HOME/ 掲示板の投稿ルール/ メル友掲示板

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50
check mate of heart

1: xxx (C7/C1VxgKE)☆2015/03/15(日) 14:24:12

.





「 check mate 」






.

>>2以降暫くレス禁止!


151: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/23(月) 00:37:59
>>137 ヘーゼルダインのお嬢様(Chloe=Hazeldine)

なるほどね。それなら、今から行くお店はきっと気に入ると思うよ。
(甘酸っぱいものが好き、という言葉に一つ頷けば、人差し指を立てて器用に片目を瞑ってみせる。
こんな時間に相手を連れて行けるようなお店は自然と限られていて、かつ出来るだけ裏稼業の知り合いに遭遇しそうにない場所となるとさらに数が減るのだ。好みに合いそうで何よりである。
ブティックの横を通り過ぎた際に相手の視線がショーウィンドウに釘づけなのを横目で確認すれば、やはり女の子はああいうものを好むのかなと思う。だから行きたい場所があると言われてもさして驚かなかったし、最低限こちらの条件さえ呑んでくれるなら付き合うつもりだった。
しかし承諾しようと相手に視線を受ければこちらを見上げる瞳に企み事を感じ取り、嫌な予感が頭を掠める。
こういった勘が当たるのは経験則で知っていた。生き抜くための絶対条件は"君子危うきに近寄らず"だ。……が。断るのにかなり苦労しそうなのと、どこか楽しそうな表情を見てしまっては無碍にするのも忍びない。
若干の沈黙ののちに交換条件を提示すればこっそり連絡するより幾分かは誠実だろうと考えてポケットから端末を取り出して画面を確認し、予想通り物凄い数の着信とメッセージが入っているのを見れば今頃大慌てであろう相手の父親を想像してくすりと笑い)
…………家族に連絡は入れさせてもらうからね?

(/そんな反応が面白くてついついやり過ぎちゃう(*´ω`*)てへ←
多分あの手この手で逃れようとするので頑張ってください、本体も頑張ります!← 外で着替えるのとかすごい嫌がりそうだ…。
そう言って頂けて嬉しいです!これもひとえに鴉くんの魅力のおかげ…! ヒューが一番大人げないのは鴉くん相手かなぁと思ってます。逆にクロエちゃんの前ではかっこつけたい模様(笑))


152: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/23(月) 00:40:59
>>142 似非お嬢様のシーフ(Ellie)

悪いね、これ以上の情報はゲームが進まないと売れないんだ。
(何か面白い事でも起きないかと街を歩いていると、以前取引をした富豪夫婦に声を掛けられた。
肥えた体に悪趣味なほど煌びやかなアクセサリー。自分の趣味ではないし友人としては絶対に付き合いたくないタイプだが、金蔓としては非常に優秀な二人だ。にこりと笑顔を浮かべて話を聞く。
どうやらより詳しい怪盗たちの情報を知りたいようだが、現時点で売れる情報は全て売ってしまっている。
まだゲームは序盤も序盤。主催者の計画の事もあり、あまり勝手をする訳にはいかなかった。それに何よりも、一気に情報を出してしまっては面白くない。
申し訳なさそうな演技でもって一先ず諦めてもらい、今後ともご贔屓にと一礼すればその場を離れた。
すると正面から歩いてくる薄水色のワンピース姿の女性が目に入り、完全に街に溶け込んでいる事にくすりと笑う。道を行く人々はまさか賭けの対象がこんな場所に居るなんて夢にも思っていないだろう。
その表情が退屈そうなのを見て取れば軽く持ち上げた帽子を左右に振って、挨拶をしては目の前まで歩いて行き)
……やぁ、ゲームの主役が随分と退屈そうだね? 

(/素敵な女盗賊さんに絡ませて頂きました、失礼な渾名ですみませんm(__)m胡散臭い情報屋ですが宜しくお願い致します!
こちらは仕事柄知っている感じにしましたが、エリーちゃんがヒューを知っているかどうかはお任せ致します。
そしてもし宜しければなのですが、うちの子は情報屋なので募集の背中に傷があることを知っている人物をやらせては頂けないでしょうか…!)


153: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/23(月) 21:04:06

>>142 暇をしている麗人 (Ellie)

暇なら貴方,私に付き合いなさいよ..女盗賊サン(艶のある黒髪に翡翠色の瞳が何よりの証拠だった。彼女の華奢で細身な腕を掴み乍私は口端を上げて"見つけた"とばかりに彼女へ微笑んだ。彼女,否女盗賊Ellieを探し始めて約1時間。思ったよりも早くに見つけれた事が幸い。
彼女は探していた目的は2つある。1つ目の理由は彼女があの"とある大怪盗"と親しき仲である事,私は"とある大怪盗"とは以前より交流があり彼へと接触をしたかった。然し此の島ではまだ接触する事が出来ていないのだ。
故に親しき仲である彼女なら居場所を知っていると思ったのだ。そして何より重要なのは第2の理由だ。それは今正に私は屋敷を抜け出してきた身の者。きっと街のあちこちには私を探しに来たであろう能無しの部下達がわんさかと徘徊している事だ。
然し私は彼等に見つかるわけにはいかない,此の島へ観光に来てまでパパの言いなりになるもんですか。彼等に見つかれば屋敷に連れ戻される事は明白。そんな能無しの部下達を捩伏せるには矢張り武力が必要になってくるだろう。
そこで目を付けたのが女盗賊Ellie。彼女の戦闘能力は様々な怪盗達の中でも目を見張るものがあると聞く。故に私の屋敷,部下達からの逃亡劇には彼女の存在が必須となってくるわけだ。自慢のブロンドの髪を風に靡かせ彼女に向き直れば遠目に黒いスーツを着た男達が見える。
もう,此処まで嗅ぎつけてきたのね..。私は彼女の腕を掴んだまま,その場から駆け出し始めた)

ーッ,話は後よ!取り敢えずついてきてッ!!

(/早速素敵なお姉さまに絡ませて頂きましたorz。そして若干の確定ロル申し訳ありません;;;;。取り敢えず街を自由に観光したいお嬢様の逃亡劇にお付き合い頂けると幸いです(´`*)
部下の方達との戦闘場面とか,女同士でお買い物とかEllieさんとは色々な事をさせて頂きたいなあ、って思っております!此れから宜しくお願いしますノ")


154: 林 香麗(とある計算高い女怪盗) (jPZ1HpW6/Q)☆2015/03/23(月) 22:41:53

>>ALL

(貴族の娯楽に付き合わされるのは気乗りしないが頑丈な扉の向こう側にどのような宝が待つのか興味があったのは事実。素晴らしい芸術品であれば良いのだけれど。
夜も深くなった時間帯、暇を持て余した貴族たちが娯楽を楽しんでいる空間の端で壁にももたれかかり空気を眺める。皆、己に関すること以外に興味は向かないのか此方の正体に気が付かれることはなさそうだった。例えば見つかったとしても大した問題は起こりえないと自負しているが面倒事になるのは遠慮願いたい。
先程からこそこそとした妙な視線を感じはする。しかしそれは己の正体とは全く別のお話になるのだろう。ずっと持っているおかげですっかり温くなったワインをあおる。思った通り、美味しくない。そもそもアルコール自体好きではなかった。
やがて徐々に酔いを感じ始める。ワインではない、一杯飲んだだけで平常を保てなくなるほど弱くはない。これは酔いは酔いでも、人酔いだ。潔癖症である自分にはこの空間は合わない。見るからに顔色を悪くしてその場に左手で頭を抱えるようにしながらしゃがみこんだ。)

(/参加許可ありがとうございました。此方から絡みに行くべきなんですが、キャラを掴むためにも先に絡み文を投下させていただきます。絡みに行くのに時間がかかってしまうかもしれませんので宜しければ絡んでいただければ嬉しいです。
計算高いという設定の筈があれえ、と言いたくなる残念っぷりを初っ端から披露していて何をしているんだろうという感じではありますが皆さまこれから宜しくお願いします。)


155: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/23(月) 23:18:46
>>135気に食わない情報屋(Humint)
…あんた本当にチェシャ猫ですよね。言葉遊びのセンスといい、役に立つか立たないかギリッギリの情報しか与えないトコといい…本当、胸糞悪いネコ。
(分からない事が分からない、なんて深く考え過ぎると訳が分からなくなってくる様な言葉遊び。ニヤニヤと腹の立つ笑い方に今は見えない金色の目。
どっかの不思議の国の住人に例えて、嫌悪を顕にする。あの童話の猫は、相手を思い出すから嫌いになったものの一つだ。
いや、元々あの猫が苦手だったから余計に相手を嫌いになったのか。まぁどっちでもいい。どちらにせよこいつが腹立つことに変わりは無い。
至近距離でこちらを見つめるその金色の目は、こちらの苛立ちを煽る様にゆっくりと瞬かれて、その口から溢れる言葉だって、ボードゲームの用語に例えたりして。
こちらが手を少し横に引けばその言葉を発する事は愚か、命さえ奪われる状況だと言うのに余裕綽々なその様子にまた腹が立つ。
手をこれ以上動かす事が出来ない自分にも苛立ちが募る。そうさせているのが、他でも無い相手だという事実にも。
深く、深く息を吐くと、何とか落ち着いて相手の首から磨き上げられた銀色のそれを離す。
荒く削られた氷の入った容器に勢い良く突っ込むと、ガシャ、と中の氷が幾つか割れた音がしたが、今の自分の苛立ちに比べれば、さして重要な事でもなかった。)
…えぇそうです。出来ることなら今この場で喉掻き切ってやりたいですよ。……出来ることなら、ね…、本当、腹立つ。

(/そ…そんな装備で大丈夫か…?:(´◦ω◦`):
実力があるのは確かだし自分もお世話になってるからこそこんな奴に世話に…的な感じで自己嫌悪に陥ってたりですかね(`・ω・´)キリッ 是非是非加速させてやって下さい。
おお!ありがとうございます!出来ればこちらでもやった方が良かったのでしょうが…申し訳ない、鴉は今、ヒューくんしか目に入ってない様なので…(´・×・`)


156: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/23(月) 23:19:30
>>136綺麗な目のお嬢さん(Chloe=Hazeldine)
…まぁまぁ、そう拗ねないで、どうせ短い付き合いです、仲良くしましょうよ。…情報屋…ですか……、へぇ…。
(少しだけ強めに告げた言葉には、僅かな棘のある言葉で返ってくる。そういった負の応酬は割と好きだ。また自分も皮肉を混ぜて言葉を投げる。
我ながら自分の放った台詞に笑えた。仲良くしましょう、なんてどの口が言うのだろうか。…まぁ、この口な事に間違いは無いのだけど。
…と、ふと気になって投げかけた、何をしに行くのかと言う質問。それへの答えに入っていた単語に小さく眉が跳ねる。情報屋。その単語で思い出すのは自分の天敵とも言える人物だ。
いや、しかしまだその人物だと決まった訳ではないーー、そう逃避に走る事にした。
まぁ、その逃避すら、相手の放ったその「情報屋」の説明に無駄足となってしまったが。
Humint、その名前に一瞬息を詰まらせて、少しして、深いため息が漏れる。あぁ、確定か。出来れば知りたくなかった。あいつがこの島に居る、なんて。
普通ならこの広い島で会うことなんて万に一つ。だけどもこの場合、あちらがこちらに会う意思さえあれば、簡単だ。
俺はこのゲームの中でも怪盗と言う重要な役割なのだし、自分の情報をあいつが把握してない訳が無い。
小さく頭を抱えて、ため息と一緒に言葉を吐き出す。もういい、どうせ会うなら存分に利用させてもらおう。
自分の殺す対象の情報、即ちとある大怪盗≠フ情報は、少しでも知っておいて損は無いだろうと考えを何とか切り替えて。)
ッ……!!、……その人なら俺も知ってます。…丁度いいかも知れませんね。俺もとある情報が欲しかったので…。

(/ツボを付けたようで何よりです!本体は本当、眼球愛好でも一人くらいどうしても無理な目の奴も居てもいんじゃね?!とか軽い気持ちでした…!
不仲関係イイですよね!や、不仲と言うか鴉は敵を作りすぎとも言えます…この子無事に老後迎えられなさそうで…((震え声
わぁ、なんとまぁ恐ろしい事を考えますねぇ。お嬢様なのに物騒な思考…だがそこが( ・∀・) イイ!
ご依頼とあらばいつでも鴉が暗殺を受け負いますよ!報酬はChloeさんの眼球で如何でs((ry)


157: (xhJb9V1DV.)(sage)☆2015/03/23(月) 23:51:17
(/>>18>>104で「とある元貴族の怪盗」を予約させて頂いた者です。漸くPFが今日提出出来そうですが、結局12時以内に間に合いそうにないので延長して頂けたばかりで申し訳ありませんが、一日だけ伸ばして貰う事は可能でしょうか…?;;
本当に何度も申してごめんなさい。ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。)
>>主様


158: (C7/C1VxgKE)☆2015/03/23(月) 23:58:02

>>157

(/いえいえ,気になさらないで下さい!寧ろ態々報告して下さって此方としては凄く嬉しいです..!。延長の件については了解致しましたっ,一応新たに4日間期間を設けさせて頂きますね(敬礼)素敵な怪盗さんをお待ちしておりますので,本編が始まりましたら是非仲良くして下さいませ~ノ")


159: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/24(火) 03:32:05

>>147 素敵な大怪盗さん (Gray=Keighley)

何よ貴方,私が迷子になんてなる筈が無いでしょ?失礼ね。わ,私を誰だと思ってるの?。ち,ち,中心街にも,戻ろうとしただけよ!ええっと,中心街はあっちね!(フンッと髪を払えば声を掛けてきた男へ冷たい視線を向け"迷子"という言葉に反論する。
否,実際は迷っているのだけれど,見ず知らずのこんな男に頼るなんて私のプライドが許す筈ないし,第一此のHazeldine家の娘である私が!完璧な美少女である私が,"迷った"なんて口が裂けても言える訳がないのだ。
とは言っても恐らく中心街からは大分と遠ざかっているであろう現在地から無事元の場所に戻れるとも思えない,下手をすれば余計に迷ってしまうかもしれない..維持を張って強く出た手前,今更相手に問える筈もなく視線を泳がしてしまう,自覚は無いのだろうが側から見れば,それはもう分かりやすいほどに。
が,然し此処で立ち止まっていれば迷子という事が相手にも直ぐバレてしまうに違いない。ええい,こうなれば一か八かよ!,と心中で叫びつつ彼女なりに中心街を指差し再び歩き出そうとする。
そ,そうよ此の私に掛かれば迷子なんて瞬時に解決出来るのよ..,と自慢気に鼻を鳴らし声を掛けてきた男を通り過ぎようとするが,それは中心街とは真反対の方向であった)

全く,私にかかれば造作もない事よね!

(/高飛車お嬢様ですみませんorz小憎たらしい事言いながら真反対の方を歩いていってますので,どうぞ止めて頂けると嬉しいです←。
Chloeさんはどうやら大怪盗さんを探してるみたいですね!最近あんまり家の窓に来てくれず素直じゃないので会いたいとも言えず探し回っておる設定です…!宜しければお付き合い願いたいです〜。素敵なGrayさんに乾杯っ)


160: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/24(火) 12:32:18

>>151 気になる情報屋さん (Humint)

駄目よ,絶対駄目!!!,そんな連絡いれたら直ぐにでも能無しの部下達が追ってくるわ..。良いことHumint,貴方は黙って私をエスコートしておけばいいのよ。
そうしたら..最後は屋敷に戻ってあげても良いわ..多分。(何を言ってるのよ,と目を見開き首を左右に振りながら剣幕な表情で彼の提案を却下する。冗談じゃない,此処でパパに連絡なんて入れられたら全ての計画が台無しじゃない。嗚呼,もう本当に面倒臭いわ此の人。
さっき少し良い奴..否!使える奴だと思った事は撤回,何よ悪そうな顔して笑っちゃって。私には絶望に近い連絡の提案,そんな事さえも楽し気に小さく笑う彼に表情を曇らせ頬を少し膨らませ乍不機嫌そうな表情へ逆戻りする自分に我ながらに表情の変動が今日は著しく激しいと感じざるおえなかった。
大体,何でHumintは何時も人の事を手玉に取った態度なのよ?何で此んな人に私の(ある意味)運命を決められなくちゃいけないのよ?悶々と怒りが腹の底から湧き上がり終いにはピキっと自分の中の血管が切れた気がした。もう限界だ,どいつもこいつも私の顔を見れば何時もパパ,パパ!!私はパパのお飾りじゃないのよ?!
此の島へ滞在する3ヶ月間位自由に過ごしても良いじゃないの!。そう心で叫ぶとワンピースの下へ隠していたガンホルダーから銃を一つ素早く取り出し彼の携帯電話は銃口を当てがえば彼を見上げ冷めすぎた目を向けて口を開いた)

−此処まで言っても未だ連絡する,って言うなら貴方の腕ごと携帯を粉々にぶち抜いても良いのよ?

(/とうとう銃を手に取ったお嬢様!清々しい程の八つ当たり振り+クズっぷりで申し訳ありませんorz。何というんでしょうか,Chloeにはぶっ飛んだキャラで居てほしい..(遠い目)
Chloeは年下で女ですからね笑かっこつけちゃうHumintさん可愛い..←。そして性別がもし女の子なら年下を前に余裕に振る舞うHumintさん尊い..)


161: Saint-Julien=Pinot=Noir (とある国の王子) (qqkjIazays)☆2015/03/24(火) 22:57:34

>>125 性別不明の情報屋 ( Humint )

ん? あぁ ―― 奇遇だね、確か前に父様と取引してたHumintさん…だっけ? 取り込み中ならすぐ退散するけど。
( 中心街の煌びやかな彩とは遠く離れたこの路地裏には、深い闇に隠れて二種類の”モノゴト”が転がっている。
一つは”面白いモノ”、もう一つは”正真正銘の面倒ゴト”。今この状況はどちらかと言えば後者に近いだろうか、と見覚えのある顔を見遣った。
以前父王と取引を行っていた際に初めて顔を合わせ、その日限りでは何度か会話した覚えもある情報屋。性別不明、という他に類を見ない特徴がある所為か、あれから二ヶ月は経過した今も脳裏に残る印象は薄いものではない。
只でさえ闇夜に浮かび上がる白い衣装。今更隠れる気も、まして道を変える気等は全く無く、先ずは”奇遇だね”なんて一言。それから紅い双眸を細め、思い出すような仕草を見せつつ記憶にある名前を確認した。
それから改めて目の前の相手、乱入者に等しい己を前にも口を引き結んだままの先客とを交互に見遣り、邪魔と言うならすぐにでも去ろうと示し )

(/わー、早速の突撃有難う御座います…! 此方こそ黒い部分駄々漏れ王子ですが、どうぞ宜しくお願い致します*
絡み易い設定を作っていただけて助かりました、一応会話はしてるし印象にも残ってたけど性別不明が強過ぎて名前曖昧…な感じになってます(( 長い
こんな時間に一人歩き云々は綺麗にスルーしちゃってますが、耳には入っている…筈!(←) )


162: Saint-Julien=Pinot=Noir (とある国の王子) (qqkjIazays)☆2015/03/24(火) 22:59:45

>>127 死神のような×× ( 鴉 )

( ああ、なんかヤバそうな空気になってきたね。一見ただ薄暗いだけの道先から、微かだが血の臭いがする。
…微かだが鼻腔をつんと刺すようなそれを敏感に嗅ぎ取れたのは軍人としての能力か、それとも発達した本能か。親しみは無い。けれど馴染みだけは十分にある。そんな臭気に反応した身体は逃げも隠れも選ばず、ただ道なりに…一歩一歩前進していた。
ふと思い出すのはこの島に集められた六人の怪盗達の事。ゲームの賭け対象 ( プレイヤー )として選び抜かれた彼等は皆精鋭で、宝への鍵となるパスロックを奪い合う手段は特に定めが無いと聞いている。
つまり島の何処がいつ”赤い濡れ場”と化しても何ら不思議は無い訳で、抉り取った眼球を月明かりに掲げる何者かの姿…それがぼやりと視界に浮かび上がっても恐怖は無かった。寧ろ少しだけわくわくする、と言えば己も狂人と謳われるだろうか。
やがて此方に気付いた様子で顔を上げた相手。地に転がった青い眼球より一歩退いた場所で立ち止まり、普段より幾らか低い声色でこんばんは、と )

――何してるの、っていうのは流石に野暮かな。こんばんは、眼球コレクターさん…?

(/初めまして、絡み有難う御座います! 暗闇だと分かり易過ぎる真っ白装束で登場中のノワール王子です(←)
初顔合わせが殺人現場、というのも普通はトラウマものですがこの人の場合は全く問題無さそうですね、はい(( これからどんな関係を築いていくか、という部分は私としても非常に楽しみですdkdk wktk ←
初っ端から不穏な空気ですが、此方こそ王子本体共々宜しくお願い致しますゞ )


163: Saint-Julien=Pinot=Noir (とある国の王子) (qqkjIazays)☆2015/03/24(火) 23:01:58

>>138 御転婆なお嬢様 ( Chloe=Hazeldine )

いっ、――! …もー、相変わらず乱暴なんだから。名家の御令嬢がデコピンなんてするもんじゃないよ? ( 至近距離に迫るアクアマリンの瞳と妖艶に微笑む唇。次の瞬間鈍い音が響き、小さな悲鳴と共に指で弾かれた額を押えた。
うん、痛い。これは地味に痛い。直前の表情に気を取られた訳ではないにしろ油断していたのは事実。しかし大して気を悪くした様子も無く軽口を叩きつつ離れ、僅かに乱れた前髪にさり気なく手櫛を通す。
それにしても、この場面でいきなり罵声付きの攻撃とは恐れ入った。俗に言う口より手が出るタイプ…否、この場合”口と手が同時に出る”と言った方が正しいか。
何にせよ普段声を掛けてくる女性陣ではまずあり得ない反応 ( 同じ事をすれば卒倒しそうな子さえ居る ) だし、己は彼女のこういう所が好きなのかもしれない。…なんて、本人に言えば速攻で弾丸が飛んできそうなものだけれど。
鋭く睨みつけてくる視線も頬が染まっていては形無しで、照れちゃってかーわいー…と口には出さず微笑みながら告げられた言葉に訂正を求めた )

変態扱いの次は尾行 ( ストーカー ) って、人聞き悪いなー。――まぁ何か困ってたみたいだし、結果オーライなんじゃないの?

(/これが通常運転だからChloeちゃんに変態扱いされるんですよね(←)一応現役で陸軍幹部なので「簡単に攻撃食らい過ぎだろ!」と一瞬思ったんですが、デコピン云々よりも決定的な殺意が無いから避けられなかったのかなぁ…とか考察してみたり (
なんにせよ私が思ってる以上にChloeちゃんの事を気に入っている感じがします(←←によによ)
呼び名は勿論「ジュリアン」で構いませんよ! Chloeちゃんは確実にJulienの中で親しい面々に分類されてるので* )


164: (C7/C1VxgKE)☆2015/03/25(水) 11:54:09
"とある予約表"

※キャラリセは大体2週間を目処に考えています!

怪盗

とある大怪盗 | >>129-131
とある優美な女盗賊 | >>35-36
とある元貴族の怪盗 | >>157(27日)
とある盗賊団の団長 | 空席
とある計算高い女怪盗 | >>143-144
とある狂気な怪盗 | >>52-54

賭け人

主催者 | 空席
とある裕福な宝石商の娘 | >>39-41
とある国の王子 | >>71-72
影人 | >>26-27

中立

とある情報屋 | >>50-51
とある国の捜査官 | >>31-32

▫︎主が勝手に萌えるコーナー!!
(/皆様のキャラについて勝手に妄想をつらつら書きます。見たくない!という方は此処から見ない事を推奨させて頂きます;;;;)


キャラが大分と揃ってまいりましたので
背比べリベンジ!と言う事で今回は背比べです!

香麗(150cm)→Mary(153cm)→Chloe(158cm)→Ellie(63cm)→Humint(167cm)→Julien(174cm)→Gray(176cm)→鴉(179cm)→Ben(182cm)

身長差可愛いよォ(*´Д`)ハァハァ。
おにゃのこ達可愛い、小さい
Chloeさんマジ標準身長無効性!!
Ellieさんマジ高身長女子お姉さま万歳(感涙)

男性陣は割と皆さんによって身長が違うのが、とても萌えまする..!
性別不詳のHumintさんの身長が男性女性何方でも可能な所なので良い..(尊い)

さてさてスレも150を突破して主は勝手に皆様の素敵キャラ様達で勝手に脳内cp劇場を繰り広げてますが、そろそろ公式cpも欲しいところ..否,まだ早いか?←
とにかく皆様の素敵公式cpが出来たら主はとても喜びますのでもし,cpこの子と作りたい..って方は相手様に声を掛けてみてはいかがでしょうか(がたがた)

次の主萌コーナーは皆様のキャラのイメージカラーを比べてみようと思います◎
皆様宜しければChloeとの会話の際の本体会話の欄で教えて下さると嬉しいです♪
それでは 主でしたノ"


165: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/25(水) 21:57:50

>>154 目を掛ける女怪盗 (林 香麗)

ったく,何処へ行ったかと思えば此んな薄汚い所に居たのね香麗。貴方..顔色悪いんじゃない?肩を貸してあげるから,早く店をでましょー全く,此の私が肩を貸してあげるんだから感謝しなさいよね(今日で屋敷を抜け出したのは2度目だった。1度目は昼間,そして2度目は正しく今だ。
1度目の脱走では街の観光を目的に行ったものであったが,そこで思わぬ出会いがあった。それは1人の女怪盗との出会い。彼女の名は林 香麗,歳も近い事から私達2人が仲良くなるには時間は掛からなかった。
何より同い歳程の同性の友人を持たない私にとって彼女との出会いはあまりに唐突なものだったが同時に嬉しいものでもあった。
とは,言っても私は追われている身,昼間のあの時は途中でパパの部下達に私が見つかってしまい無理矢理屋敷へと連行されてしまった。故に2度目の脱走である今,深夜の此の時間帯に態々部下達の目を掻い潜り屋敷を脱走したは再び彼女,香麗と会うためでだった。
暫く街を徘徊してみるが彼女の姿は見えず薄暗い路地の先にある所詮飲み屋と呼ばれる店の戸をくぐれば案の定探していた本人である香麗が顔色を悪くしてしゃがみ込んでいた。
小さく溜息をつき彼女へと背後から声を掛ければ相手へと手を差し出した。)

少し外の空気を吸えばマシになるんじゃない?

(/絡み失礼します!設定上で仲良しなので確定事項にして申し訳ないのですが日中知り合って仲良くなった,と言うことにさせて頂きました;;;;すみませんorz。PF拝見した時に"うわあ、チャイナ娘だあ(´`*)"とテンション上がりました←。
それに小柄で可愛い◎我儘なお嬢様なChloeですが仲良くして頂けると幸いです!宜しくお願いします♪)


166: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/26(木) 02:30:33

>>156 気に入らない男 (鴉)

..何々貴方も,もしかしてHumintの知り合い?−その顔と雰囲気から察するにあまり良い関係とは思えないけれど("Humint"と名を告げた時の彼の表情を私は見逃さなかった。
ポーカーフェイスの彼の事,直ぐに表情は先程と変わらないものになったが,それ故先程の苦い顔は際立って私には見えた。
ははん,少し仕返しをさせて貰おうかしら?此の私,天才的美少女と呼ばれるCholeチャンをコケにした罰よ無愛想男!!!。
心の中でいつも通りの高笑いを決め込めば軽い足取りで彼の前に立ち覗き込む様に顔を見上げれば見透かしたように少し意地悪な視線を送り口角を上げながら上記を呟いた。
それに一つピンと来たことがある。彼は確かに私と同じく"情報屋へ用事がある"と言った。だが,それは何故?私はある程度社交界では顔が通る,それ故大体の富裕層の面子は把握しているつもりだ。
情報屋に用事?私は彼の事を社交界で一度たりとも見た事がない。
つまりは賭け目的で情報屋を頼る訳ではないという事だ。賭け目的以外での情報屋との接触−この事実が導き出す答えは一つだ。私は,少し前を青白い月を仰ぎにんまりと口角を上げると彼の元へ首だけ振り返り呟いた。私には何故か,その瞬間に吹いた路地裏を駆け抜ける隙間風が酷く冷たく感じた)

ねェ..貴方って,怪盗でしょ?

(/はい!なんか見透かした偉そうな態度ですみませんorz。実は鴉君との絡みが毎度楽しい主です←。
なんて言うんでしょうか,仲良い訳でもなく悪い訳でもない緊張感のあるピリピリした脆い関係間が好きです(でれでれ)な,なんと!やはり報酬は眼球ですか..歪みないぜ鴉君!!。
さてさて、これからの展開がwktkになってまいりました…◎)


167: (eUG0TdLW5c)(sage)☆2015/03/28(土) 00:06:16
>>主様
(/>>18>>104>>157で「とある元貴族の怪盗」を予約させて頂いた者です。何度も何度も延長して頂きありがとうございました。とても遅くなって申し訳ございません。漸くPFが出来上がりましたがNGワードが入っていて投稿出来ません…;;
解決次第、PFを投下しようと思いますのでもう一日だけお待ちして頂いても宜しいでしょうか?ご迷惑お掛けしてごめんなさい…。)


168: (C7/C1VxgKE)☆2015/03/28(土) 00:59:40

>>167
(/反応が遅れてしまい不便を掛けました、すみません;;;;私もPFでNG出た事あるので気持ちは分かります~!把握致しましたっ。では解決次第投下をお願いします(敬礼))


169: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/28(土) 01:12:02
>>69 読めない情報屋さん ( Humint )

いやー、さっきは災難だったね、お兄さ…いや、えーっと…お姉さん…?
(退屈凌ぎにネオン街をフラついている途中で見かけたのは、とある取引現場。初めは興味本位で遠目からその様子を眺めていたのだが、これがなかなか面白そうな話をしている。
――情報屋、か。箱入り娘のお嬢さんを始め、このゲームが始まって以降度々色んな場所でその名前を聞いていたが、まさかこんなところでお目に掛かれるとは。
他の怪盗や盗賊の情報には正直あんまり興味はないが、情報屋さんには多少なりとも興味がある。噂によるとどうやら俺の情報も割と高値で取引されているらしいし…。一体何処で仕入れたのやら。
とりあえず、先ずはお近付きになっておこうかな、と情報屋さんが入っていったバーへと自分も足を運び入れれば、カウンター席に座っている相手に向かって『お兄さん』そう言い掛けたが、途中でその言葉を飲み込むと頭の上に疑問符を浮かべる。
先程外で目にした時はてっきり男性とばかり思っていたが、今目の前に居るの相手の姿は女性の様にも見える。はてさて一体どちらなのだろう。
ぐるぐると思考を巡らせるも一向に答えは出そうにもなく、最終的に考えるのを諦めれば、隣に座ってもいいだろうかと彼女…いや彼?に問い掛けた。)
まぁいいか、どっちでも。ちょうど退屈してた所なんだ、隣座ってもいい?

(/はじめまして、素敵な情報屋さんの前に自らノコノコとやって来た大怪盗ですノ
別にストーカーとかじゃないです、ただお話がしたいだけなんです本当に←
Humintさんの事はChloeちゃんからちょっと話を聞いたぐらいでGrayは実際どんな人かは知らない様な感じです←
こんな大怪盗とその本体ですが、これからよろしくお願いしますね^^)


170: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/28(土) 01:13:55
>>76 クロエと親しいメイドさん ( Mary-Ann )

ちょっと悪い事したかなー…、でもまぁいいか。先に仕掛けてきたのは向こうだし。
(いつものツナギ姿ではなくきっちりとした礼装でカジノから外へと出てくれば、グッと大きく伸びをした後に後ろを振り返りぽつりと冒頭を呟く。
此処へと来た理由は他の怪盗たちの動向を探るためと、ついでに暇つぶし。運試しにとポーカーをやったのだが、あろう事かこの俺にイカサマ何かを仕掛けてくるもんだからついつい本気になってしまい…結果的に後者の方がメインになってしまった。
当然イカサマには同じイカサマできっちりと借りを返させて貰った。これでおあいこだ。
…結局他の怪盗たちの動向を掴むことは出来なかったが、まぁ良しとしよう。ポーカーで無駄に精神力を使ったせいか何だかもう今日は疲れてしまった。と、裏路地を曲がろうとしたところでピタッとその足を止める。
目の前に見えたのは見覚えのある女性の姿。あれは確か…あの箱入り娘のとこのメイドさん。屋敷に訪れた時に何度か彼女を見かけたことがある。
しかし記憶の中の彼女と今己の目の前にいる彼女はまるで別人のようで、神妙な面持ちでその様子を眺めれば、変に関わらない方が身の為だと判断しそのままくるりと回れ右をして反対方向へと歩き出した。)

(/はじめまして!遅ればせながら絡ませていただきましたノ
主催者様の側近という事はMary-Annさんから見てもGrayはあまりいい印象ではなさそうなのでコソコソ隠れることにしました←
よろしければ鬼ごっこ若しくはかくれんぼ何かいかがでしょうk(ry) これからよろしくお願いしますね!)


171: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/28(土) 01:16:22
>>81 いけ好かない男 ( 鴉 )

(辺りも薄暗くなってきた夕暮れ時、烏の群れが鳴きながら空を横切って行くのが見えた。何だか今日はやけに烏が多い気がする。
別に烏が嫌いというわけではないのだが、こう何羽も飛んでいるのを見ると流石に少し不気味に感じる。何か悪いことが起きる前触れじゃなければいいんだが。
烏と聞いて真っ先に思い浮かべたのはあの濡鳥色の髪を持つ怪盗…アイツも俺と同様にこのゲームの参加者のうちの一人。出来ることなら接触は避けたいのだが、そういうワケにはいかないんだろうなぁ、と思えば自然と深い溜め息が漏れた。
すると、羽根の先端が白く色付いた一羽の烏が不意に自分の目の前へと舞い降りてきた。物珍しさから触れようと手を伸ばしてみれば、羽根をを大きく広げて威嚇される。
『はいはい、悪かったよ』と、直ぐに手を引っ込めるとそのまま烏は人気のない路地の方へと飛んで行ってしまった。何なんだ?一体…。
動物には結構好かれるタイプだと自負していたのに…ちょっとショックだなぁ、と肩を落とすと、先程烏が飛んでいった路地の方から何やら楽しそうな話し声が聞こえてきた。
興味本位で声のする方へと歩いて行くと、そこには先程の烏と、一人の男の姿。自分の時とは全く違う烏の態度に内心若干イラッとしつつ、男の方へと歩み寄れば声を掛けてみて)
へー、随分と懐かれてるんだな、アンタ。俺には敵意剥き出しだったぞ、そのカラスくん。

(/遅ればせながら漸く絡ませていただきました…!
そしてお友達の烏くんに道案内をさせてもらいました^^まだ鴉くんの事には気付いていないと思われますがそのうち気付くやもしれません…←
まさか自分が標的にされてるだなんて微塵も思ってないアホとその本体ではありますが、改めてこれからよろしくお願いしますね!)


172: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/28(土) 02:14:57

>>163 ギザな王子様
(Saint-Julien-Pinot-Noir)

ま,そうね家柄とか別に如何でも良いのだけれど小突いた所を貴方の"王子様追っかけ隊"にでも見つかったら面倒臭いわ。でも貴方が来て丁度良かったわ,少し道に迷ってしまって。宜しければエスコートして頂けませんか?"素敵な王子様"
(想像しただけでも面倒,Julienの追っかけミーハー女子達には既に目を付けられてるんだから気を付けなくちゃ。小さく溜息を吐き言葉通り面倒気に空を仰ぐ。
彼,Julienは一国の王子である立場と,その教養の深さ,容姿から社交界の中では群を抜いて娘達に人気だ。だが女の嫉妬とは醜いもので彼と親しき仲である私は最近社交界では肩身が狭い思いをしているのも事実。
そんな状況で彼に手をあげている(?)所を目撃されれば間違いなく次のパーティで娘達の輪に入れなくなる。
でも良いのよ,追っかけ女子達の嫉妬なんて此の絶世の美少女である私への当てつけのようなものなのだから。心の中で憂さを晴らすように高笑いを決め込めば相手問いの返答を告げる。
勿論"素敵な王子様"なんて言葉は嫌味でしかないのだけれど。悪戯っぽく小さく笑って見せれば服の裾を摘んでお嬢様のそれらしく礼をしてみせる。金色の髪が揺れ再び相手を見据えて小首を傾げてみると思い付いたように言葉を発した)

ね,Julien此のまま賭け試合の観戦なんて放っておいて私と,そう,デート!!デートしましょうよ。私した事無かったのよね今まで。あ!勿論拒否権は認めないんだからねっ。

(/今後の展開はですね~。実はChloeさん,今19歳なんですが20歳になると政略結婚で,見ず知らずのおっさんと結婚させられるんですよ~!だから一度だけそれらしいデートしてみたいなあ、って思っての此の発言ですね(←)
デートの最中にでも政略結婚についてはJulien君には話すつもりです。もし宜しければ乗っかって下さると嬉しいです(でへでへ)。私もこの2人の絡みは何だかによによしちゃいます笑。
はっ!これはまさか..フラグ!?)


173: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/28(土) 07:26:09
>>154 潔癖の女怪盗(林 香麗)

扉の中の宝? ……さてね、そんなの自分が聞きたいんだけど。
(屋台で買った焼き菓子の入った袋を抱えて街中を歩いていると知り合いの情報屋と出会い、挨拶がてらに情報交換。
あの夫人は金払いが悪いだとか、あの男爵は騙しやすいだとか。主に仕事に必要な情報を交換し終わったところで、不意に問われた言葉に苦笑して見せる。
扉の向こうにあるものがお宝でも名誉でもない可能性。それはしかし、こんな所でぽろっと喋って良いものでもないだろう。
適当に話題の切り上げどころを探しているとふと視界の端でずるずるとしゃがみ込む人の姿が見え、その人物に思い当るところがあったのか簡単な挨拶を述べれば知り合いの元を離れて相手に歩み寄る。
相手の潔癖症については事前情報で知っていたので肩を叩く事も手を差し伸べる事もぜず、一口大の焼き菓子を一つ口に放り込めばやや離れた位置で同じようにしゃがみ込んで目線を合わせた。
それから相手の少し後ろにある細い路地を指差せば、やや入り組んではいるが公園まで繋がっていることを告げて、案内しようかとでも問いかけるように首を傾げて)
……大丈夫かい? ちょっと複雑だけど、そこの裏道を抜ければあんまり人の居ない公園に出られるよ。

(/初めまして、可愛らしい女怪盗さんに絡ませて頂きました!
迂闊に触れられなくて遠巻きにしてる変な人になってしまいました…orzて、手袋すれば触ってもいいですk←
怪しさ全開の情報屋ですが仲良くして頂けると嬉しいです(*´ω`*))


174: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/28(土) 07:28:10
>>155 眼球蒐集家のカラス(鴉)

あはは。うん、よく言われる。――"grin like a Cheshire cat"ってね。現にそう呼ぶ人も結構居るよ。
(どうやら即興の言葉遊びはお気に召さなかったようで、ある種チェシャ猫への風評被害にくすくすと笑って見せればいくつもある自分への呼び名を思い出す。
今でこそHumintと呼ばれているがあくまでそう名乗ると他の名前より通りがいいからいつの間にか使うようになっただけであり、別に本名でもなければ自分で考えた訳でもない。
今も昔も好きに呼んでくれて構わないというスタンスだからか、渾名を付ける顧客も多いのだ。
"チェシャ"や"チェシャ猫"、あるいは"黒猫"なんて呼ぶ人も居る。そう言えば猫と鴉って相性悪いよなぁ、なんて思えばこの関係も一種の必然のようで笑いが込み上げてきた。
首筋からひやりとした感触が離れ、研ぎ澄まされた銀の刃が氷に突き入れられたのを見れば一瞬浮かんだ鮮血が散るイメージにつ、と自身の首元を一撫で。
無論幻想ではあるが、明確な死のイメージが浮かぶぐらいには冷や冷やする状況でもあった。時として身体的優位を精神的優位が上回るように、逆もまた然りだ。
相手の理性に感謝しつつワザとらしくゆっくりと頷けば全く感情の籠らない声で怖かったとのたまい、グラスに残ったお酒を一気に煽ってけろりとした様子で注文をつけて)
うんうん、キミが聡明で助かるよ。いやー、怖かったぁ。……ところでお腹空いたから何か作ってよ、バーテンさん?

(/大丈夫だ問題nうわなにをするやめrrrr←
自己嫌悪万歳!これからもがんがんお世話していく所存であります(`・ω・´)←
鴉くんの殺人光線を独り占め!やったねヒューミット、死亡フラグだよ\(^o^)/←)


175: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/28(土) 07:38:44
>>160 ヘーゼルダインのお嬢様(Chloe=Hazeldine)

その思い切りの良さは評価するけど、最善とは言えないなぁ。……いいかい、大切なのは自分の置かれている状況を見誤らない事だ。
(ものすごい剣幕で拒否されるのは想定内。何も強制的に引き渡す訳ではないから相手を説得するのはそう難しい事ではないし、追手を差し向けないようにしてもらう算段もついていた。
しかし銃を取り出されたのは想定外で、相手の手がホルスターに伸びたのを見た瞬間に条件反射でダーツを抜き放つ。
投擲こそしなかったもののしっかりと照準した状態で見上げて来る冷めた瞳を見下ろせば、どこか酷薄な微笑を浮かべて忠告めいた言葉を口にした。
銃を向けていいのは撃たれる覚悟がある時だけ。そんな裏社会の共通認識を知ってか知らずか自分に銃口を向けた相手に、この子早死にしそう、などと物騒な事を思えば溜息を一つ。
いつの間にか手にしていたダーツは消えており、少し大人げなかったかなと困ったように人差し指で頬を掻けば丁度着信を告げるランプが光る。
空いた片手で相手の頭を再びぽんぽんと撫でれば安心させるように笑ってみせ、端末を耳に当ててつつ銃を降ろすようにジェスチャーをして)
まぁ、少し任せてって。――やぁ。久しぶりだね、ヘーゼルダイン卿。……うん、お嬢様でしょう? 今一緒だよ…………内緒。たまには自由に出かけたいってさ。
…………いやいやいや、違うって。そんな人聞きの悪い……むしろその逆。彼女の外出を認めてくれるなら、この前の話、受けてもいいよ。勿論誰かしら同行はさせる…………ね? 悪い話じゃないでしょ――。

(/まさかのお願い(物理)ですねクロエちゃんはんぱねぇ…|д゚) これからも是非我が道を行ってください!
とか言ってる傍から一瞬大人げなかった(*´▽`*)← そしてお父様との電話のせいで会話文が無駄に長い…orz
ヒューのイメージカラーはグレーですかね。一瞬透明と迷ったのですが、よく考えると透明は色じゃないので……どっちつかずな感じがそれっぽいかなぁと。あと身長が全く意図せず中間だったことに驚きを隠しきれません(´_ゝ`))


176: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/28(土) 07:41:02
>>161 モノクロの王子様(Saint-Julien=Pinot=Noir)

うん、正解。王子様に覚えててもらえるなんて、光栄だね。……いや、気にしなくていいよ。話はもう終わったから――ね?
(実際は本名でもなんでもないので正解も何もないが、呼ばれた通り名に一つ頷けば本気とも冗談ともとれる様子で笑う。
あの国王とは中々いい取引ができたっけ、と当時を回想していれば、襲撃者に視線を向ける相手に今度は首を横に振った。
これ以上言う事も無ければ聞く事も無い。先ほどの反応を見れば凶行に出る心配もなさそうで、言葉の最後で襲撃者を見遣ればにっこりと底の知れない笑顔を向けて首を傾げる。
下手に言葉を重ねるよりも効果的なことは実証済みだ。例え実際にやるとなったら面倒だと感じていて、正直どうでもいいかなと思っていようとも、情報屋の名前がそれを真実に変えてくれる。
極端な話、こいつならやりかねないと思わせれば勝ちなのだ。名前が売れて狙われる事が増えたのはいただけないが、この点は素直に良かったと思える。有名情報屋万歳。
暫し躊躇った後に去っていく背中に不吉な台詞を投げかけて、ばいばーいと呑気に手を振れば相手を振り返った。
先に手を出してきたのは男の方とはいえ、過剰防衛もいいところなやりとりはあまり人に――それも一国の王子に見せるものでもないだろう。
両手を合わせて謝罪の言葉を述べれば先ほど蹴り飛ばした空き缶を拾い上げ、近くのゴミ箱に放り込んで)
もし今回の失敗で組織を追われる事になったら、もう一度自分に会いにおいで。その時はお客さんとして迎えよう。……いやぁ、見苦しいところを。悪かったね。

(/腹黒同士仲良くできたらなぁ、なんて思います←
「性別不詳の情報屋」ってだけで特定できちゃいますからね、この子(´-ω-`)そりゃ名前も曖昧になるわ…
多分からかってる感じが伝わっちゃったのでスルーされたんだと思います(笑)王子様の実力は知ってるので本気で心配はしてない的な…←)


177: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/28(土) 07:42:26
>>169 お人好しのパフォーマー

随分と雑なナンパがあったものだねぇ。……どうぞ、好きな方で良いよ。ストーカーの怪盗さん?
(取引相手と話をしていた時から視線は感じていたが、まさか後をつけてきていたのが怪盗その人だとは思っていなかった。
故に呼びかけに振り返った時にこのゲームが始まったきっかけとも呼べる人物が居た事には顔に出さないまでも驚いたし、覗き見していたことを明かすような台詞には呆れたような何とも言えないような表情でグラスの酒を煽る。
お嬢様の話し相手らしい怪盗。頼まれて色々と調べた事はあったが、こうして直接話すのは初めてだ。
問いかけにどうぞと手で隣の椅子を指し示し、自分の性別を決めかねている様子に悪戯っぽくクスリと笑えば選択権を相手に放り投げた。この際だから、相手が選んだ方で演じてみようか。
頬杖をついて相手の方を見つめればふと相手の暗殺を請け負っている人物の事を思い出し、主催者に怒られない程度に引っ掻き回すのもいいかな、などと考えては口の端に笑みを浮かべる。
そう簡単に死なれては面白くない。復讐劇は派手であればあるほど好ましいし、相手自身もまたある意味では復讐者だ。
マスターに二杯目の酒を注文すれば、やや姿勢を正して懐から端末のアドレスと番号だけが書かれた紙を取り出しては差し出し)
こうやって直接話すのは初めてだね。……はじめまして、自分は情報屋。好きに呼んでくれていいけれど、Humintっていうのが一番通りはいいかな。よろしくね。

(/初めまして、絡み感謝です!
ストーカーさんとか言っちゃってますが、ぶっちゃけ色々調べてるヒューの方がストーカーっぽい事に気付いて戦慄しております(/ω\)お、お仕事だかr←
ヒューの方は何度も遠巻きにしているので全く初対面って気がしてない感じです(笑)実は調査の過程で変装して一度会ってるとかだと面白いなぁ、とか…←
此方こそ胡散臭い情報屋ですが宜しくお願い致します!)


178: Humint(情報屋) (CRaxoB3keg)☆2015/03/28(土) 07:44:05
(/ぎゃーす!>>177にお名前が抜けてました!
Gray=Keighleyさん宛てです、無駄レス失礼致しましたm(__)m)


179: (xhJb9V1DV.)☆2015/03/28(土) 11:54:20
" PF "

「“本日、星の光が輝く夜の下あなたの大切な物を貰いに行きます 怪盗Fiore”、ーー逃げんなよ?」

「戻らねーよ、あんな家。俺がいなくても代わりはいる。大体、子供一人いなくなっても捜さないような人だぜ?その程度の存在だってことだ」

「なぁなぁっ、手品見てみたいか?新作一つ出来たんだよ!これをこうして……そこのポケットを確認してみ。ホラ!ブハーーーッ!!!ビックリしてやんの!ドッキリでしたぁーっ!!」

名前:James=Williams(ジェームス=ウィリアムズ)
性別:男
年齢:22歳
性格:日頃は落ち着いてるが、感情に任せて単独行動をとることが多い。例えば誰かと一緒にいても、その人が席を外して戻ってきたら何時の間にか姿を消している。
そして帰ってくる時は大抵、何事も無かったかのようしれっとした態度でいる。ある出来事から屈折しており身勝手な人に嫌悪感を抱き、喋る度に皮肉混じりの言葉を言う。
あまり自分から過去や身分を話すことを好んでなく聞かれたら教えるけど、最小限しか教えない。
稀に聞かれる内容によって出鱈目(でたらめ)を言い出すが、強く問い詰めると本当のことを零すなど案外攻めに弱い。
こういう所もあって基本的に誰に対して(特定の人物には憎しみを持ちながら)もフラ ンクに接する。時に手品を見せる振りをしつつ相手のポケットにこっそりカエルを忍ばせ反応を見ては大いに喜ぶ、少々子供っぽい面も。
また、今まで恋愛に関して経験がなかったのでデリ カシーのない発言をしては相手を怒らせる。
容姿:ブラウン色の髪にミディアムヘア。襟足は首の中間まで。毛先をふんわりとさせて全体的に柔らかい印象。前髪の長さは頬くらいあり、真ん中に分けて左の前髪を耳に掛けている。
つり目の瞳は母親譲りの澄んだ青色。身長175cmで健康的な肌色。屋敷を出て以来、毎日鍛えていて筋肉質な体格が出来ている。


180: (xhJb9V1DV.)☆2015/03/28(土) 12:14:32
服装は怪盗の時も一貫して、黒いノースリーブにオレンジ色のフード(+鈍色ジッパー)付きロングコート。カーキ色のスキニーチノパンツ、腰に剣を装着する為の茶色のフロッグ付きダブルラップベルト、
加え同色で銃用のパドル・ホルスターをベルトに挟み込んでて焦げ茶のエンジニアブーツを履いてる。右手首に母の形見のターコイズのラップブレスを装着。
戦闘:武器はデザートイーグル(IMIデザートイーグル.50AE)、剣(カットラス)を使って戦う。メインは銃だが弾が無くなった時は剣を用いり剣術に特化している分、柔軟性のある接近戦闘が得意。
ただ偶に必要以上に前に出てしまう事があり、油断して隙が出る。後は手品で相手に目眩ましをしたい状況は複数の白い鳩を出す。
用途は色々あるが、必ずしも同じパターンが通用するとは限らない。
備考:一人称は「俺」、二人称は「お前、あんた、てめえ、〜くん(ちゃん)、〜さん、〜様」等。
親しい者や同職の者は敬語を使わないが、初めて会った見知らぬ者には声色を変えて敬語を使って喋る。
通称「Jim(ジム)」。盗賊団の団長を「兄弟」と呼び、幼馴染は「相棒(または愛称)」と呼ぶ。怪盗時は名前を変え「Fiore(フィオーレ)」と名乗る。
先進国の名門貴族。家族構成は騎士団団長の父と義理の母、兄2人に姉1人。幼少の頃から礼儀作法を学んでき運動神経がいい為、兄姉の中でも剣術の腕がずば抜けていたが、
勉学面が今一だったので周囲に冷ややかな目で見られて育ってきた。それ故に3人に執拗な嫌がらせを受け、父は見向きもしないで兄姉ばかり可愛がっていた。


181: (xhJb9V1DV.)☆2015/03/28(土) 12:16:47
だが、亡き母だけは兄姉と接し方は変わらな
いけれど誰よりも可愛がってくれた。しか
し、15歳の誕生日に母がプレゼントを取りに
自室に入った直後、窓から何者かが侵入し殺
害された。
駆け付けた時には遅く、瞳がない事に"狂気な
怪盗"の仕業と直感して、父親に犯人の捜索を
求めるが冷たくあしらわれ、それだけではな
く母が亡くなった直ぐに再婚し、兄姉も「自
業自得だ」などと聞く気もなくて、あまりの
非情さに失望した。
以来、荷物を纏め屋敷を飛び出して、自ら怪
盗になり"狂気な怪盗"の行方を追う。見付けた
際は命をも賭す覚悟をし、どんば手を使って
でも瞳と命を奪う。
怪盗になってる間は泊まる宿がない日に決ま
って"盗賊団の団長"の所に入り浸ってる。
James自身、団長の人間性が好きでよく仕事
業や個人の事で相談したり、
世話になってるお礼に料理を作ってあげたり
など、もう1人の「家族」だと思ってる。だか
ら相手が悩んでる時は力になりたいと心の底
で抱いている。
もう1人の理解者である幼馴染は、Jamesが貴
族の時に堅苦しい屋敷から抜け出し塀を乗り
越えて飽きるほど遊びに行ってて楽しい思い
出が一杯あったが、
あの事件が起きて「大切な人」だからこそ巻
き込みたくない思いが強かったのか、屋敷を
出て行く時は何も知らせないで去った。
けれど、その当時の事はJames自体、引きず
ってるようで今度会ったら謝罪ぐらいはして
おこう、と考えている。
募集:(/特に無しですが、こんな関係どうでし
ょうか?等が御座いましたら喜んでお受け致
します!)

>>168 主様
(/いえいえ!私の我儘をお聞き頂いてありがと
うございます。やっとNGワードが解決しまし
たのでPFを投下致します…!どうやら「フラ
ンク」と「デリ カシー」が引っ掛かっていた
ようで……;
本当に再三に渡って、お手間を取らせてしま
い申し訳御座いませんでした。
後、>>167のトリップが間違えてましたので
元の方に戻させて頂きました;;;とても子供っ
ぽい奴が出来上がりましたが、不備等があり
ましたらご指摘宜しくお願い致します。
無駄レス&連投失礼しました。)


182: (C7/C1VxgKE)☆2015/03/28(土) 12:30:23

>>179-181

(/いえいえ、提出しにくい状況にも関わらず投下して頂けて凄く嬉しいです。もう、PF見た瞬間から「可愛い、ちょっと子供っぽくてお馬鹿そうだけど、絶対頭の回転とか早いタイプなんだ、
可愛い、素敵(※個人的な見解)」と頭の中でループしておりました(ぐふふ)勿論PFには不備等がありませんので御自由なタイミングで参加して下さいっ。Chloeとは直接関わりは無いですがJames君の幼馴染であるJulien君とはChloeが仲良し設定なのでそこを通して仲良くなれればなあ、なんて思っております!。
多分、社交界とかで実際話した事はないけど昔見かけた気がするなあ、ってChloeは思ってると思います~。此方は我儘なお嬢様娘ですが是非仲良くして頂けると幸いです。では本編で会いましょうっノ")


183: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/29(日) 01:01:08
>>118 白銀の王子様 ( Saint-Julien=Pinot=Noir )

…っ、やれやれ…今日は厄日だな…、痛っ…まだヒリヒリするし…
(島内にある拠点を離れ、夜の散歩にでも出掛けようかと暗い路地裏を歩いていると、前方に見えたのは辺りをきょろきょろと見渡す一人の女性の姿。観光客が道にでも迷ったのか。
この辺りは観光地の中でもあまり治安がよろしくない場所で、こんな時間に女性が一人で出歩くには少々物騒な所だ。
此処は俺が一肌脱いで人が多い安全な場所まで連れて行ってあげよう、と後ろからその女性へと声を掛ける。
すると返って来たのは感謝の言葉…ではなく、耳をキーンと貫くような悲鳴と盛大な平手打ち。静寂な夜の中にパァンと乾いたいい音が鳴り響いた。どうやら俺を痴漢か何かと勘違いしたらしい。
平手打ちなんて喰らったの何年振りだろう、なんて思いながら壁に寄りかかれば、叩かれた右頬をそっと撫でる。俺を引っ叩いた女性はというと…いつの間にか居なくなっていた。
嗚呼、もう今日は帰ろうかな、と溜息を吐くと、視界の端に入って来たのはこの深い闇に映える、眩しいくらいの白。
如何にも貴族、というようなその出で立ちの彼にひらりと手を振れば、先程の自分の体験談を踏まえつつ声を掛けてみた。)
こんばんは、お兄さん。夜道の一人歩きは危険だよ、人の事言える立場じゃねーけどさ。

(/はじめまして!素敵な腹黒王子様に絡ませていただきました!
初っ端から思いっきりマヌケ面を晒しているとある大怪盗()ですノ 指差して盛大に笑ってやってください←
一応Julienくんの事はChloeちゃんから聞いているのである程度の事は知っている感じです、今は気付いていませんが…
こんなマヌケとその本体ですが、これからよろしくお願いしますね^^)


184: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/29(日) 01:04:16
>>142 馴染みの深い先輩 ( Ellie )

(この悪趣味なゲームが始まってから早数日。情報集め兼暇つぶしとして紛れ込んだこの清掃員の仕事も何だかだいぶ様になって来たような気がする。
本題のゲームについてだが、特にこれといった進展もなく。今日もいつも通り観光客が汚していった街を綺麗にして、適当に街の中を散策する。他の参加者たちは今頃何をしているのだろうか、今の所全く動向が掴めていない。
こう退屈な日々が続くと自分がゲームの参加者であるという事をついつい忘れがちになってしまう。現に今もこうやって木陰で寝転がって惰眠を貪ろうとしているのだから。
大きな欠伸を零してその場でごろりと一回寝返りを打てば、心地よい風と暖かな日差しにしばし微睡む。
嗚呼、今日は絶好の昼寝日和だな、と今にも落ちてしまいそうな瞳が捉えたのは、こちらへと歩いてくる一人の女性の姿。
何処かで見覚えのある薄水色のワンピースに、聞き覚えのある退屈そうなその呟きが耳に入ってくれば、落ちかけていた意識を無理矢理覚醒させるように上半身だけ起き上らせ軽く手を振っては声を掛けた)
…漸く知り合いに会えたよ。こんにちは、Ellieさん。…あーっと…退屈ならデートにでもいきます?

(/はじめまして、遅ればせながら絡ませていただきました!
こ、こんな素敵なお姉様が先輩でいいのだろうかと凄くドキドキしております…(*‘∀‘)
大分おねむのGrayが調子に乗ってデートなんて言ってますが適当にあしらってやってください^^
こんな後輩怪盗と本体ではありますが、これからよろしくお願いいたしますねノ)


185: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/29(日) 01:06:42
>>154 元相棒 ( 林 香麗 )

よう、久しぶり。…酷い顔だな、大丈夫か?
(貴族の会食というものはどうしてこうも堅苦しいのだろう。唯一興味が湧いた話題と言えば、扉の向こうにあるお宝の話ぐらいで…それ以外の殆どはくだらない事ばかり。
退屈な話にも飽きてしまい集団の中から抜け出して来れば、息が詰まりそうな雰囲気に首元のネクタイを緩めてふぅ、と一息。
何かこのゲームの情報でも聞けたら、と思って貴族の中に態々礼装までして潜り込んだというのに、とんだ無駄足だった。やっぱりこういう場所は俺には不向きだと改めて実感する。
気晴らしに何処かのバーにでも入ろうかと歩き出せば、ふと視線の先に居た見覚えのある女性の姿にパチパチと数回瞬きをする。
側へと近付いて改めて顔を確認してみると、やはり思った通りの人物…香麗がその場にしゃがみ込んでいた。チームを組んでいた時と容姿が全く変わらないから直ぐに分かった。こんなこと言ったら思い切りど突かれそうだが。
とりあえず再会の挨拶をしてみるが、どうも顔色が良くない様子。先ずは此処から離れた方が良いだろうと相手と目線を合わせるようにしゃがみ込めば、手を差し伸べて)
積もる話もあるんだが…とりあえず移動しようか、此処じゃお前さんには辛いだろう?

(/はじめまして!早速絡ませていただきましたノ
設定上、香麗ちゃんとは前にチームを組んでいたという事なので渾名とか勝手に『相棒』とかにしちゃっていますが大丈夫でしょうか…?;;
Gray的に香麗ちゃんは放って置けない二人目の妹的な存在だと勝手に思ってまs(ry
こんなキャラと本体ですが、これからよろしくお願いしますね^^)


186: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/03/29(日) 01:11:31
>>159 クロエ ( Chloe=Hazeldine )

へー、そうかい。それはそれは…失礼いたしマシタ。
(うわー、分かりやすい。と、期待を裏切らない予想通りの反応を見せてくれた彼女の姿に笑いを堪える様にぷるぷると身体を震わせながら思わず口許を弛ませると、一先ず謝罪の言葉を投げる。本当、相変わらず素直じゃない。
暫く会っていなかったから今頃どうしているのだろうかと少し気になっていたのだが、元気そうで良かったと思えば自然と柔らかい笑みが零れた。
まるでビシッ!という効果音でも付きそうなくらい勢いよく指を差された方向は、彼女が行きたいという中心街とは真逆の方向で。…いや、というかそもそもこの場所自体中心街とは程遠い場所なのだが。まぁ黙っておこう。
この方向から中心街へと行くには随分と遠回りになってしまうが、彼女が"こっち"だと言ったんだ。ここは彼女の意見を尊重してこの道から中心街を目指すことにしよう。
折角こうやって外で出会えたことだし、どうせなら寄り道して色んな場所に連れて行ってやりたい。それに今頃血眼になって彼女の事を探しているであろう黒服共を巻く為にも敢えて遠回りした方が都合がいいだろう。
そう思えば自分の横を通り過ぎようとする彼女を制止するように声を掛け、隣を並んで歩くように見せかけてさりげなく一歩先に進み彼女をエスコートすることにした)
あ、ちょっと待ってよ!俺も中心街に用があるんだ、お嬢ちゃんが良ければ一緒にどうかな?ほら、旅は道連れって言うだろ?

(/いえいえ寧ろ高飛車でこそお嬢様ですよ^^勿論止めますとも!そしてさりげなーくデートなんかにも誘ってみましたエへへ(*ノωノ)←
わざわざ会いに迷子になってまで探し回ってくれてるChloeちゃんに本体はもうキュンキュンです…、ああもうGrayそこ変われ!!
Grayのイメージカラーはやっぱ赤とかですかね。うちの子背比べ3番目なんですね!Chloeちゃんとは18cm差だー(=゚ω゚)ノ)


187: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/29(日) 02:21:58

>>186 赤髪の男(Gray=Keighley)

..ッ,仕方ないわね,貴方がどうしてもって言うなら連れて行ってあげない事もないわよ?ほら,早く来なさいよね(我ながら素直ではないと思うし可愛気が無い事も自覚している。
心の中では中心街の方向等,当然のように理解していなく,どうしようかと思っていた所だ。恐らく彼は察して同行を名乗り出てくれたのだろう,唇から感謝の言葉を零そうとするが出てきたのは棘だらけの言葉ばかりだった。
ふんっと付け足したようにそっぽを向けば直後に襲ってくる自己嫌悪。嗚呼,私は何で何時も何時も素直に言葉を発せられないのだろうか,でも仕方ないじゃない元はと言えば此の人が自分で同行したいって名乗り出たんだし
私は悪く..駄目よ駄目!此れじゃ何時もと同じだわ,どんな形とはいえ気を使って貰った事ぐらい私にも解っている。
御礼の一つや二つは一人の人間として,きちんとするべきよね,そうよ。私は意を決したように彼を見上げるも直ぐに視線を逸らす。な,何!?御礼一つや言うのに私ってば何を緊張してるの..?
しっかりしなさいChloe!。そう心で呟けばチラリと前に立つ彼を横目にすれば照れ隠しのように髪を弄りながら小さな声でぽつりと感謝の言葉を呟いた)

...本当は少し困ってたの。えっと,その..有難う。

(/あ"あ"さり気ないフォローと紳士的な対応..(胸きゅんっ)本当,勝手な主の妄想設定としてはChloeの初恋相手はGrayさんなんじゃないかなあ,って!!
幼い頃から好きで自覚したのが16歳とか17歳の多感な時期。きっと自分の知らない世界に連れてってくれるGrayさんに惹かれたんでしょうね..でも同時に自覚した途端,Grayさんは手の届かない人なんだって勝手に諦めちゃった,って過去があって(Grayさんに察されてるかどうかは謎ですが;;)
そこから兄妹のような関係,って事に自分の中でも消化してるんだと思います。そう考えたら此の二人には「君の知らない物語」って曲が凄く合うなあ,って妄想してました←。
ある日窓辺に何時ものように来たGrayさんがChloeに「星を見に行こう」って誘う、的な。勿論都合が悪かったなら設定跳ね除けて下さって大丈夫です;;)


188: Chloe=Hazeldine(宝石商の娘)/主 (C7/C1VxgKE)☆2015/03/29(日) 02:44:47

>>175 気になる情報屋サン (Humint)

!!..そう,忠告どうも。そうね,今のは私も悪かったわ,気を悪くしないで..ッて,何度も撫でないでって言ってるでしょ馬鹿ッ!!
(何が起きたのか解らなかった。気が付いた時には目の前のHumintは何時ものHumintでは無くなり唯冷たい視線で私を見据えてる"誰か"に変わり片手に握られたダーツが月明かりに反射し美しく輝いていた。
感じたのは少しの恐怖,その瞬間に吹いた隙間風は私にはひどく冷たく感じた。はっ,と我に帰れば銃をホルダーへと収め叱られた子供の様に視線を落とし謝罪の言葉を零すも又しても行われる彼の自分に対する"年下扱い"である頭を撫でる,という行為に喚いた事は言うまでもない。
全ての事を順調に進めようと私のパパへと交渉を進める彼を暫く見つめていると,何だかんだ言っても敵わない歳上なんだと思わせられた。ったく,それにしてもパパもパパで何時まで渋るつもりなの,Humintが一緒なんだから早々に電話を切って欲しい所だ。
徐々に自身の我慢メーターが頂点に達しそうになった時私はHumintの服の裾ををくいっと引っ張れば彼の手にある携帯に向かい怒りを込めた調子で五月蝿いパパへと言葉を吐く)

もうっ!パパってば本当に何時も何時も五月蝿いのよっ!!Humintが一緒だっていってるでしょ!?。ー此の条件でも飲んでくれないってなら私,パパの事嫌いになるんだからねっ!

(/本気モードのHumintさん格好良すぎませんか..(勝てる気がしない)嗚呼,Humintさんのイメージカラーがグレイって事は凄く分かります..曖昧って意味でもそうですし,白と黒の面も持ち合わせてそうだなあって!。
Chloeはショッキングピンクですかね~,淡いピンクとかではなく発色の良い感じの(笑)Humintさんとの絡みは何だかとっても和みますね(´`*)
何だか,どんどんHumintさんが保護者に見えてきたような..←。)


189: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/29(日) 22:10:10
>>142何処かあやしい女性(Ellie)
…すいません。これ、落としませんでしたか?
(平和な日。それが今日を表すのにぴったりだと思う。そんな日だからこそ、自分はただただ退屈だった。
他の怪盗との接触はまだ叶わず、このまま何も無いままに三ヶ月を過ごすと言う未来さえ想像出来てしまって寒気がする程。
気だるい体を動かして、街の通りを歩く。暇つぶしに買い物でもしようと思ったのだ。人の通りはそれなりにあって、何人かに追い越されて、何人かとすれ違った。
しかし、ある人物とすれ違った時、ふと違和感を感じた。違和感、と言っても些細な物で、別に何かをされた訳では無い。
だけど、何だかこう…ざわっとしたのだ。背中とか、首筋とかを冷たい手で撫でられたような変な感覚。
これは、話しかける価値があるかも知れない。ポケットから取り出したのは自分のハンカチ。真っ白で男にも女にも使えるそれを拡げると、振り返って先程すれ違った、薄水色のワンピースの女性を追いかける。その肩を叩くと、ハンカチを見せながら声を掛けた。)

(/絡ませて頂きました!眼球コレクターこと狂った怪盗の鴉です!
一緒にお買い物をー…とまでは行きませんが、とりあえず話しかける事にした様です。
これ紛うことなきナンパですね。しかも自分のハンカチ使ってる分タチの悪い(´・ω・`)
一応怪盗さんの中でも嫌われものな立ち位置の鴉ですが、本体とは仲良くして頂けると嬉しいです…!宜しくお願いいたします。)


190: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/29(日) 22:12:06
>>154酔ってる風な女の人(林 香麗)
…あの、大丈夫ですか?
(バーテンダーの服装と言うのは割ときっちりしている物だ。だからこういう場に居てもあまり違和感が無いのが良い所だと思う。
下手に挙動不信にせずに、誰か金持ちのツレに連れてこられましたと言う顔をしていれば特に気にもされず、ただ人混みに視線を向けて気配を探る。
他の怪盗を探すとは言え、こんな木偶の坊か豚しか居ないと言っても過言では無い場所。自分は好きでは無いし、正直帰りたかった。
自分がそうしてるように他の怪盗だって普通に街を闊歩して居るのだろう。ここじゃなくてもいいんじゃないか、よし帰ろう。本当に帰ろう。
そんないい加減とも言える思考の下、出口に向かおうと踵を返した時、だった。ちょうど向いた視線の先で、一人の女性が座り込んだ。
こういう場だ。酔っただけの様な、なんでも無い光景。しかし、何故か違和感を覚えた。
言い表す事が出来ない様な、ほんの僅かなもの。ただの勘。だけどされど勘、と言う奴だ。
気の所為であってもまぁ、その時はその時でいいだろう。探るだけ探ってみるか、と相手に近寄ると、気遣う様に声を掛けた。)


(/絡ませて頂きます!眼球コレクターな変態怪盗野郎です!
折角の可愛い怪盗さん!で同じルーキー怪盗!ですが当方のキャラ的に仲良くは、到底出来そうもないなと言う事実に少しだけ頭を抱えています。くそぅっ…
せめて…!せめて本体とは、仲良くして頂けると嬉しいです…。)


191: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/29(日) 22:14:44
>>162運の悪い男(Saint-Julian=Pinot=Noir)
…こんばんは?これを見て逃げもしないって事は一般人では無いですね。…何者ですか?
(人の気配に視線を向ければそこに居たのは上等そうな服を着た青年の姿。全体的に白い彼に、自分と正反対。しかし何処か似ている様な、不思議な印象を覚えた。
何でも無いような顔をして、こんばんは、なんて挨拶をしてくる相手。それだけで充分普通の人間…少なくともそこら辺の貴族やボンボンでは無い事が解る。
何せ自分の目の前には血塗れの死体があるという状況。返り血はそこまで浴びてないけど、自分の頬には先程の付いた血。
どう見たって今の自分は殺人犯で、今、殺人的な意味で噂の怪盗の一人だ。それを前に落ち着いて居られるのは、はたしてどんな人間だろうか。
警察の類では無い。しかし軍人とも言いきれない。自分からは判断しきれない相手だ、と判断すると、一旦それに対して考えるのは止めておいた。
まぁこの状況で解るのだろうが眼球コレクター、なんてこちらを表す辺り、素性を隠す必要も無さそうだ。少しだけ気分が楽になる。
こんばんは、と挨拶を返すと、こてんと首を傾げて相手の素性を問うた。)

(/暗闇に白い衣装…王子様ですか…!?あ、王子様だった…(´゚ω゚`)
いや…ホントにただの路地裏の筈なトコをサスペンスにしてしまって申し訳ないです…土曜ワ○ド劇場かな?((
こちらは何だか妙な親近感を感じているらしいです…。とんだ迷惑ですね、申し訳ない…!! キャラが仲良くなれなくてもその分本体さんとは仲良くしましょう…((震え声 )


192: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/29(日) 22:15:21
>>166綺麗な目のお嬢さん(Chloe=Hazeldine)
あの胸糞悪い猫野郎と知り合いにしないで下さい。ただの天敵です。
(あまり感情を顔に出さないように、そう思っていたのだけどどうしてもHumintの事になると上手くいかないらしい。
ふー、と深くため息を吐いて出来るだけあの目を思い出さないよう、思考から追い出そうとする。
しかし先程の復讐だとばかりに得意げな表情で知り合い、なんて聞き捨てならない言葉を出す相手にはしっかりと訂正をしておく。
あいつとは知り合いにもなりたくない。時々ふらりもやって来て自分のペースを散々乱して帰っていく、ただの天敵で充分だ、と。
相手はさっきと同じ得意げな表情で自分の正体を指摘してきた。それが当てずっぽうでない事位は、相手の表情と性質から判断できた。
ただ、特に自分は焦りも何もしない。感情も感動も見せずにただ淡々と疑問に思ったから聞きましたと言う様に、自分が怪盗だと言うその根拠を問うた。
その答えに寄って正体を明かすか誤魔化すかを決めるのだ。誤魔化す口実はあると言えばある訳だし。
ただ、少しだけ、その口元には楽しげにも見える笑みを浮かべて。)
……その根拠は?


(/いえいえこちらこそいつもいつも偉そうな奴で申し訳ないです…!!こんなのとの絡みを楽しんでくれてるなら有り難き幸せですぅうううう!!((吐血
こう、アレですね。一歩間違えば戦闘が始まるようなギリギリな感じですかね?そりゃあ虎視眈々と狙っておりますから…ふふふ…(ΦωΦ)
wktkですねぇ…でも本体の考えてる言い訳が使えそうなら誤魔化しに掛かりますぜ…_( ´ ω `_)⌒)_)


193: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/29(日) 22:16:02
>>171何処かあやしい男(Gray=Keighley)
…あぁ、すいません、こいつ、人見知りなんですよ。
(不意に掛けられた声に烏に向けていた笑みを引っ込めてそちらを向く。烏もそれを察知して、ばさばさと塀から自分の肩に乗ってくる。
夕暮れ時の薄暗さに加え、路地の中、眼鏡の硝子一枚を通して見る人物の顔は、よく見えない。
けれどその言葉はしっかりと聞こえた。どうやら、烏が連れてきたお客様の様だ。
警戒した様にその人物を見る烏をチラリと横目で確認して落ち着かせる様に烏を撫でつつ、口元に僅かに苦笑いを浮かべて相手に言葉を掛ける。
勿論この烏は人見知りではあるけれど、ただではこんなに警戒はしない。動物的勘と言うものか、割と自分に害を為すとした人物には警戒心をむき出しにする傾向にある。
つまりはまぁ、自分も相手に、表面は兎も角、警戒は解かない様にしておく。
とんとんと肩を移動して、それでも潰れてない片眼を相手にに向けて、いつもより数段低い かぁ、と言う鳴き声。これは相当警戒してるらしい。
くっくと自分の喉から可笑しそうに笑みが漏れる。この様子だと、きっと相手に慣れる事は無いだろう。それどころか次に会ったときに攻撃でもしかねない。
後からどうのと文句を言われるのもアレなので、先にと相手に、忠告しておく事にした。)
まぁ、今後見かけても手を出さないのをお勧めします。この様子だと目ぇ抉られかね無いので。

(/絡みありがとうございます!!とうとうこの絡みが来たか…!!とwktkしております本体です。
こちらもgrayさんの正体には気付いてません。烏の方は気付いてたり、するかも知れませんが…何せ烏なのでね…_( ´ ω `_)⌒)_
こちらも絶好のチャンス!と言うのに気付いてない馬鹿と変態な本体ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。)


194: 鴉【とある狂気な怪盗】 (1BI/xY4yNc)☆2015/03/29(日) 22:16:37
>>174気に食わない情報屋(Humint)
…この間、どっかの国のお役人を失脚させたとか言う黒猫=cまさかあれもあんたですか?本当に何処にでも居ますねこの野郎。
(チェシャ猫の様だと告げてやれば良く言われる、なんて全く気にしてない風な言葉が返ってくる。多分、自分は一生こいつに言葉で勝つ事なんて出来ないのだろう。
小さくため息を1つ吐いて、そこで1つ、ここに来る途中に聞いた話を思い出す。どっかの情報屋が国の重要な、割と信用されてた人間を堕とした、なんて噂話。
答えを聞く前に相手の事かと理解すれば、1つ、また深いため息を吐いた。
そうしてる間にもわざとらしい相手の言葉が聞こえて、もう反応するだけ無駄な気がして目を伏せ、疲れたように言い返す。
先程自分が砕いてしまった氷とアイスピックを取り、また仕事に戻ろうと思ったその時、相手からこの店の店員としての仕事が与えられた。
わざわざ今の職業で言う辺りにイラッとして、こちらもカタコトで返してやった。
まぁ、仮とは言え仕事は仕事。しっかりするか、と気分を何とか切り替えて、適当にある食材を準備しながら、何なら酒に合ったものにするか、と声を掛けた。)
聡明っつーか精神攻撃で無理矢理ねじ伏せたようなモンでしょう。……カシコマリマシタ?お客様。…お酒の方も作ります?

(/フラグ回収お疲れ様です…(-人-)合掌
わーい!なんなら一生付きまとって面倒見てやってください主に本体が喜びます←
しかし恐らくこっちの死亡フラグは回収されないのでしょう…なんか鴉はヒュー君より早く死にそう()ですし…_( ´ ω `_)⌒)_)


195: Saint-Julien=Pinot=Noir (とある国の王子) (qqkjIazays)☆2015/04/05(日) 19:13:28
(/レスが遅れ気味ですみません; 一先ず頂いたレスへの返しを優先した上で、出来上がった分のみを投下させて頂きますorz )


>>172 御転婆なお嬢様 ( Chloe=Hazeldine )

勿論良いとも、その為に来たようなものだしね。――あの子達のことも僕が何とかしといてあげる。
( “ 王子様追っかけ隊 “ なんて称された自身のファン達を脳裏に浮かべてはくすりと笑み、隠そうともせず仕草と言葉で面倒と主張する相手の様子にそれを更に深めつつ冒頭述べ。
ただでさえ爪弾きにされ易くある現状、共に出歩いている様など目撃されれば状況の悪化は火を見るより明らかだが、其処は取り巻き達が火種を育てないよう宥めてやれば良い訳で。当然ながらその役割を担うのは ( 恐らく ) 唯一の鎮静剤たる己。
後に彼女等の中で順番争いが勃発する事になるだろうが、毎度きっちり順位を決め一人、ないしは二人で代わる代わるに逢引を乞う律義さは嫌いじゃない。
そんなこんなで「何とかする」と軽く言い切った後、デートという単語にぱちりと紅い瞳を瞬かせ。
まさか相手の方からこんな申し出をしてくるとは、と少し驚いた様子で視線を返す。…が、後に続いた彼女らしい言葉にふ、と表情を綻ばせた。拒否は認めない…つまり ” Yes “ or “ はい “ の返答を求めている訳で、 恭しく応えながらも軽く身を屈めてはそっと手を伸ばし、黒い手袋に覆われた掌でぽん、と頭部に触れて )

はいはい、私の答えは勿論Yes …喜んでお受けしますよ、美しいMademoiselle ――いえ、我儘なMy princesse ?

(/富裕層ではよくある(?)政略結婚の悲劇ですね、解ります←
かくいうJulienも第二とはいえ王子様なので普通に許婚いるでしょうし、寧ろ既に結婚してても可笑しくないという…。(爆)
でもデートという美味しい機会を逃す筈もなく三倍増しのキザ男と化してすみません((
因みに最後は所謂「頭ぽん」です。撫でてます。←←
イメージカラーの件ですが、やっぱり白ですかねー。怖い程真っ白…でも一皮剥くと赤黒い感じn ( 意味不明 …まぁ表面は意地でも白で!(笑) )


196: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/04/06(月) 00:16:23
>>177 読めない情報屋さん ( Humint )

ストーカーとは人聞きが悪いなぁ…、変に広めないでくれよ?ファンが減っちゃうから。
(どうぞ、と指し示された相手の隣の椅子へと座れば、とりあえずマスターに酒を注文する。
結構上手く隠れていたつもりではあったのだが、どうやら相手は自分の存在に気付いていたらしい。流石は情報屋と云ったところか。
しかし『ストーカー』という言葉は個人的にちょっと聞き捨てならないなぁ、と嘆息すると少し困ったように眉を顰めて笑いながら、変な噂を広めないよう相手に念押しする。素直に聞き入れてくれるかどうかはちょっと微妙な所ではあるが。
差し出された紙を受け取って簡単に目を通すと、チラリと相手の方に視線を向ける。性別については未だに決めかねているが、此処は自分の第一印象を信じて一先ず"男性"という事にしておこう。
そう決め込んで、受け取った紙を二つ折りにして後ろポケットへとしまうと、敬称をやや強調しながら軽く挨拶を交わす。次会ったときは「ちゃん」付けで呼んでやろうか。
次いでこちらも自己紹介をしようと口を開き掛けたが、偽名を名乗ったところで相手には何も意味がない事に気が付くと、目の前に出てきたグラスの縁を指で撫でつつ小首を傾げて)
じゃあ…お兄さんで、よろしくね、Humintくん。俺は…まぁ、自己紹介するまでもないか。どーせ知ってるんでしょ?

(/お、お仕事なら仕方がないね…(´・ω・`)←
Grayは仕事の時以外は緊張感というか、警戒心が無さすぎるのできっと完全初対面だと思ってると思います。そのうち「あー、あの時の!」とかって気付く時が来るんですかね(笑)
あれ…Grayさん…「もしかして:アホ」←)


197: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/04/06(月) 00:18:16
>>187 クロエ ( Chloe=Hazeldine )

ん、どういたしまして。
(元より彼女の御礼は期待していなかった。彼女から見た今の自分はあの怪盗さんではなく、ただの見ず知らずの男。だから、まさか『ありがとう』なんて言葉が彼女の口から出てくるとは思わず、純粋に驚いて目を丸くする。
先程からやたらと何かを言いたそうに此方をチラチラと見上げてくるものだからどうしたのだろうかと思っていたが…成る程、御礼を言いたかったのか。
一昔前の彼女ならそりゃあもう、これでもか!というほど、棘のある言葉を浴びせて終わりだったというのに。随分と成長したものだなとクスリと笑みを澪して言葉を返せば、「よくできました」という様に無意識にぽん、と軽く彼女の頭をひと撫でする。
つい何時もの調子で普通に頭を撫でてしまったが、よく考えてみたら知らない人間にいきなりこんな事をされたら不快に思うのではないだろうか、と後から気が付いて直ぐにパッと彼女の頭から手を離せば、
指で頬を搔きつつ咄嗟に謝罪をし、誤魔化しついでに他愛もないごく普通の質問を投げかけてみた。単純に彼女が何故こんな所にいるのか気になっていた所だったし、この会話なら割と自然だろう。)
――…あっ、と…ごめん…こういうの嫌、だったかな…?
…そういえば、お嬢ちゃんは中心街にはどんな用事で?あそこは確かに華やかで活気があるけど、夜間の一人歩きはあまりオススメしないよ。

(/唐突のデレに思わずChloeちゃんの頭をなでなでしちゃいましたごめんなさい←
そ、そそそんな素敵設定を跳ね除けるなんて…!寧ろ全力で受け止めに行きますいや、受け止めさせて下さい…!
うああああ、その曲は反則ですよぅ…、確かにこの二人にピッタリな曲ですねー(ノ´∀`*)
本体的にGrayは肝心な所鈍そうな感じがするのでChloeちゃんが自分に好意を抱いてる事にはまだ気付いて無いんじゃないかなと思います。何かコイツ天然ジゴロっぽいですし(´・ω・`)←
でもChloeちゃんに対しては何かしら特別な感情を持っているのは確かだと思います…!(。-`ω-))


198: Gray=Keighley【とある大怪盗】 (CMFx/nPaqU)☆2015/04/06(月) 00:20:45
>>193 いけ好かない男 ( 鴉 )

…っ、サラッと怖いこと言うねぇ…、それは勘弁願いたいな。隣のお友達にも言っといてよ。
(慣れた手付きで烏を撫でるのは、バーテンダーらしき格好をした青年。この辺りのバーで働いている従業員なのだろうか…しかし自分には見覚えがない。
かなりの人見知りらしい先程の烏くんに仲直りでもしようと視線を向けてみるも、どうやら向こうにそんな気は無いらしく、ただ低い声でカァ、と返って来る。
これはまた随分と嫌われてしまったもんだな、と肩を竦ませながら苦笑すると、次いで言われた相手の言葉に思わずピクリと眉が跳ね上がる。
――目を抉る、だなんてつい先程まで自分が思い浮かべていた人物を連想させる言葉。このタイミングでその冗談は中々笑えたもんじゃないな、と目を伏せながら少し沈んだ声で相手に言葉を返すと、小さく溜息を零す。
多分相手に悪気なんてないんだろうけど…、ああ、何だろう…今凄く気分が悪い。
それに気のせいか…、先程からどうも此方を警戒しているのは烏くんだけじゃない様に感じる…いや、流石にそれは考えすぎか。気が滅入るとどうも余計な事まで考えてしまう。
こういう時は気晴らしに飲みにでも行こうか。目の前にいる相手はバーテンダーみたいだし、ちょうどいい。どうせなら今夜は彼の店で飲む事にしよう。)
…お兄さん、バーテンさんでしょ?ちょっと飲みたいんだけど…どこのお店で働いてるの?

(/本体もこれからの展開にwktkが止まりません…!!
言うても烏さんですからね、とりあえず目突かれない様に気を付けねば…怖い怖い(´・ω・`)←
とりあえず何か警戒されてるような気がする。程度の認識ですが、これ路地から一歩明るいとこに出たらお互いに即行気付きますよね(歓喜))


199: Saint-Julien=Pinot=Noir (とある国の王子) (qqkjIazays)☆2015/04/11(土) 13:36:36

>>176 性別不明の情報屋 ( Humint )

君の場合忘れろ、って言う方が無理な気もするけどね。――ふーん? じゃあお言葉に甘えて。
( 王子様に覚えていて貰えるなんて、と笑う相手。それが本気だろうと冗談だろうと抱く感想は同じで、寧ろ忘れる方が難しいと小さく肩を竦めて見せる。
元々無関係な場に偶然踏み込んだだけな為次いで聞こえた”気にしなくて良い”という返答はそのまま受け取り、表面のみ何か言いたげな雰囲気を残しつつあっさりと納得を示した。たとえこの場に危険が有ろうと無かろうと、余計な穴に首を突っ込まずにおいて損する事は滅多と無い。
若干ニュアンスの違いはあるかもしれないが、要するに”触らぬ神に崇りなし”という奴だ。…うん、多分。
それはさておき、声色静かな威圧とは例外無く下手な怒号よりも深いダメージを与えるものなのだろうか。少なくとも単に怒鳴り散らすよりは相当効果がありそうだと一部始終を傍観した後、不意にぱん、と目の前で合わさった手と聞こえた謝罪にいやいやと片手を振って。 )
別にいーよ、気にしなくて。寧ろ面白いモノを見せて貰った気分だしね?

(/腹黒同士仲良く…この二人が結託したら色々な意味でカオスになりそうです先せi ((
本体的には名前からの先入観で「良い匂いしそう」とか思ってた変態ですみませぬ←ミントだけに
成程(笑) …まぁぶっちゃけ才能あるけど体力持たない残念仕様なので割と危なっかしいんですけどね(´・ω・`)/ Ju「ちょ、無理…タンマ、(ゼエゼエ)」←)


お名前:





投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


楽しい投稿を心がけましょう!



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪