆2017/03/15(水) 22:23:45 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
投稿遅れてすいませええええん!
いや、なんか、卒業式の練習とかめっ
ちゃめんどくさくて!全員居残りとか
なって!みたいなのが続いて疲れていま
して←
明後日(金曜日)に卒業式なんです。
中学だああああああああ(うるさい)


54: softbank060090168093.bbtec.net☆2017/04/17(月) 02:50:03 HOST:kd182251252036.au-net.ne.jp
softbank060090168093.bbtec.net

55: 沢渡☆2017/04/24(月) 10:22:37 HOST:155.net112138242.t-com.ne.jp
小説書きます!
風邪引きました…
(注)希ちゃんとオリキャラです。
  百合要素あるかもです。



「希ちゃ〜〜ん!」
今日も私_笹木ひなは、決まって希ちゃんに泣きながら抱きつく。
「ん〜?どうしたひなちゃん。今日もケンカしたん?」
「うん…」
希ちゃんにはいつも私の恋愛相談に乗ってもらっている。
ミューズの活動や神社の仕事とか生徒会活動とか…色々大変なのに…
「…希ちゃんは優しいなぁ」
「いきなりどうしたん!?//優しいとか//」
「そのままの意味!」
私には片想いの相手がいる。
幼馴染みで親同士仲がいい。
でも私とアイツは…ケンカしてばっかり…。
「ああああ!思い出したらムカついてきた!」
そんな私をまぁまぁとなだめる希ちゃん。
「な?ケンカするほど仲がいいっていうやん?」
「……………。」
「…好きなんやろ?」
そうだけど。でもなかなか伝えられないし_
「ちょっとは自分の気持ちに素直になってみ?」
「…………分かった。」
「よし!今から行ってき!」
「え…今から!?」
アイツ…結構前に家出てたよ!?今からとか間に合わないし…帰ってからでも…
なんて考えてると、希ちゃんが。
トンっと背中を押してくれた。
「大丈夫。まだ間に合う。ついでにケンカのことも…謝っとき?」
「ケ…ケンカは私から仕掛けたんじゃないよ!?」
「謝っとき?」
「………。」
希ちゃんには叶わないや。
「じゃあ、言ってくる。「あ、ちょっと待って?」
なんだ?
「希のスピリチュアルパワーをひなちゃんに注入!は〜い!ぷしゅっ♪」
「…ありがと!」
私が走り出すと希ちゃんは頑張れって声をかけてくれた。
私は無我夢中でアイツの所まで走った。


「ひなちゃんなら、大丈夫や。なんせ、この希ちゃんの_初恋相手なんやから。」


56: 沢渡☆2017/06/02(金) 00:02:16 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
久し振りにかきますね(*´∀`*)
スクフェス感謝祭が迫ってきたあああああああ←
そして体育祭があああああ←

※穂乃果ちゃんのいじめ小説です。
 苦手な方は読まない方が…←
 最後は一応ハッピーエンドです!
 ミューズはいじめる側じゃないです。

「1、2、3、4…穂乃果!また遅れてますよ!?」
「ご、ごめんっ…」
今はミューズの放課後の練習中。
さっきから私だけミスを連発していて。
昨日はできてたのにな…
「穂乃果ちゃん…最近元気無いみたいだけど…」
「え!?なんのこと〜?穂乃果は全然元気だよ!ほら!」
と、腕を振り回す。
「そっか」とことりちゃん。ことりちゃんは勘が鋭いから気を付けなきゃ。
と、その時。屋上のドアが開いた。
「あ〜!高坂さん、ここにいたんだぁ〜」
「………あ」
ドアを開いてでてきたのは、私のクラスメイト達だった。



明日続きかきます((


57: 沢渡☆2017/07/29(土) 11:08:04 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
随分と間が空いてしまいました((
続き書きます。



「あなたたちは…私達のクラスの」
「あ、園田さん!実は私達、最近高坂さんと仲良くなって〜」
_嘘つき。
「それで、高坂さんにスクールアイドルの事とか色々教えて貰おうかなって」
_嘘つき。
なんでそんなに簡単に嘘をつけるの?
「そうですか…なら穂乃果、今日の練習は終わりにします。クラスメイトの方々にアイドルの事、教えてあげて下さい。」
「えっ!?なんでっ…?」
まだ練習の途中だよ?やめてよ、そんな_
「穂乃果は今日調子が悪いみたいですし…気分転換に、大丈夫ですよね、皆さん。」
え、やだやだやだ。嘘だ。海未ちゃん嘘でしょ?
ミューズの皆は海未ちゃんの意見に賛成したようで。
「_それじゃ、行こっか。高坂さん」

ことりちゃんはずっとずっとクラスメイトを睨んでいた事も露知らず。


58: 沢渡☆2017/07/30(日) 22:19:18 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
クラスメイトに連れられて来た空き教室。
ここで今日も地獄が始まる。
「さーてと。今日もよろしくねっ?」
1人が私を蹴り始める。殴る。
それも服で隠れるような場所に。
そして罵倒する。
「ちょっと可愛いからって調子乗んな」
「アイドルってみんなにちやほやされたいだけでしょ」
「キモい」「ウザい」
「死ねば?」

_死ねば?

その一言は私の心に深く突き刺さった。
「なんでっ…なんでぇっ……」
「うっわコイツ泣き始めたよ」
やだやだやだなんで…
アイドルだって、廃校を阻止するためにここまで頑張ってきたのに。
なんでこんな_

「_そこまでだよっ!!!!!」

その声はよく知っている、幼馴染みの声で、ずっと聞きたかった幼馴染みの声。
「ことりちゃ…ことりちゃんっ…!」
「大丈夫、大丈夫だよ。穂乃果ちゃん。今ミューズの皆が職員室とか警察とかで頑張ってるから」
皆が……?
「お前、何だよっ!いきなりきて!」
たまらずクラスメイトの一人が声をあげた。
「駄目!!ことりちゃんっ、」

「あのさっ!あなたたちは知らないかもだけど、ことりのママはこの学校の理事長なの!言ってる意味、分かる?」

口調は優しく、でも強く怒りの籠った声ではっきりと言った。
クラスメイトはそれを聞いて怯えたようすで。
でもことりちゃんは更に追い討ちをかけていく。
「あと、さっき穂乃果ちゃんに言ったようにみんなが先生とか警察にも報告してるんだ。」
「ちゃんと証拠もとったよ?さっきのを撮影したから。」
「これでもうあなたたちは言い逃れできないよねっ」
「謝って」
クラスメイト達は、逃げていった。
「逃げたってすぐ捕まるのにね」
ことりちゃん。ことりちゃんが、助けに来てくれた。皆、助けてくれてる。

「ありがとうっ…ありがとうっ…!!」

「穂乃果ちゃん、もう泣かないでっ?大丈夫だよ?安心して!」

そういってことりちゃんは私が落ち着くまで背中をさすってくれた。


59: 沢渡☆2017/08/02(水) 09:08:38 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
〜in部室〜

「穂乃果。何で私たちに言ってくれなかったの」
にこちゃんが、涙目で訴えてくる。
「私は…みんなに言ったらみんながいじめられるって思って…怖くてっ!!」
いじめられるなら私一人でいい。他のみんなを巻き込みたくなかったから_
「穂乃果っ!」
私の名前を呼んだ海未ちゃんの目は赤く腫れていた。泣いたの?ごめんね、私が馬鹿だから…馬鹿じゃなかったらこんなこと_
「穂乃果…あなたは最低ですっ」
「え…?」
そういえば、そのセリフ何処かでも聞いたなぁ…懐かしいや。
「穂乃果がいじめられるなら、私もいじめられますっ!!大切な親友がいじめを受けているんですっっ何で言ってくれなかったんですか!!親友じゃ、なかったんですか…!?」
海未ちゃん……………
「そうだよっ!海未ちゃんの言う通りだよっ…!何で言ってくれなかったの!?私たちもいじめられるからっ!?そんなの一人よりみんなでいじめられた方がよっぽどマシでしょ…!?」
ことりちゃん……………
「私も、そう思うわ。」
「凛も真姫ちゃんと同じ。海未ちゃんとことりちゃんと一緒だよ」
「花陽も…小さい頃いじめられた経験があるのでよくわかります。頼っていいんですよ。…穂乃果ちゃんの周りにはたくさん仲間がいるんですから」
「誰か一人にでも相談してたら…状況は変わったかもしれないわ…責めてる様に聞こえるかもしれないけど責めてる訳じゃ無いわよ?」
「えりち達と同じく。一人で抱え込まんでええんよ…!」
「うぅっ…穂乃果のばか…何で頼ってくれなかったのよっ…」

みんな、私を心配してくれてる_

「……ごめんなさいっ!ごめんなさい!怖くてっみんなに言えなくてっ…ごめんなさいっ………!!」
_ごめんなさい
「もう、いいですよ。私も強く言い過ぎました。」
「そうだね。もう終わったんだし!帰ろっか!」

「いいの…?私、またみんなといていいの?」

みんなを頼らなかったわたしは…

「何言ってるんですか」

「当たり前ですよ。」

___私たちは何度でもやり直す事ができるんだから

end


60: 沢渡☆2017/08/08(火) 21:38:37 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
注意※オリキャラで百合!!!!


「はぁ…今日も駄目だった〜…」
浦ノ星女学院に通う2年、本城戸春。私には片想いの先輩がいる。

その人の名前は、小原鞠莉。

お金持ちで美人でこの学校の理事長兼生徒。惹かれる要素はこれだけでも充分あるけど、私は小原先輩の人柄に惹かれたんだ。

〜〜1年前〜〜

「はぁ…ここにもない…」
雨の中の探し物。探し物は私の髪に付いていたはずのリボン。
今日外に出たのは体育の授業だけだし、廊下は全部探したし…
登校中に既に落としてたとか?と思い探している。
「あぁっ!!!なんで無いのっ」
結構お気に入りだったのに!…なんて一人でキレててもしょうがない。
「…諦めるか「ねぇ」
声をかけられて後ろを振り向くと、

「ねぇ、アナタが探してるものって、これかしら?」
「さっき道端で見つけたんだけどね」
「…違う?」
「あの、」

「あ、すっすいません!!ありがとうございます!」
危ない_見とれちゃってた。だってこんなに綺麗なんだもん。
サラサラで金髪の髪。ぱっちりとした目。整った顔立ち。おまけにスタイル抜群。
うちの学校で知らない人はいない、小原先輩だ。



続きかきます(*∂∀∂)


61: 沢渡☆2017/08/20(日) 22:50:54 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
書きます!


「ふふっ♪いいのよ?Noproblem!」
小原先輩は流暢な英語で返してくれた。
「あっ!もうこんな時間!いかなくちゃ!バァイ♪」
「あっ…ありがとうございました!」

噂通り、素敵な先輩だったなぁ…

_この時はまだ理事長権生徒っていうんじゃなくて普通の生徒。
この時から人気はあったけど、最近はスクールアイドルっていうのも始めたらしく、校外でも人気が出始めているらしい。
実は小原先輩は前にもスクールアイドルやってたって聞いたし…
_そして今に至る。
毎日の様に告白しにいこうとして勇気が出なくて…
「はぁ…やっぱり私なんかには無理_「何が無理なの?」
_突然声を被せてきたのは、小原先輩。
「あ、先ぱい…いいいいいいい!?なっ何でここにぃ!?」
「何でって…帰り道だもん、ここ。それでなんかぶつぶつ独り言言ってるyouがいたから♪」
小原先輩が…ここに…今…

今しかない、気がするっ…

「あのっ!小原先輩っ!!突然で、申し訳無いんですがっ!_好きです!!!!」

「ずっと前から!私のリボンを見つけてくれたあの日から!」 

「あの日から気付いたら先輩を目で追ってたりしてて…!」

_無反応、?
_私のこと好きですか、?

…そうだ、それより前に

「…先輩は、私のこと、覚えてますか…?」



いつの間にか抱き締められていた。

「覚えているに…決まっているでしょぉ?」

「私も貴方が好きなんだものっ…」

抱き締められていた。


end


62: 沢渡☆2017/11/20(月) 21:36:24 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
[もしも、あの選択を] 曜&梨子


「ねぇ、梨子ちゃん。」
「なぁに?曜ちゃん。」

_私達、スクールアイドルやってなかったら、どうしてたかなぁ

いつもの放課後練習場所、屋上に向かう途中、唐突に曜ちゃんがそんなことを言った。

「どうしたの?突然。」
「いやぁ…なんとなく…」

なんて言って頭を掻く曜ちゃん。
屋上に続く階段はとても静かで、この時期になると寒い。

「だって、私達ってあらゆる選択をしてきて今ここにいるんでしょ?

_例えば、この学院に入学するかしないか。転校するかしないか。千歌ちゃんにスクールアイドルやろうって言われた時にyesというかnoというか。

たくさんの選択をして私達は今ここでスクールアイドルやってる。」

「……うん。」

階段を、トントンと登る音が響く。
屋上へ続く階段はまだまだ上へ上へ続いている。

「なんていうか、奇跡だよね」
「…曜ちゃん」

私達がここでスクールアイドルをやっているのは、
奇跡か、偶然か、運命か。
それは誰にも分からない。
でも、

「でも、私達がスクールアイドルやってなくてもきっとどこかで巡り会えたはず…!」
「梨子ちゃん…」
「だって、わたし自信あるもの!」
「自信?」
胸にドンッと手を置いて。
「スクールアイドルやってなくても千歌ちゃんと仲良くなれる自信が!」

プッと曜ちゃんが噴き出す。
でもそうよ。

「千歌ちゃんと仲良くなって、曜ちゃんに出会って、二人の紹介で果南ちゃんに出会って、果南ちゃんの紹介でダイヤさんと鞠莉さんに出会って、ダイヤさんの紹介でルビィちゃんに出会って、ルビィちゃんの紹介で花丸ちゃんと善子ちゃんに出会う!!
…繋がったでしょ?」

「…本当だ、ね」

私は曜ちゃんの手を掴んで階段をかけ上がる。

「でも、それでも私はスクールアイドルで皆と繋がりたい!だから私は今が、今が大好きよ…!」

「梨子ちゃん…私も!私も今が大好き!」

階段を登りきり、屋上のドアを開ける_

「やあっときた!二人とも遅いよぉ〜!」


_練習、始めよっ!

私達は、ひとつ、ひとつ紡いでいったのだ。
奇跡を、偶然を、運命を。

私達、ひとり、ひとりの選択で。


63: 沢渡☆2017/12/01(金) 23:22:31 HOST:182.net042124008.t-com.ne.jp
[JK用語]

※会話文のみ
 激しくキャラ崩壊
 みんなめっちゃ仲良しです
 なんかそうゆう感じのノリ


2年生の場合
千歌「最近JK用語にハマってる」
梨子「いきなりどうした」
曜「例えば?」
千歌「いんすたばえ」
梨子「ひらがな表記なのが凄い気になるんだけど意味分かってる?」
曜「流行語大賞のやつだ!」
千歌「ちーがーうーだーろー!!」
梨子「それちがうだろ」

1年生の場合
善子「最近JK用語にハマってる」
ルビィ「しらこのってるわ〜」
花丸「?」
ルビィ「調子乗ってるって意味だよ〜」
善子「まじまんじ」
ルビィ「りょ」
花丸「オーマイゴッドファーザー降臨」
善子・ルビィ「「ヨイショ!」」
»»»»これは違うだろ««««

3年生の場合
鞠莉「最近JK用語にハマってる」
果南「LJKとか」
ダイヤ「ラスト女子高生ですわね」
鞠莉「私達も…もう歳か……」
果南「やめて」
ダイヤ「」


終わり× 終われ!!!!○


64: 沢渡☆2017/12/13(水) 22:20:00 HOST:172.net042124038.t-com.ne.jp
ちょFNS見ました??????
ヤバくないですか!?
ちょ、あれは発狂。((((
とりま伊波さん天使ですか←
うわ、歌ってたやばか((
3年組で小原さんの肩に乗せるとこやばい。FNSでテンション上がってるのかな?何か、「さんっしゃいんっすとーりーっ☆」のとこめっちゃ「っ」聞こえた気がするよ可愛いよ「楽しみさあああああああああ!!!!」うわ辛い。。アニメ映像と一緒には辛いやばい。最後の決めポーズの時も皆肩で息してて…Aquasの全力がみれた。。。


65: 沢渡☆2017/12/13(水) 22:23:00 HOST:172.net042124038.t-com.ne.jp
アクアのスペル間違ってた…
Aqours!!!!!
気持ちが高ぶりすぎた


66: 沢渡☆2017/12/24(日) 22:02:12 HOST:172.net042124038.t-com.ne.jp
[まだ今年は終わってないから☆←]

南ことり「もうすぐ1年終わっちゃうね。」
高坂穂乃果「うん」
南ことり「来年は戌年だね。」
高坂穂乃果「うん」
南ことり「今年は?」
高坂穂乃果「たぶん…酉年だったよね」
南ことり「過去形にしないで」
高坂穂乃果「あ、はい。」
南ことり「現在進行形で酉年だから。12年に1度のことりちゃん年だから。」
高坂穂乃果「でももうすぐ戌年だよね」
南ことり「ちゅんちゅん(・8・)」
高坂穂乃果「それ唐揚げ食べながら言う?」
南ことり「うん」
高坂穂乃果「共食い」
南ことり「」

〜了〜


お名前:





投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


楽しい投稿を心がけましょう!



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪