ピコ森 メル友掲示板 セフレ募集掲示板


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
♡秘密のシンデレラストーリー♡

1: 永恋☆2017/09/27(水) 21:41:13 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
頑張るぞっ
ヨロ(`・ω・´)スク!


2: 永恋☆2017/09/27(水) 21:46:53 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
私の名前は、エイレーン。
ウィスタリアと言う国のプリンセスです。
そんな私には、気になる存在の人がいます。
それは、アルバート・ブルクハルト。
隣国の騎士団長です。


3: 永恋☆2017/09/27(水) 21:57:30 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
「きゃはっ」
「次は、プリンセスがおにー」
「ねーねー。他の遊びしようよー」
私は今日も休み時間に、子供たちと遊んでいました。
「じゃあ、プリンセス救出ごっこしよー」
背の高い男の子が大きな声で言った。
「するー」
「ここのロープ使おうよ」
「プリンセス、後ろ向いてー」
「えっ…うん。」
まあ…たかが子供の遊びだよね。
緩く結ばれた手と足。
意外と…身動き取れない。
「じゃあ、ここで守る人と助ける人に別れよー」
私は、可愛らしい子供たちをみつめていた。
その時。
「みんな、クッキー焼けたよー」
女の子達がやって来た。
「わーい」
「クッキーだー」
あっという間にみんなが去っていく。
「ちょっと!?みんなっ!?ロープほどいてから行ってよ!?」
私はたとうとするけど、足も縛られていたのでつまずいて転んだ。
「痛っ…」
ロープがキツく結ばれてしまった。
多分、手にはあとがついていると思う。
「誰かっ!?助けてっ」


4: 永恋☆2017/09/27(水) 22:04:43 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
その時、誰かが遠くで歩いているのが分かった。
「助けて下さいっ!」
そう言ったら、振り返ってくれた。
「…エイレーン様!?」
それは、執事のユーリだった。
「ユーリっ、お願い、このロープほどいてっ」
「うん、分かったけど…誰にやられたの?」
私は、さっきの出来事を全て話した。
「…なるほど。そういう事か。大変だったね、エイレーン様」
「うん。ロープとれそう?」
「う〜ん、まだかな」
その時。
誰かがこっちに走ってきた。
「アルバート?」
「あ。ホントだ。アルー?どうしたの?」
ユーリとアルバートは仲良が良いのか、腐れ縁なのかと言うような関係。
「ユーリ!?お前、エイレーンになにしてるんだ!?」
「…え?」


5: 永恋☆2017/09/27(水) 22:09:27 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
私は、アルバートにもさっきの事を話した。
すると、アルバートは顔を赤くした。
「そ、そういう事だったのですね…」
アルバートはいつも冷静でカッコいいんだけど、たまにはこんな感じになるんだ、意外。
「でもさー。アルとエイレーン様っていつから呼び捨てで呼ぶようになったの?」
「えっ…と」
私は少し下を向いた。
「ん?何その反応…?」
ユーリは少しニヤニヤして言った。
「別に…ね?」


6: ☆2018/01/16(火) 14:53:39 HOST:kd182251252036.au-net.ne.jp
あげ

お名前:

sage設定(省略可)



投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


悪質な投稿をするとネットができなくなります。



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪