HOME/ 掲示板の投稿ルール/ メル友掲示板

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
らくだい魔女とみんなの友情

41: 月音☆2018/04/15(日) 04:20:00 HOST:s110.hosakafl4.vectant.ne.jp
前同様書き直します
===========
第21話

Sgdeカイ

「うーん」

「ん?ちーくん生きてるか〜」

「生きてるわ!」

「起きてそうそう元気だねーww」

「お前がさせたんだろうがっ」

さっすがちーくん!突っ込みが適切だ

「ん〜チトセ起きたのー」

「起きてるぞ」

「フウカおはよー」 

「おはよー」

「カリン達も寝てんだな」

「まあね」

「あのあといろいろあったんだけど聞きたい?」

「分かったーそれじゃ聞かせてあ・げ・る!」

ハートがつきそうな感じで言ってみた

「キモい」


予想通りの突っ込みでしたー

まあ華麗に無視無視


「まずフウカは上から落ちてきて骨折でしょー」

「カリンは蜘蛛に刺されて救護室でしょ」

「ビアンカも蜘蛛に(ry」

「ちーくんも蜘蛛に(ry」

「因みにフウカとちーくん以外薬の副作用で寝てる」


ちーくんは大広間で寝ちゃったから違うんだよ


「ふーん」

「うわ無関心っ」

「喉かわいたなーカイお茶とって〜」

「ヘイヘイ」


たしかお茶はっとあった


「ほい」

「ありがとね」

「フウカがお礼言った‼また悪いこと起きるんだー」

「ちょっとどういう意味よ!」

「うわーいにっげろー」


ふふん作戦通りだもんね

ここでおいらがそのままいたらラブラブにならないじゃん

さてさて盗聴器で聞くとしますか

え?いつ仕掛けたって?さっきだよさっき!

怪盗Χことおいらを舐めるなよ‼

ちょうどいいところで出てからかおうってね

お、話し始めた


「ほんっとに失礼ねっ」

「お前が普通の事すると良くない事起こるのは確かだけどな」

「むっあたしだってお礼ぐらいしてますー」

「俺にはしてないけどな」

「うっ....」

「はぁ....」

「ごめんな」

「え?」

「砦でお前を守るって言っておきながら最近全然守れてないだろ」

「チトセあのときの事覚えてるの?」

「ま、まあな」


そろそろ行きますか

特に何もなかったけどおいらの感だと二人はもうすでに赤りんごになってそー

「たっだいまー」

「ぎゃっ」


なんか驚いてる

予想通り赤りんごになってるなー


「おやおや?お二方共赤いですよ?カップルで何かありましたか?」

「カカカカカップルじゃねえし?!」

「何かあったのは否定しないんだープププ」 

「笑うなっ」

「あっそうそうちーくん」

「なんだよ」

『ちーくんっていつ告白するの?』

魔法の言葉で大変身‼ちーくんが真っ赤になりました‼

『そういうお前はするのかよ』

『え?おいらは気分次第だねー』

『ふーん』 

『ちーくん頑張ってね‼』

『はいはい』

===========
ふう、つかれた

チ「あーそうだなーえらいなー(棒」

いやそんな棒読みで言われても....

チ「わざわざほめてんのに不満かよ」

ええ不満ですとも棒読みで言われて嬉しいって思わない性格なのでねえ

さて次回はミニス「次回も本編です!」

はあ?次はミニストーリーだって

カイ「そんな事言うならさっさと本編進めようね(満面の笑み」

カイくんが言うなら......

カ「それってどういう意味で?」

カッカリンちゃんが怖い

意味かーカイくんが好きだから?

カイ「無論お断り」

いやらく魔女のキャラの中でって意味だよ?!

ねーえー締めるよー

「「「「本編お楽しみに‼」」」」

締め方ほぼ一緒かよ‼


お名前:





投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


楽しい投稿を心がけましょう!



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪