ピコ森 メル友掲示板 セフレ募集掲示板


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
カラダ小説(再)

1: 青葉☆2018/02/01(木) 18:02:42 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
気まぐれすぎる更新…
甘々になる予定!!!
脱線したらすみません(・_・、)


2: 青葉。.:*・゜☆2018/02/01(木) 18:27:17 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
「ん…」
何かが額に触れ、私は目を覚ました。
ぼんやりする視界の中、私は額に手をやった。
冷たい…?
そこには冷たいタオルがのせられていた。
そうだった、私いま熱が出てたんだ…
でも誰がのせたのだろうか。
自分ではないことは確かだが。
ゆっくり起き上がると、彼────奏音(カナト)と目が合った。
「調子、どう?」
笑顔だけど、少し心配そうな顔をしていた。
「さっきよりは良くなったよ。タオル、ありがと」
「でも、まだ顔赤いね…」
そう言って、私の前髪を上げて額に触れる。
「やっぱり、まだ寝てなよ?」


3: かむちゃかむち☆2018/02/03(土) 17:41:38 HOST:softbank220018062070.bbtec.net
頑張って、下さい!!

4: 青葉。.:*・゜☆2018/02/04(日) 15:47:27 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
ありがとうございます!!!

5: 青葉。.:*・゜☆2018/02/05(月) 09:23:16 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
「うん。あ…」
「何?」
「洗濯物とか食器洗いとかしてなかった…」
二日ぐらいぐったりしていたため、部屋は散らかり、少し埃っぽい。
「それぐらいならやるよ、任せて!」
奏音がにっと笑う。
「ありがと」
「んじゃ、まずは洗濯物を片付けるか。」
奏音がそこら辺にあった服をとる。
「…っ!?」
と、思ったら顔を真っ赤にさせて私と距離をとる。
「…ん?どうしたの…」
「や、やっぱり洗濯は後にするか〜!ハハハ…」
あきらかに様子がおかしい。
…ん???
そういうことか!?
私も意味がわかり顔をさっきよりも赤くする。
下着、そのままにしてたんだった…
これ以上恥ずかしいことはない…
私も奏音も言葉を失う。
「…」


6: 青葉。.:*・゜☆2018/02/05(月) 09:44:27 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
「な、なんかごめんな…」
「いや、私が悪かったから!だから、忘れてね…!?」
また沈黙。
「忘れて…お願いします…」
「ん〜無理かなぁ」
は!?
奏音…そんな人だったのか!?
「ねぇ。」
奏音が近づいて来て私の手を頭の上で掴む。
「な、何?」
「可愛すぎるんだけど。」
そう言い、ベットに上がり私に覆いかぶさる。
「え…っと」
だんだん奏音の顔が近づいて来て…
「なっ…!?」
私の首筋をペロッと舐めた。
まだ慣れない甘い刺激が全身を襲う。
手は掴まれていて動けない。
足をバタバタさせるも、奏音は離してくれない。
首筋から上にいき耳の裏を甘い刺激が襲う。
「奏音…?」
奏音、変なスイッチ入ってる…
だんだん、甘い刺激に耐えられなくなり声が漏れる。
そして、やっと奏音が離れた。
「…も、もう何なの!?」
「この続きは…風邪が治ったらね。」
そして、じゃあね〜と部屋を出ていく。

あれから2日後────

早く風邪を治したいのだが、なかなか熱が下がらない…
これは、本当にどういう意味なのか自分でも知りたいぐらいだ…

【終わり】


7: かむちゃ☆2018/02/12(月) 11:36:56 HOST:kd106139001250.au-net.ne.jp
O(≧▽≦)O

お名前:

sage設定(省略可)



投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


悪質な投稿をするとネットができなくなります。



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪