ピコ森 メル友掲示板


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
交わした約束の有効期限

1: フレット☆2017/05/15(月) 11:41:56 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
久しぶりに書いてみたくなったので、書いてみようかなと思います。

―交わした約束の有効期限―


誰が好きとか、誰と誰が付き合っているとか、誰は誰が好きだとか。
そんな話題が僕の周りに出始めていた。
時に、「石門君は?」
なんて聞いてくることもある。
僕は、正直どうでもいいと思うのだ、そういうことは。

「いない」

そう答えれば、相手は必ず、「ふぅん」
と僕に興味を失う。
恋とか、小さいころはあこがれてたかもしれない。
ただ、今はどうだっていいのだ。

「お前、悲しいやつだな〜 青春楽しめよ?」

なんて言われたこともある。
僕は、青春とかどうでもいいし。
ていうか。
お前だって彼女とかいないだろうがっての。

「青春だぞ?」
「青春ってなんだよ」
「・・・・」

そんな会話も常習犯。
僕は、まったく興味がないのである。
この世界の恋というものに。



「沢口くーん!」
「キャーッ!今、手振ってくれたよね?!」

帰り際、廊下でたびたび女子の歓声を耳にする。
何が楽しいのだろうか。
あの大勢の女子たちは、あいつに恋をしているのだろうか。
可愛そうに。
あいつが選ぶのは、一人だけなのに。
そもそも、あの中から選ぶとは限らないのに。

沢口 抄黄 さわぐちしょうき

僕も、知っている。
いや、こんな僕でさえも知っている。
そう言ったほうがいいか。
ルックスは、いいのではないかと思う。
あいつみたいだったら、青春楽しめとか言われないのだろうか。
言われないよな。
むしろ、分けろとか言われてそうだ。
青春を分けろって、なんだそれ。
自分で考えておきながら、バカらしくて笑ってしまう。

ただ、思うことがある。

「あんな風だったら、もう少し。生きることも楽しかったのだろうか」

女子の歓声も聞こえない静かな廊下で呟いた。


2: フレット☆2017/06/02(金) 21:27:21 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
僕はもう、生きていくことに希望すら感じていなかった。
一度だけでもあんな風になってみたい。
誰でも、一度は持ったことがあるだろう。

あの人みたいになりたいと思う夢とか志とか。
僕は昔から、こんな自分が嫌いだった。
自分自身を見つけられずに、誰かのマネをしては満足して、それを自分だと。
本当の心から背を向けて生きている自分が大嫌いだった。

ただ、願って夢がかなうなら、誰だって苦労しない。
今僕たちが学んでいる勉強の教科書に出てくる昔の偉い人たちだって、何か努力して成果を出したから。
だから今僕の目の前にいる。
そんな現実的なことにまた心が縛られて、ますます自分が嫌いになる。

苦労したほうがいいよ。
その方が、後々楽だから。
そんなもの、僕が一番分かっているよ。
あいつが、教えてくれたんだから。

だけど僕は、自分を見失うのは、何年か前に辞めた。
たとえそんな気持ちを持ったとしても、すぐにどこか遠くへ追いやって、かくして、消滅させると決めたんだ。
約束を、交わしたから。

「コウ君は、絶対に。自分を見失わないで。どんなに辛くても、それが自分だと認めて。お願い」

ボロボロの体だった。
それでも、僕に教えてくれた。
最後まで。
美しい笑顔と優しい声で。
今でも、頭の中に鮮明に残っている。
忘れない。忘れてはいけない約束。


「うるせぇ」

僕が家を出ようとしていた時だった。
近くの家から、男の人の声が聞こえてきた。
彼女とのケンカだろうか。
こんな朝早くからか。
ご愁傷さま。
こうなったら女は強いからなぁ。

「待って!お母さんは、貴方のためを思って」
「あのさぁ」

どうやら、争っているのは母親らしかった。
前言撤回。

「あーもういいよ。また帰って来るから」
「ありがとう」

よくわからないけど、丸まったみたいだ。
親子喧嘩、か。

僕はたまに思うんだ。
大人って、二十歳からの人なんだろうなって。
じゃあ僕たちも子供なのだろうか。
だったらバスとかだって子供料金でいいと思うのだが。
中学生はまだ子供料金で良いだろ?
僕たち高校生も、子供料金で良いだろ。

「行ってきます」
「遅れないように行きなさい!」
「わーってる」

遅れるわけないじゃん。
僕だって高二だ。
大人は、僕たちを下に見すぎだ。
理由が、何であれ。
僕たちにとっては、厄介で煩いものでしかないのに。


3: フレット☆2017/06/04(日) 20:39:27 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
「初心忘るべからず」

この名言を、大人たちに言ってやりたい。
初めてお酒を飲んだときとか、タバコを吸ったときとかのあの気持ちを忘れないでほしい。
僕たちは、そうなろうとしているのだから。




4: フレット☆2017/06/13(火) 23:59:58 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
僕は、あの親子喧嘩を見なかったことにして、急いで駅に向かった。

「時間間に合うかな」

いつも余裕を持って家を出ているはずだけど、たまに不安になるのだ。
母にあんなに言っておきながら。

「よかった」

どうやら、間に合ったようだった。
少し余裕を持っていた方がいいからな。
いつものように通学、通勤ラッシュの中の電車に乗り込んだ。
僕も、通学ラッシュの中の一人なのだが。

「いよっす。石門君」
「おはよう。小柳さん」

通学、通勤ラッシュの中だと言うのに、よくこんなに平気で人に話しかけられるものだ。
僕は少し小柳さんはすごいと認識した。
小柳さんは、クラスの中でも目立つ人だった。
性格がいいせいだろうか。
いつも回りには人が沢山集まって楽しそうにしている。
その姿を見ていると、アイツとシルエットが重なって見える時がある。

「どうした?」
「え、いや、何でも?」
「そっか」

学校につくまであと、もう少し。


5: フレット☆2017/06/20(火) 14:44:31 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
「そう言えば、石門君さぁ」
「な、何?」
「決まった?」
「ん?」

何の事か少しも分からなかった。
何か決めるようなことでもあったであろうか?

「あぁ、ゴメン。言葉が足りなかった。役だよ。文化祭の」
「あぁ。成る程。うーん、よくは考えてないかな」
「つまりなんでもいいってことか?」
「ん、まぁ」

僕が答えると、小柳さんは頷いた。
そしてそのまま黙ってしまった。
・・・気まずい。
とにかく気まずい。
その時、アナウンスが鳴った。

『まもなく、紅囹学園高校前です』

静かなアナウンスがなり終えたあと、小柳さんが 僕の方を向いた。

「そろそろだな」
「うん」

僕たちはドアが開く前に身構えた。
今は通勤、通学ラッシュ。
ドアまで行くのにも一苦労なのだ。
電車から降りても同じ紅囹学園高校に行く生徒で沢山になるのだ。

「憂鬱だ」
「あぁ、憂鬱だ」

二人してドアの前を睨んだ。
電車が音をたてて止まった。
ドアがゆっくりと開いて、ドアの前にほんの少し、道が出来る。

「行くか」

僕が声をかけると小柳さんはうなずいて前をじっと見ていた。
僕は息を吸って、「失礼します」と出来るだけ高校の風紀を乱さないような声で言った。
ここから、もう紅囹学園高校なのだ。
新入生として始めて行ったとき、くどすぎる程言われ続けてきた。
今の一年も言われているんだろうな。

「あ、おはよう。佐那」
「いよっす。荼依」

小柳さんは僕に会釈をしてから、友達の方へ歩いていった。

「・・・あれ?」


6: フレット☆2017/06/20(火) 23:31:10 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
僕は一人改札口を出ながら、ふと視界の中に写ったある人を頭の中に思い浮かべた。
見た事がある。
というか、アイツじゃないか?
きっと、そうだ。
幻覚なんかじゃない。

「凉架・・・」

笑顔の君を、どうして守れなかったのだろう。


7: フレット☆2017/07/24(月) 19:18:26 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
そんなわけ、ない。
涼架が、ここにいるわけないんだ。
そんなの、僕が一番分かっているはずなのに。
だって、涼架は。
1年前の冬。
涼架は―


「あ・・・。あぁ。嘘。リョウちゃん?な、なん、で」
「・・・おい」
「あ、おじさんっ!リョウちゃんが、リョウちゃんが!」
「・・・知っている。みれば、わかる」
「おじさんっ!リョウちゃんは、どうして、こんな事?」
「知らん」
「なんで?お父さん、なんでしょ?なんで、知らないの?!」
「うるさい!」
「・・・っ」


あの時、どうして何もできなかったんだろう。
高校1年生。
これからいろいろまた始まって、また少し。
大きくなっていく高校。

「高校に行ったら、呼び方も変える?」
「え、何で?」
「いや、だって高校なのに、その」
「いーじゃん。私は、そっちがいい」
「じゃあ、高2になったら、変えよう」
「微妙な時に変えるね。まぁ、いいや。うん、それでいいよ」

そして今、高校2年。
涼架。
僕はいま心の中でも、口に出すときも。
約束通り、涼架、そう呼んでいる。
涼架は、僕のことを 幸汰。
そう呼んでくれているだろうか。


「石門」
「はい。え、沢口さん?」
「同級生なのにさんとか、いいよ別に」
「あ、はい」
「なに緊張してんだよ。石門」
「だって、お前といえば、2年のモテ男ですし」
「何言ってんだよ。そんなの気にすんなっての」
「うん」

なんで沢口が僕なんかに話しかけるの?!
意味不明ですけど?!

「すげー顔」
「え、そう。かな」
「おう」

どんな顔だよ。
ほら、女子の目が痛い。
暑いなぁ。

冬が来ればまた、涼架に会えるだろうか。
目に見えない涼架に。


8: フレット☆2017/07/25(火) 13:18:28 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
「石門はさ、好きなやつとかいるの」
「いない、けど」
「まじかよ」
「沢口は、いるのかよ?」
「まぁね」
「まじで?!あの中のだれか?」

沢口の顔は無表情だった。
何か思い詰めているような、そんな顔だった。
今沢口が何を思っているのか、僕にはわからなかったけど、早く質問に答えてほしかった。

「なぁ?」
「違うよ。あの中の人じゃない」
「ふーん」
「聞かないの?」
「は」

何を。
これ以上聞くことなんて特にないんですけど。
沢口の恋愛事情なんて別に知りたくない。

「石門も知ってるやつだよ」
「え、そうなの」

僕にもわかる人。
2年で一番美人な人?
だろうな。
こいつのルックスだったらそうだろうな。
なんて勝手に自己解釈したものの、二人の性格が合わな過ぎて自分でもどうかと疑った。

「誰だと思う」
「・・・珀波さん?」
「違うよ」
「えー」

いや、分かってましたよ。
何となく雰囲気が違いますし。
ただ、このほかに思いつくの何て。

「高橋」
「はぁ?!」
「高橋のこと、知ってるんだろ」

沢口の目が、今まで僕が見た中で一番冷たい目になった。
僕は、どういえばいいんだろう。
知っていると、正直に言えばいいんだろうか。
知らないと、嘘をつけばいいのか。

「高橋。それが、俺が好きなやつの名前だよ」
「高橋・・・。涼架」
「そう、高橋涼架。君の幼馴染だっけ」
「あ、あぁ」

「俺は、高橋が好きだよ」


沢口抄黄、お前は、涼架が好きなのか。
じゃあ、僕の気持ちは、なんといえばいいんだろうか。


9: フレット☆2017/07/28(金) 12:55:02 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
「驚いた?」
「まぁ」
「俺の父はね、君のお母さんと兄弟なんだ」
「・・・はぁ」
「つまり、俺たちは従兄弟なんだよ」

成る程。
理解はできるただ、僕のお母さんに兄弟なんかいたかな。
そんな話はじめて聞いた。
多分。

「じゃあ、何で凉架の事知ってるんだ?」

僕と凉架は同じクラスだった。
ただ、コイツはいなかった。筈だ。


10: フレット☆2017/07/28(金) 18:01:42 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
「俺は君の従兄弟だよ?」

だから何だよ。

「君のすべてを知ってるよ」
「何で?!」
「何ででしょ。そうだね、凉架が好きだから、かな」
「凉架の事なら分かる、けど。何で僕の事まで?」
「俺は、凉架に関わる全ての人の事を知ってる」

ん、な。
そんなことって。
だって、凉架に関わる人全てなんて。
ということは、この学校の事も全て知っていると言うことか?

「どうした?何、疑ってるの。俺だって人間だよ。出来ることには範囲がある」
「あ、だよな。良かった」
「マジでそんな事思ってたわけ」
「ゴメン」
「や、いいけど」

この会話を最後に僕たちは別れた。
いつもの如く女子が沢口の方へやって来てそのまま沢口に何か言っていたから、僕は邪魔しないようにそっと下駄箱に向かった。

「あーもう。やだ。なんでこんな階段多いん?ここ」
「さぁ。それが都会やって」
「えー。いややわぁ。都会は」

どこの人だろう。
関東?
いや、もっと違うところかな。

「でもさ、九州に比べたら、此方は涼しいよね」
「あーね。まぁそれが唯一の救いやね

「本当に」

『ホンマに』
そう言ってないと言うことは、関東ではない。
てか、九州って言ってたな。
てかおかしいから。
ここ都会じゃないから。
彼女たちからしたら、ここでも十分都会になるのだろうか。
なるんだろうな。
ここがどこかは、個人情報なので伏せておく。
将来のために。

「ちょっと、先にいかなくてもいいじゃん」
「追いかけるか、普通」

沢口が二段飛ばしで階段を上がってきた。
息が乱れているので所々三段飛ばし、かも。
どちらにせよ。
僕を追いかけてきていた。
何で?

「まだ話したいことが、あるのですが」
「な、なにを」
「凉架が幼稚園に入る前の事とか」
「うわ、引くわ」
「何で?!」
「流石に知りたがるにも程あるだろ」
「そうかな」
「一般的には」
「それどーゆうこと」

昨日まで遠い存在だったコイツが俺の隣にいる。
人間って怖いなぁ。
改めて、そう感じた。
コイツも、何か怖い。
普通の人じゃないような。

それに、凉架が好きっていったって。
今更全てを知ったって。
意味が無いんだ。
凉架は、
     この世界には

居ないんだから。


11: フレット☆2017/07/29(土) 13:16:13 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
今更凉架のことを知ったって意味ない。
そう言おうとしたのに、言えなかった。今言ってしまったら、コイツの全てが無くなってしまうんじゃないか。
そう僕の心の中の何処かが、一瞬でもそう思ってしまったから。
僕の従兄弟で、凉架を好きで、全てを知ってる(?)。
本当なのか。
何一つ、僕は沢口の言を知らない。
でも、沢口は僕の言を知ってる。全て。
それって、

「不公平じゃん」
「え、何?」
「あ、いや。声に出てた?」
「だから反応してるんでしょ」
「そうか」
「で、何が不公平?」


12: フレット☆2017/07/31(月) 13:05:03 HOST:fl1-119-244-131-16.ngs.mesh.ad.jp
「沢口は、僕の事全て知ってるんだろ」
「うん」
「でも僕は何も知らない。それって、不公平じゃないか」
「そう、だね」
「だから、これからは、僕の質問にできる限り答えてもらう」
「いいよ」
「即答」
「でも、君が僕の情報を必要とするときが来るのかな」
「来るよ。必ず。もう少ししたらね」
「石門にしては随分はっきりと」
「まぁね。じゃあ」

僕はそれっきりにして、自分の教室に入った。
沢口も、隣のクラスに入っていった。


13: フレット☆2017/08/20(日) 15:15:28 HOST:fl1-119-244-128-246.ngs.mesh.ad.jp
「えー!何々?!石門君って沢口君と仲良かったの?」
「え、ホントに?」

僕が教室に入った途端女子からの質問攻め。
なんで、僕がこんな目にあわなきゃいけないんだよ。
これも全部、あいつがモテすぎるせいだ。
僕は何にも悪くない。
ただ、今になって出てきた、僕の身内であり、涼架の関係者。
嫌でも警戒していなければならない存在だった。

「別に、そこまで仲いいわけじゃないよ」
「そうなの?」
「でも喋ってたでしょ、さっき」
「まぁね」

しつこい。
僕はただ、それだけを思った。
女子って、しつこいな。
面倒くさい。
初めて、僕はそんなことを思った。
それは、僕が周りの人に何の興味も持っていないということだった。
今までは。
涼架と沢口の一件のせいで、気が抜けなくなってしまった。
いつ、沢口のように出てくるかわからない。
僕は、どうしたらいいんだろう。


「沢口、ちょっと」
「なに?君から話しかけてくるなんて、珍しいね」
「それはどうでもいいんだ。手伝ってほしいことがあるんだ」
「・・・・・。君が何絵お考えてるかはわからないけど、いいよ」



「なに、何で君の家なの」
「いいから」

僕は、沢口にどこに行くとも伝えずに、僕のうちまで引っ張ってきた。
それは、沢口がいないとできない、僕から母への試し技、だったから。
沢口が疑う気持ちもようわかる。
だけど、これは

「お前じゃないとできない仕事なんだ」




14: 影山☆2017/08/22(火) 16:38:34 HOST:sp49-97-92-127.msc.spmode.ne.jp
中学三年になった私は、
大好きな先輩と会えなくなった
心が痛くてたまんない
先輩の卒業式泣いちゃったな。
先輩の卒業式...
先輩に告白しないともう
会えない、、
でも涙が止まんないどうしよう
先輩が私の方に来て、
「大丈夫ですか?!」
大丈夫なわけないじゃん
「大丈夫です!」
「そっか良かった
泣かないでくださいよ」
「だって先輩が
卒業しちゃうんですもん」
アナウンス「中学三年の人体育館前に来てく
ださい」
「もう行かないとΗ


15: フレット☆2017/09/22(金) 20:48:58 HOST:fl1-119-244-128-246.ngs.mesh.ad.jp
荒らしのお方ですか?
でしたら、お帰り下さい。
ですが、貴方の恋の続き、個人的には気になります。
年の差恋愛好きなんです。
設定的に。
それでは

「ただいま」

僕はただ一言、それだけ言って玄関を開けた。
目で入れ、という合図をした。
それを察したのか、沢口が無言でうなずいた。

「あら、早かったのね。あ、」

一言だけそう言って、無言で目を見開いた。
つまり、母さんは、こいつを知ってるということ。
だと思った。

「お友達?」
「っ、はい」

その会話で、僕の中にあった疑問が確信に変わった。
やはり、僕は間違っていなかったんだ。
母さんに、兄弟なんていなかったんだ。
沢口は、僕のいとこなんかじゃなかった。

「沢口、中で話そう」
「わかったよ。全部、話すよ」

やけに、部屋が暗く見えた。


16: フレット☆2017/11/03(金) 20:14:50 HOST:fl1-119-244-128-246.ngs.mesh.ad.jp
白いソファに僕が座り、その向かい側のもう一つのソファに沢口が座る。
母は近くのドアに寄りかかっている。
暗いと思っていた部屋は、カーテンのせいだったことがわかり僕は会話に入る前にカーテンを思いきり開けた。
日の光が入り少しだけ色彩を取り戻した我が家は今から少し深刻な話をする場所としては、あまり合わなかった。
それでも、暗い部屋よりは明るい部屋のほうが整っている沢口の顔が生える。
そのせいか自分までもが役者になった気分になってしまう。

「話してほしいんだけど」

僕の言葉に沢口は何を言うまでもなくうなずくだけだった。
そして少し重そうに口を開いた。
ギシッ― とどこかの天上が軋む音がした。

「俺さ、お前のいとこだって話しただろ。でもさ、」

『嘘なんだよ』

の言葉を期待していた僕の心に、沢口の言葉は、大きなダメージを負わせることになった。

「でもさ、俺本当はお前の兄弟なんだ」
「は、はぁ?」
「な、なんですって?!」

僕よりも大きなリアクションをしたのは母だった。
それまで黙っていた母がいきなり大声を上げたから、僕の肩がはねた。
沢口なんか目を見開いている。
そんな僕たちをよそに、母はこちらに詰め寄ると沢口の前に立った。

「あぁ・・・」
「な、なんだよ、変な声出して。怖いって」

カーテンを開けておいてよかったと思った。
これで開けていなかったら、ただのホラー映画のワンシーンになってしまうところだった。
大きく開け放たれたドアは、母の重みが無くなったのを悲しむように冷たい風を入れてくる。
二階の窓が開いているのかもしれない。

「似てると思ったのよ。そう。貴方が」
「え、あ、その」

うんうん。
と一人で納得している母を見て、僕らはどうしようもなくなてしまった。
シリアスな雰囲気になると思っていたのが、とんでもない方向に曲がってしまっている気がするのだ。

「幸汰。子の子はね、本当にあんたの兄弟なのよ。行き別れてしまった兄弟」
「いや、同級生なのに?」
「そうよ」
「双子じゃなくて?」
「そうよ」

母は沢口を見つめたままうなずいて、そのまま沢口の隣に座り、僕にすべてを話してくれた。
本当だったら、沢口に聞こうと思っていいた僕が、僕だけが知らない話を。

「あんたが生まれてすぐ、私は離婚したのを、知ってるわよね。当然だけど。その後、私がもう一人授かっちゃってね。けれどその子はあんたたちのお父さんが連れて行っちゃったのよ」




17: フレット☆2017/12/25(月) 17:17:52 HOST:fl1-119-244-130-111.ngs.mesh.ad.jp
「て、ことは。俺たちは兄弟ってこと。判った?」
「判った。でも今になってどうしてこっちへ来たんだ。それに、離婚したといっても、僕たちが実の兄弟だったのなら一年に一回でもいいから会わせてくれたらよかったのに」

僕が不満を一気にこぼすと、母はため息をついた。
少し言いすぎたかもしれない。
でも、今の僕が心から思った事だった。
もっと早く僕と沢口のことを打ち明けてもらっていたら、もっと早くに対処できたかもしれないのに。
涼架に、本物のこいつを見せてあげられたのに。
同じ血液が流れているのに、容姿も苗字も違う。

「涼架にも、お前を見せたかったな」

呟きが、天井に吸い込まれていった。


18: フラット☆2017/12/26(火) 13:38:05 HOST:p76edae13.hkidnt01.ap.so-net.ne.jp
私、バカ、アホ、デブだよ‼ 誰でも私をいじめていいよ♥♥♪♪


19: フレット(sage)☆2017/12/27(水) 18:10:44 HOST:fl1-119-244-130-111.ngs.mesh.ad.jp
僕の呟きが完全に天井へ吸い込まれるはずもなく、その言葉は沢口の耳にも、母の耳にもしっかりと聞き取れていた。

「これが、僕の兄弟だって。お前を紹介してやりたかったよ」
「・・・何で?涼架がいないことを、まだ俺に・・」

そこで沢口の言葉は止まった。
本人は止める気なんてなかっただろう。
きっと、味合わせる気か、やら何か言っていただろう。
しかしそうできなかったのは、形の言い沢口の頬に流れる止まる気配のない涙が伝っていたからだった。
その涙は、まるで沢口に言葉のつずきを言わせないようにするように流れ続けていた。

「大丈夫?」

母が小さい子供に訪ねるようにやさしく沢口に声をかけた。
沢口は小さくうなずくと、また僕のほうを見た。

「お前に、嘘をついていたのは悪かったと思う」
「別に、いい。僕もさっきは・・。お前の心情も考えずに、ごめん」

沢口は僕の謝罪を受け取ると、急に真剣な顔になった。
今までの泣き顔や少し感情的になった顔はずべて演技だったのかと疑いたくなるくらい。
沢口はおもむろに体を前に倒すと、その先の言葉を発するのを一瞬ためらった。
しかし僕がうなずくのを見てからか、重そうに口を開いた。

「お前、涼架のあの事件がどう処理されたか、知ってるか」

いきなりの問いに驚きつつ、しっかりと首を振った。
涼架の事件。
つまり、涼架の命がなくなったあの事件のことだろう。



20: Romanesque(sage)☆2017/12/27(水) 20:12:32 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
控えめに言いますね。
神ですか!?
文才を分けて欲しいものです(笑)
更新がんばって!!!


21: フレット(sage)☆2017/12/28(木) 16:48:56 HOST:fl1-119-244-130-111.ngs.mesh.ad.jp
ありがとうございます!
本当に!
お互い頑張りましょうね!


22: エム猫ちゃん ディア& (DQR3XSYjuU)☆2018/01/05(金) 15:40:37 HOST:pc10208.chukai.ne.jp
はじめまして!
更新頑張って下さい!
Romanesqueさんも言ってる通り、文才スッゴ───(ノ)´∀`(ヾ)───ィデスね!
( ´-` ).。oO ( ♡応援してるゾ♡ )



23: フレット(sage)☆2018/01/13(土) 21:26:56 HOST:fl1-119-244-130-111.ngs.mesh.ad.jp
ありがとうございます!
励みになります!

窓ガラスを突き抜けるようにして部屋中に響くサイレンの音。
平和だった家の中に少なからず緊張が走る。
カーテン越しに見える赤いライト。
回転の最中に見える影と赤のコントラストが一層緊張感を呼び込む。
カーテン越しに見えるライトは、つまり近くで事件が起こったことを物語っている。

「何かあったのかしら・・?」
「判らないけど」

母が心配そうにカーテンを少しだけ開ける。
その様子を少し見てからもう一度テレビに目線を移した。

「あ、あら?」
「何?」

母の驚きと不安が入り混じったような声に一抹の不安を覚えた。
頭のどこかが、何か良くないことが怒ることを予感させる。
急に心臓が高鳴りだした。
まるでテストを返される前のような感覚。


そこまで思い出して、僕はようやく現実に戻った。
あの時の鮮明な記憶を思い出して、少しだけ頭痛がした。
今でも思い出すと頭がいたくなるし心が苦しくなる。
自分の無力さを知ったあの日。
涼架を好きだと、好きだと知ったあの日。

「あ、そうか」

好きだと、知ったんだ。
僕はあの日、涼架を好きだと。
知ったんだ。

「どうした?」

沢口の心配そうな声も、母の顔も。
僕には見えなかった。
沢口に抱いていたあの微妙な感情も、沢口の思いを聞くたびに自分の中で湧き上がる、反抗じみた感情も。
今ならわかる。
全部涼架が好きだったから。
自分の罪悪感と沢口への苛立ちも全部。

「何でもない。今日は、もう終わりにしよう」

今更気が付くなんて、僕は・・・。
世界で一番の不幸せものだ。
違う、一番の馬鹿者だ。



お名前:

sage設定(省略可)



投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


悪質な投稿をするとネットができなくなります。



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪