[携帯版]
ホラー小説掲示板

ホラー小説の投稿ができます。

小説が消えた場合は管理人に報告して下さい。確認次第、元に戻します。
小説雑談/ 小説評価依頼/ 二次創作小説/ 恋愛小説/ ホラー小説/ 短編小説/ 一般小説/ 18歳以上小説/ BL&GL小説

ピコ森 メル友掲示板


★最新スレッド一覧
1: ♥恋を叶える方法♥ (2) / 2:  歪。  (55) / 3: 死んで欲しい人の名前書いてみよう! (28) / 4: ホラー小説掲示板 (34) / 5: 後ろを向いて…?   (54) / 6: 終電車の男 (2) / 7: 人を殺しました (13) / 8: いじめ人を殺しませんでした (2) / 9: 恐怖の殺人ゲーム (3) / 10: 犯罪者の幽霊女 (7) / 11: 人生ゲーム。 (2) / 12: 壊れてゆく【六年一組】 (19) / 13: ホラ〜小説投稿場 (5) / 14: ストーカー怖い(T0T) (3) / 15: 怖く (3) / 16: ハヤクイナクナッテ (1) / 17: 現実と夢との境目の私 (106) / 18: ミステリー小説を書かない? (82) / 19: アナタ以外ほしくない (10) / 20: 治療 (6) / 21: さよなら 鬼ごっこ (1) / 22: 泣けるならばきっと、それは恋でしょう (18) / 23: すてきな世界 (2) / 24: 狐のお社 (5) / 25: とある、幽霊旅館の夜... 【エロ】 (4) / 26: ユ ル サ ナ イ (2) / 27: いじめ〜「絶えない辛さ」 (3) / 28:  いじめ  (2) / 29: 削除アプリ (2) / 30: 安川 麻衣さん (1) / 31: 恐怖の殺人ゲーム (4) / 32: ●怖い話● (20) / 33: 怖いお話 (5) / 34: ルルルさん (8) / 35: ゾンビ楽園~ゾンビの楽園へようこそ~ (9) / 36: 苦しい日〜私の経験〜 (2) / 37: 戦争人形 (3) / 38: パーフェクト・フレンド (14) / 39: 避難所 (5) / 40: 日曜に一人せっせと無駄スレ荒らししてるAlfortって (8) /


【1:2】 ♥恋を叶える方法♥
1: 結々☆2017/12/28(木) 15:07:48 HOST:60-61-205-215.rev.home.ne.jp
こんにちは。結々(ユユ)です。
ここでは、様々な占いや風水などをのせて下さい(♥^♥)


2: 結々☆2017/12/28(木) 15:14:59 HOST:60-61-205-215.rev.home.ne.jp
すみません。
恋愛小説に載せるつもりだったのですが、間違えてしまったので恋愛小説に載せ直します。


お名前:

sage設定(省略可)

全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


【2:55】 歪。 
1:  Yoshi ☆2016/05/29(日) 19:07:54 HOST:softbank221057075136.bbtec.net

「 死ね死ね死ね…。
 みんなみんな…しんじまえぇ… 」

始まりは、母親からの酷い虐待だった。

幼い頃からそれをされ、
すっかり性格が歪んでしまった馨。

馨はある日、初めて友達ができた。
久しぶりに嬉しいという気持ちを実感できた。
そこから元の生活に戻っていった。

だが、ある時母親が戻ってきたのだ。
そこからまた、あの幼い頃の辛くて苦しい思い出が甦ってしまった。


化け物になってしまった馨は、
もうどうすることもできなくなってしまった____


49: Y (WnihxfTkXQ)☆2016/08/07(日) 07:54:50 HOST:softbank221057075136.bbtec.net


「何すんだよ!!」

「自覚しなさいよ!!あなた、動物を殺したのよ!?しかのこの学校の鶏を―!
 せっかく卒業生たちがお世話してくれて成長したのに…!
 それをムシャクシャしたから殺した?ふざけてるの!?
 ―正直、貴方のこと構うのもうんざり。飽きたわ。…先生なんて、やらなきゃよかった。
 …私がしたかったのは、こんなことじゃないのに」


女教師はその場に他の先生がいないからか、説教しつつ本音を漏らした。




「ちょっと、何の騒ぎ?」


音羽達の担任が入ってきた。
「あっ…」とさっきの女教師が声をあげる。
自分の声が聞こえてしまったのではないだろうか、と心配になったのだろう。


「…高槻先生?どうして此処に」

「…馨さんがここの教室に入ってきたので…。注意してました…。
 騒いでしまって、すみませんでした。じゃあ」


女教師は馨を引っ張って、隣の教室に戻ろうとした。
だが。


「待ってください高槻先生!
 …さっきのこと、聞きましたよ?」

「あっ…!」


さっきのこととは、恐らく女教師の本音のことだろう。


「生徒達の前でああいう言動は禁止です。
 以後気を付けるように」

「はい」


女教師は気のいい返事をすると、そそくさと戻っていった。



50: Y (WnihxfTkXQ)☆2016/08/07(日) 08:06:44 HOST:softbank221057075136.bbtec.net


訂正






「何すんだよ!!」

「自覚しなさいよ!!あなた、動物を殺したのよ!?しかもこの学校の鶏まで―!
 せっかく卒業生たちがお世話してくれたおかげであそこまで生きたのに…!
 それをムシャクシャしたから殺した?ふざけてるの!?
 ―正直、貴方のこと構うのもうんざり。飽きたわ。…先生なんて、やらなきゃよかった。
 …私がしたかったのは、こんなことじゃないのに」


女教師はその場に他の先生がいないからか、説教しつつ本音を漏らした。




「ちょっと、何の騒ぎ?」


音羽達の担任が入ってきた。
「あっ…」とさっきの女教師が声をあげる。
自分の声が聞こえてしまったのではないだろうか、と心配になったのだろう。


「…高槻先生?どうして此処に」


担任が問いただす。


「…馨さんがここの教室に入ってきたので…。注意してました…。
 騒いでしまって、すみませんでした。じゃあ」


女教師はそう言うと、馨を引っ張って、隣の教室に戻ろうとした。
だが。


「待ってください高槻先生!
 …さっきのこと、聞きましたよ?」

「―!」


さっきのこととは、恐らく女教師の本音のことだろう。


「生徒達の前でああいう言動は禁止です。
 以後気を付けるように」

「…はい。すみませんでした」


女教師はそう言うと、そそくさと戻っていった。



51: Y (WnihxfTkXQ)☆2016/08/09(火) 09:32:12 HOST:softbank221057075136.bbtec.net


「…まったく。
 …えー、では、朝の会を始めましょう。日直さん、前へ」

「は、はい!」


日直と呼ばれた子はスラスラと言われたことをやっていった。
音羽はさっきの問題児のことを考えていて、先生の話の時までぼーっとしていた。
どっと笑い声が溢れても、音羽は気付かなかった。
朝の会が終わると友達が心配してきた。


「音羽ちゃん、元気ないよ?大丈夫?」

「…え、なんでもないよ?」

「そっか」


友達は音羽を置いて、トイレに行ってしまった。
―何でみんな、あの人(問題児)のこと、気にしてないんだろう。
―何で、私だけこんな気持ちになるんだろう。
音羽は、あの問題児と自分に何か関係があるんじゃないかと思ってきていた。
でも、全然接点なんかない。話したことなんかもちろんない。
―どうしてなの。
1時間目が始まる直前、友達に言われた。


「なんかさ、音羽ちゃんとさっき教室に入ってきた人、似てるよね」

「え」

「なんだろーなー。まゆげと目のへんが似てる」

「…」


音羽は黙ってしまった。
もしかしたら、あの子とは親戚なのかもしれない。
だから変な風に思ったんだ。
音羽は納得した。




52: ゆーな☆2016/11/26(土) 17:01:42 HOST:218.231.192.152.eo.eaccess.ne.jp
面白いです!!更新頑張ってください(*^^*)

53: ポンコツ☆2016/11/26(土) 18:45:50 HOST:kd182251251002.au-net.ne.jp
ゆーな、うるさいんだけど!

54: ゆーな☆2016/12/02(金) 19:39:04 HOST:218.231.192.152.eo.eaccess.ne.jp
作者様のお力になればと思いましたが…
気に障ってしまったのなら、申し訳ございません。
今後、この掲示板でコメントを控えます。


55: アイ☆2017/12/02(土) 11:22:32 HOST:218.33.253.233.eo.eaccess.ne.jp
>>53
書き方少し酷くないですか


お名前:

sage設定(省略可)

全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


掲示板 対象地域
北海道・青森・岩手・宮城・ 秋田・山形・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・富山・石川・福井・新潟・長野・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄