HOME/ 掲示板の投稿ルール/ メル友掲示板

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
□□ Immorality . 【 ※NBGL 】

1: 神に似た者 (.18ItdoukM)☆2015/04/20(月) 09:58:39

( 私達は、あの日楽園を追われた。 )


※鬱、BAD_END注意



その昔、自らが神になろうと天へ弓引いた ルシファー≪明けの明星≫ は野望敗れて サタン≪魔界王≫ となり

双子の弟 ミカエル≪神に似た者≫ は神より ガブリエル≪神の言葉を伝える天使≫ や ラファエル≪天上の癒し≫ 、 ウリエル≪神の炎≫ ら大天使を頭角に据えた天軍を任され、激闘の末兄とその配下を地へ堕とした。



しかしその100年後。余りに早く、苛烈な逆襲を受けた天使達は成す術無く悪魔に平伏す事となる。


彼等を囲うのは サタン≪魔界王≫ が創り出した “ 色の無い館 “ 。
――否。正確にはどこまでも白い、不気味なほど澄んだ空気が漂う静かな牢獄。


翼を捥がれた天使が悪魔に傅き、時に地を這いながら服従を強いられる。
逆らえば罰、機嫌を取れば憎むべき存在から褒美を強要される日々――いつしか其処は、 “ 天使の牢獄 “ と呼ばれるようになった。



▽続きのページを捲りますか?

「 はい 」 >>2へ  「 いいえ 」 >>お隣の素敵スレへ


―レス禁止―


51: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/27(月) 08:39:19
>>40 Raphael

あぁ…おはよう御座います、ラファエル。…特には何も、少し寝過ごしてしまっただけですよ。
( まさに比喩される人形その物の如く、静寂に満ちた廊下を黙々と歩いていた途中。不意に掛けられた声に顔を上げ、その主を認識して挨拶を返す。
実際おはよう、と言うにはやや遅い時刻ではあるのだが、一々指摘する程重要な事ではない。己にとって唯一 “ 友人 “ と呼べる位置に居る彼の名を呼び、こうして誰かと言葉を交わす間さえ滅多に変化の無い表情を薄く和らげた。
何かあったのか、と微笑みの奥に心配げな色を浮かべた言葉には静かに首を横に振り、単なる寝坊だと言い切る。
実際嘘は吐いていないし、仮に何かあったとしても返す言葉は変わらない。ただ淡々と、” 当たり障りの無い事実 “ を告げるだけだ。
それから己が稀に浮かべるそれとは全く違う、癒しを司る彼特有の雰囲気が感じられる微笑みに薄く双眸を細めて。 )

(/絡み有難う御座います…! ロルについては量も内容も全然問題ないですよ、寧ろオリ板復活したての私の方がグダっt ((
あばば、もしや貴方様も吐血…!?被害が広がっていく(^p^) 友人関係は寧ろ嬉しいので大丈夫です! 環境的にそんな感じがしたので「唯一」という要素を足してみましたが、不都合等あればご遠慮なく←但し事後報告)


>>43 ベリアル本体様
(/プロフィールの作成お疲れ様です、と色々と調べても下さったようで有難う御座いました^^
…が、対応が遅れた上に細かい事をすみません。全体的に問題は無いのですが、二つの容姿共に身長だけ具体的な数値で記載して頂いても宜しいでしょうか? あまりハッキリさせたくない場合は〜cm程度、な感じでも大丈夫なので。!
御手数ですが検討お願い致しますorz)


>>44
(/御褒めの言葉有難う御座います…! スレが賑わって嬉しい限りです^^
自由枠での天使、ご予約了解しました。プロフィール御待ちしておりますノン)


52: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/27(月) 09:41:23
>>47 Lucifer

……Yes, your majesty.
( 仰せのままに、我が主。これがただ単に “ 王 “ とその “ 臣下 “ のやり取りなら、一切の異常を感じる事は無かっただろう。
Majesty ( マジェスティ ) とは、本来王や女王に対して使われる敬称。此処で主従となってからは必要に応じて(但しその殆どは置かれた立場を自身へ言い聞かせるように)口にしてきたが、思えばまともに名を呼んだのはいつが最後だったか。
そう他人事のように考えながら、今日もこうして傅く己が居た。” ずっと一緒 “ 、他の誰でもない…彼女がそう望むなら、何処までも添うだけ。
それから己が告げた復讐、という単語の意味を計り切れていない様子の彼女に心内で苦笑を零し、あまり困らせないでくれと紡ぐ様子に一度眼を閉じた後…その場に立ちあがり再び覗かせた碧い双眸に改めて彼女を映した。
これまた流れるような動作で胸に手を添えて一礼し、直前までの空気が嘘のように常通りの調子で言葉を続けて。 )
…でしょうね。失礼致しました、…そろそろお部屋へ戻りましょう。温かい紅茶をお淹れします。

(/ですね、何処かに起爆スイッチがありそうで怖いです←
癒しといえばラファエル君→でも彼も彼で結構頑張り過ぎてる→やっぱり自力でなんとかするしk(無理)←今ココ (( )


53: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/27(月) 10:42:19
>>49 Astaroth

いいえ…? ですが、必要無いというなら有難い事です。……我が主の心労も勿論、無駄な痛みを被るのは御免ですから。
( 関係無いと思ってたでしょう…なんて言葉にしれっと首を振りながら、作り物の笑みを深める。
しかし折角綺麗に貼り付けていた筈の “ それ “ も次の句を紡ぐごとに薄れていき、最終的にはその声色同様冷たく無機質な表情を取り戻していた。
こういう性質なのだから仕方がない、と言えばそれまでだが、今回は無意識的な現象でも自然な流れに任せた訳でも無く、伝えるべき意志は明確に有る。
無駄な痛みを被るのは御免。その前に色々並べ立てはしたが、結局のところそれが全てだ。非情、冷酷、天使の面汚し…その類の罵倒ならば何を浴びせられようが事実として受け取るだけ。しかし、” 異常 “ という罵りだけは認めない。
痛みを遠ざけようとするのは、その感覚を持つ生物全てに共通する本能。稀に好む個体も存在するようだが、あくまでもごく一部の話だ。
それを正直に主張したというだけの事で、何故罵られなければならないのか。実際直接耳にした事は無いが、仮にも大天使である己に気を遣って…或いは何らかの報復があるやも、という恐れから見えぬ場所で零している可能性も有る。
とはいえ認めないというだけで特に干渉する気は無く、所謂 “ 言いたい奴には言わせておけ “ 状態だ。
やり取りの一連に怯えた様子で縮こまる天使をどこまでも客観的に捉え、注いでいた視線をす、と逸らせば再び口を開いて。 )
…では、特に何も無ければ私は失礼させて頂きます。

(/何にせよ吐く時は吐くしかないんですね、解ります← ミカエルの場合助けすら呼ばなそうですし(…)
Noと言えない何とやら(←)とは根本的に方向性がずれてる気もしますが、結果的には大差ないですね。痛い事に関しては正直なのn (( )


54: (dB9P2HZ4s2)☆2015/04/27(月) 17:31:25
□□ プロフィール ― personal ―

「俺に服従するのなら他の悪魔の拷問からは助けてやろう。」

「嘘ほど真実を語るものは無い。」

名前:ベリアル ( Belial )
性別:♂
年齢:18〜20 実際はもっと歳をとっている。
容姿:二つあるものの、どちらも服装は厚手のロングコートに黒いベストとズボンと革靴、白のワイシャツ。
髪の色は金。前髪は顎あたりまで伸びているのを前が見えるように分けているが、前が見えればそれでいいので結構適当。その日によって違う。
厚着しているので体型が分かりにくいが着やせしており、腕などを露出するとそれなりに筋肉がついている。
羽は片方が黒曜石のように黒く、もう片方は骨のみで、羽の部分を除けば天使と言ってもまあ違和感のない容姿。
一つめの容姿は目とコートが暗い青。肩につく程度の髪を青いリボンで束ねている。
顔立ちはややつり目。男っぽいわけでもないが女性と間違えることはない。身長187cmくらい。
本人から見て右側が黒い羽、左が骨。
もう一つの容姿は目とコートが暗い赤。青い方より若干背が低い。身長185cmくらい。
髪は背中の中央ほどの長さで、赤いリボンをカチューシャ(カチューム?)の様に巻き、本人から見て左の耳の上あたりでリボン結びにしている。
顔立ちは大きめの目を伏し目がちにしている。たまに女性と間違えられる。羽は青い方と左右対称。
性格:とにかく態度がでかい。
嘘が多いので本当かどうかはわからないが、基本的には落ち着いた性格で騒ぐことはあまりない。
一見優しそうに見えることもあるが、そんなことは一切ない。見た目は良くてもやはり悪魔。
息の様に嘘を吐く。どこからか漂う威厳も嘘。
ごくたまに無邪気で楽しげな態度をとる。これが本気なのか嘘なのかはわからない。
自分に服従する者の危機は救う。だが逆らえば容赦はしない。
悪行を美徳とし、堕天前の天使の自分は好きではない。
備考:一人称「俺」 二人称「お前」、呼び捨てがほとんど。
容姿は二つあっても中身の性格などは全く同じ。同一人物。

(/ご指摘ありがとうございます!こちらこそ無駄レス申し訳ないです…
身長その他もろもろを直してみました。
多分大丈夫だと思うのですが、さらに不備などあったらすみません…)



55: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/28(火) 16:20:05

>>54 ベリアル本体様
(/またも対応が遅れてしまいすみません; お早い訂正を有難う御座います。
不備はなくなりましたので、御好きなタイミングで物語にご参加下さいノン)


56: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/28(火) 16:43:49
(/以下、最新のキャラ表になります。)

□□ 募集キャラ ― character ―

※恋愛はどのキャラとでも自由。

T . ルシファー ( Lucifer / >>13-14 ) ♀ × ミカエル ( Michael / >>10-11 ) ♂ ※スレ主

U . ベリアル ( Belial / >>54 ) ♂ × ガブリエル ( Gabriel / >>34-35 ) ♀

V . アスタロト ( Astaroth / >>20-21 ) ♂ × ラファエル ( Raphael / >>23 ,>>25 ) ♂

W . シトリー ( Sitri ) ♀ × ウリエル ( Uriel ) ♀

X . 自由枠 ( 悪魔 ) × 自由枠 ( 天使 / >>44様予約中 )


57: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/04/29(水) 03:41:02
>>53Michael
へぇ…、まぁそれが正解ですね。あぁ、でも俺の下に居る天使…あれはまだ諦めてないみたいですけど。
(自分の言葉に何でもないような表情で否定を返す彼は、しかし無駄な痛みを被るのは御免だと、至極真っ当な事を言う。
相手の以前の役職を思えばそれは意外な様な、しかしそれも頷けるような。どちらとも言えない不思議な感覚だが、多分ここにおいて自分を守るには最良の手だと思う。
すいっと視線を下に逸らして、自分と主従を結んだ天使を引き合いに出せば、軽く相手と比較し、改めて相手は面白いな、と思った。
その相手はもうこの場を離れたいようで、その言葉に応えようと口を開く。そしてふと大事な事を1つ思い出してポケットから薄青の小瓶を3つと小さな一枚の紙を取り出し相手に差し出す。
紙にはタイムの砂糖漬け、セージの蜂蜜漬け、ローズマリーのハーブティー、なんて文字が書かれてる筈だ。これを瓶に詰めて来て欲しい、と。相手なら皆まで言わなくても分かるだろう。
キッチンで手に入る薬の材料、なのだけど強い魔除けの効果があるから個人的にはあまり好んで触れたくは無い3つ。だから、誰か天使に会ったら頼もうと決めていたのだ。
相手は他にも色々仕事を持っているだけろうけど、これは先程言った実験よりはマシだろうと済ました顔で)
はい、では…あ、そうだこれ、後で俺の部屋に持ってきて頂けませんか?そう手間でも無いと思うので。

(/まぁ多分そしたら薬飲ませるくらいはきっとしますよアスタロト…ん?吐血に効く薬ってなんぞや?(←)
方向性に関しては言ってはいけません…結果を見るのです結果を…( ˘ω˘ ) 何故かうちの子は天使らしいとからしくないとかに重きを置いてるので妙に感心してますけど(( )


58: Belial (dB9P2HZ4s2)☆2015/04/29(水) 10:18:02
>>ALL

(暇だ。図書室で本を読むのも飽きたので、地下牢で足音をわざわざたててゆっくりと歩く。このどこも真っ白な屋敷では、自分の着ている深海のような青色のコートはよく目立つ。
格子の向こうで怯える様な目で見たり、俺に何やら喚いたりする下級天使たちを見て、口元がにやけそうになるのを堪える。
あぁ、こいつらが苦しむ姿は見ていて本当に愉しい。それも自分が原因なら尚更だ。なんなら喚いている天使を一人出して遊んでやってもいい。
そんな悪趣味な暇潰しも飽きてきた頃、背後に誰かの気配が。
このまま此処でこうして暇を潰すよりは声をかけた方が楽しそうだと思い、その気配に背を向けたまま口を開いた。)
こんな場所に来るとは。どうした?

(/参加許可ありがとうございます!
これから皆さんの所に絡みにいこうと思っているのですが、下手な癖に書くのが遅い(←オイ)ので、とりあえず先に絡み文を提出させて頂きます。
こちらに絡みたいという神様がいらっしゃいましたらどうぞ地下牢へw)


59: (DB0qu5ZEeo)☆2015/04/29(水) 11:46:43
(/素敵なスレに心惹かれてしまいました…!よろしければSitriを予約させてください!)
>>主様


60: Belial (dB9P2HZ4s2)☆2015/04/29(水) 14:02:44
>>29 Astaroth

(相変わらず真っ白な廊下を歩いていると、とあるドアの前を通ったときに何やら物音が聞こえて、血のような赤黒い色の目で物音がした方を見る。いや、音だけなら通りすぎるのだが、何かが暴れている様な音が聞こえてきた。
何事かと思いそのドアの前まで行きノックすると、先程聞いた物音からは考えられないような落ち着いた声が返ってきた。
とりあえずその部屋に入るとドアを閉めて一瞬部屋全体を見る。あぁ、そういうことか。
何があったかなんて先程の一瞬で大体予想がついてしまったので、先程の落ち着いた声の主であろう相手の方を向くと、適当に思い付いた台詞を言った。)

(/少し遅くなってしまったのですが絡ませて頂きました。
今回ベリアルはただの野次馬なので追い返すでも何でもおkですw
それではこちらこそよろしくお願いします!)


61: Belial (dB9P2HZ4s2)☆2015/04/29(水) 14:06:59
>>29 Astaroth

(相変わらず真っ白な廊下を歩いていると、とあるドアの前を通ったときに何やら物音が聞こえて、血のような赤黒い色の目で物音がした方を見る。いや、音だけなら通りすぎるのだが、何かが暴れている様な音が聞こえてきた。
何事かと思いそのドアの前まで行きノックすると、先程聞いた物音からは考えられないような落ち着いた声が返ってきた。
とりあえずその部屋に入るとドアを閉めて一瞬部屋全体を見る。あぁ、そういうことか。
何があったかなんて先程の一瞬で大体予想がついてしまったので、先程の落ち着いた声の主であろう相手の方を向くと、適当に思い付いた台詞を言った。)
…随分変なものを試した様だな。面白い。

(/ぎゃー!?すみません、いきなり文に抜けが…)


62: (lg6WJge1u2)☆2015/04/29(水) 14:34:05
□□ プロフィール ― personal ―

「…裏切り者…?そうだね、今の僕は天使というよりは悪魔に近いかもしれない」

「もう…見たくない…見たくないんだよ。…いっそこの右目を潰してしまえば…、楽になれるのかな」

「ほら、僕の目を見て?そう…いい子だね。――どうか、安らかに…」

名前:サリエル (Sariel)
性別:男
年齢:外見年齢10代後半、実年齢不詳
容姿:アルビノの髪は癖がなくさらりとしていて、前髪は目が少し隠れる程度の長さでM字に分け、後ろは項が見える位の長さ。
瞳は左右で色が違う所謂オッドアイで右が赤色、左が紫色となっていて、右目の方は"邪視"を持つため常に黒い眼帯で覆われている。
肌は透き通る様に白く顔立ちも整っていて、スラリとした細身の体型。身長は175cm。筋力も体力も他の天使に比べると若干劣る部分がある。
服装は白のワイシャツに淡いグレーのズボンと簡素な物を身に纏っていてとにかく全体的に白い。
首元には黒い首輪が嵌められていて、かつて背中にあった白い翼は左翼は完全に捥ぎ取られ赤痣が残っているが、右翼の方は中途半端に捥ぎ取られ歪な形で残っている。


63: (lg6WJge1u2)☆2015/04/29(水) 14:38:33
性格:死を司る天使という事もあり、何処か陰のある儚げな雰囲気を持っている。目立つ事が嫌いで表立って行動するというよりは影で行動を起こすようなタイプ。
一人で居ることが多く他の天使と関わる事を少し苦手としている部分があり、親しい間柄の天使が相手でも表情は乏しく滅多に笑わないが、喜怒哀楽はちゃんと持ち合わせている。
悪魔に対しては従順なフリをして上手く欺いたり影でこっそりと手を引いて他の仲間を助けたりと、根は非常に仲間思いで心までは悪魔に売るつもりはない様だが、
急激な環境の変化のせいか、その仲間思いな部分も少々行き過ぎてしまう事があるらしい。

備考:一人称「僕」、二人称「貴方(貴女)、〜様、呼び捨て」等相手により様々。
神の命令の元、かつては裏で罪を犯した天使の堕天を執行していた。
右目の邪視は見ただけで相手を身動き出来なくさせたり、死に至らしめる力があるとされている為、色々と悪魔に悪用されることが多い。
初めこそ抵抗はしていたが、悪魔に無惨に殺される仲間を見るくらいなら、せめて自分が楽に逝かせてやった方が仲間も幸せだろうと自ら仲間に手に掛ける事が増えて来た。
そのせいか周囲からは「裏切り者」「堕天使」等と囁かれていて、いつか悪魔ではなく仲間に排除されるのではないかと内心脅えている節がある。

(/>>44にて自由枠の天使を予約していたものです!元ネタから色々と考えていたらこんな子が出来上がってしまいました…←
不備等御座いましたら遠慮なくお申し付けくださいノノ)


64: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/04/30(木) 00:46:22
>>60Belial
本当はもう少し静かだった筈なんですよ。これはこれで良いですけどね…。
(声を掛けて音も無く開いた扉に、座っていたソファの背もたれに頭を持たせるようにしてそちらをチラリと見やればそこには自分と同じ種族、即ち堕天使であり悪魔である彼の姿。
実験体を一瞥し、ぽつりと零した言葉に自分もそれに視線を戻す。変な物、とは随分な言い草だ。自分にとっては苦労して作った大切な子供の様な物だと言うのに。
ポケットから紅い硝子の瓶と緑の硝子の瓶二つを取り出しことりと目の前の机に置くと、問題の薬の入った紅硝子の方をぼんやりと見つめながら不満げに口を開く。
まぁ正直、痛みを軽減させる方法は思い付いたけども、それを実践しようとは思わない。これはこれで良いじゃないかと思う。羽を撒き散らして痛みに舞う天使なんて綺麗じゃないか。
瓶から実験体の方に目を向ければ、天使は度の過ぎた痛みからか意識を手放した様子。羽の掃除や観察は後でしよう、と机の上のノートを取るとカリカリと結果をメモしていき)

(/早速の絡みありがとうございます!
うちの子は基本的に邪魔をされなければ追い返したりはしませんよ!
寧ろ話し相手出来て暇つぶし出来るーやっほいヽ(´・∀・)ノ的に考えるかも知れません。
こちらこそ面倒くさい子ですが何卒宜しくお願いします!)


65: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/30(木) 01:11:55
>>59
(/書き込み&嬉しいお言葉有難う御座います…! Sitri ( シトリー ) のご予約了解しました、プロフィールお待ちしておりますノン)


>>62-63 サリエル本体様
(/死を司る天使…! ミカエルとは別の方向に病んでる感じが絶妙ですね。抱き締めても良いですk (強制終了)
本編がかなりシリアスな所為か変態が暴走しました、すみません。← 不備等は見当たりませんので、お好きなタイミングでご参加下さいノン)


66: Michael (.18ItdoukM)☆2015/04/30(木) 01:13:45
(/レスアンカーが多過ぎると怒られたので分けます↓)


□□ 募集キャラ ― character ―

※恋愛はどのキャラとでも自由。

T . ルシファー ( Lucifer / >>13-14 ) ♀ × ミカエル ( Michael / >>10-11 ) ♂ ※スレ主

U . ベリアル ( Belial / >>54 ) ♂ × ガブリエル ( Gabriel / >>34-35 ) ♀

V . アスタロト ( Astaroth / >>20-21 ) ♂ × ラファエル ( Raphael / >>23 ,>>25 ) ♂

W . シトリー ( Sitri / >>59様予約中 ) ♀ × ウリエル ( Uriel / 空席 ) ♀

X . 悪魔自由枠 ( 空席 ) × 天使自由枠 ( サリエル ( Sariel / >>62-63 ) ♂


67: Michael (.18ItdoukM)(sage)☆2015/04/30(木) 22:48:33
>>57 Astaroth

それも悪くはないでしょう。…彼には彼の “ 正解 “ がありますから。
( 正解、と紡がれた言葉に無反応のままほんの少し瞼を伏せる中。不意に聞こえたのは友人の名で、未だ諦めていないようだ、という既に知り得た近況に小さく息を吐く。失望ではない。呆れている訳でもない。…ただ、今更何をと思うだけ。
彼には彼の正解が…そう尤もらしい意見を返し、場を辞そうとしたところで差し出された小瓶と紙に視線を落とす。
タイムの砂糖漬け、セージの蜂蜜漬け、そしてローズマリーのハーブティー。
どれもキッチンの棚を探れば簡単に手に入るだろうものだ。それをわざわざ己に委託する理由は恐らく…。
添えられた小瓶の意味と同時に “ そちら “ の事情にも察しを付けつつ、了解の意と共に手を伸ばしてそれらを受け取る。紙を懐に仕舞い、形式的な礼を一つ。今度こそこの場に用は無いとばかりにすれ違う形で廊下の奥へ消えていき。 )
かしこまりました、用意出来次第お持ちします。…それでは失礼。

(/原因がストレス一択なら精神安定剤とかですかねー…でもこの人(天使)の場合睡眠で落ち着かせるのが一番有効な気がします←割とマジレス
そうですね…結果大事(´・ω・`)そして安定の無愛想MAX対応を最後にさっさとお仕事へ…。品物は確実にお届けしまs )


68: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/05/01(金) 15:15:33
>>67Michael
(相変わらずお互いに口数は少なく、特に心に残る会話も無いままに頼みを預けて、相手もそれを承諾して、すれ違って廊下の奥に消えていくその背中をぼうっと見送ってぽそりと誰に言うでもない独り言を零す。
どんなに相手が自分に抵抗せず使われていようと傷付けられようと、産まれたのはあちらが先。これは揺るがない事実だ。
それにきっと、あちらが力を失って居ない状態で一対一で真剣勝負すれば確実に自分が負ける。まぁあの人に勝てる見込みがある悪魔なんて、自分達の長の他には居ないのだろう。
まぁだからと言って別に恐れている訳では無いけれど、とその実にならない考えに蓋をして、後ろを振り返るとその天使に一言声を掛けた。すると明らかにさっきまでとは段違いに怯えを宿した目でこちらを映す。
先程まで聞き分け良く付いて来てたと言うのに。やっぱりあの天使長さんは面倒な事を残してくれたと改めてため息を1つ。
実験の内容を教えれば更に怯えられるのは明白。だから何も教えるつもりは無いのだけど、それはそれで先の見えない恐怖がある様で、もしかしたら折檻される時よりも抵抗されているかも知れない。
助けて、とか嫌だ、とか。さっきの元天使長の名前を叫ぶ哀れなその天使を、鬱陶しそうに眉を潜めてずるずると部屋に引きずって行き)
相変わらず食えない人ですね。まぁ少なくとも俺よりは歳上だし、当然か…、じゃ、行きましょうか?

(/成程…でも精神安定剤なんて良心的な物をうちの子が作ってるかどうか…(´゚ω゚`) 睡眠薬はこれから作るところですし…ハッ…!そうだ、物理という手が…!!←
無愛想でもアスタロトは気にしません!と言うか寧ろこちらの方が無愛想なので… はぁい、では品物を待ちつつ実験と洒落込みますかぁ!(( )


69: Michael (.18ItdoukM)☆2015/05/01(金) 18:50:16
>>58 Belial

( 地下牢。其処は地上と変わらず白くもどこか薄暗く、先の大戦で捕えられた多くの天使達が押し込められている場所。
こうして足を運び、ただ鉄格子の奥を眺めるだけでも生じる微かな息苦しさ…か細い針でちくりと肌を刺されるような痛みは、恐らく現実だ。
けれど全ての天使にとって、存在そのものが “ 牢獄 “ であるこの館に囲われてから既に百年が経過した今。己は何も言わず、示さず。最早演技で表情を殺す必要も意味も無い…そんなところまで辿り着いていた。何も、感じてはいない。
“ 心が死ぬ “ とはきっとこういう事を言うのだろう。檻の奥で光る複数の瞳が縋るように此方を見ている。
勿論今日もそれらに手を伸べる気は無く、常通り背筋を伸ばした姿勢で長い階段を下りきった後。不意に掛けられた声に視線を移し薄く微笑んだ。
この牢獄に於いてはガブリエルを従える悪魔、ベリアル。そんな彼との遭遇にも動揺は見せず、一瞬の笑みの後淡々と現状報告を述べ。 )
嗚呼、貴方でしたか。…ただの見回りですよ。哀れな小鳥が “ 籠 “ の中で暴れ…自らを傷付けてはいないか、とね。

(/文投下有難う御座います、遅ればせながら絡ませて頂きました…!
ミカエルが地下牢を見回るのは恐らく一日のスケジュールに含まれている事なので、割と自然に絡ませて頂けた…筈←
そんな元天使長と本体共々、これからどうぞ宜しくお願い致しますノン)


70: Michael (.18ItdoukM)☆2015/05/01(金) 22:14:40
>>68 Astaroth

( 助けて、ミカエル様。そう悲痛に響く叫びが随分遠くなり、やがて意識の淵からも消えた頃。
受け取ったままの形で持っていた三つの小瓶を先にキッチンへ置き、まずは主…ルシファーの命を遂行すべく図書室を訪れていた。
天使達との和解策を探してか、彼女はよく本を読む。今日は自室に数冊、適当に持ってきてほしいと昨晩の内に言われていたのだ。…尤も “ 命令 “ と捉えているのは己だけで、彼女からすれば些細な頼み事に過ぎないのだろうが。
と、そんな思考はパラパラと繰っていた本を閉じると同時に断ち切って…六冊目のそれを腕に積み上げた。さて、これだけあれば足りるだろう。
そろそろ次に移らなければ…と図書室を出たその足で主の私室へ向かい、本を置いてから再び廊下へ出た。
それから漸くキッチンに戻り、懐を探って取り出すのは記憶に新しい小さな紙切れ。それを調理台の端に据え、示されている物を手際良く並べていく。詰め終えるごとにそれぞれの蓋に細いラベルを施し、品名を書いてトレイに置いた。
今頃あの下級天使を使い実験に “ 勤しんで “ いるだろう悪魔。
彼と廊下で別れてからは未だ十数分を過ぎたぐらいだが、特に時間を潰す理由も無く真っ直ぐに向かい着いた目的の扉をノックして。)
…アスタロト様、御所望の品をお持ちしました。

(/アス君(←)でしたら作れる気がしますが、進んで作ろうとはしなさそうですね。そしてまさかの物理ですか…!(笑)
無愛想勝負ならお互い良い線いくでしょうね←会場の空気が絶対零度の予感( 品物お届けの一言が無ければ絶対無言でしたよこのレス(…) )


71: Belial (WyHpTV10FI)☆2015/05/01(金) 23:02:50
>>64 Astaroth

あぁ、失礼。「変な物」ではなく、「端麗な発明品」か。
(ポケットから出した二つの小瓶を見つめながら不満そうな声で話す相手。きっと例の薬が入っているのだろう。
その言葉に対して自分でも真意か分からない事を適当に言いつつ、意識のない『ソレ』に近づく。
足元の散った白い羽を一枚拾い、くるくると指先でもて余す。相変わらず下級天使というものは悪魔の遊び道具でしかないらしい。
ふと相手の方を見ると、相手はノートに結果をメモしているようだ。
羽は要らないのでその場に捨てて机を挟んで相手の正面に行き頬杖をつくと、なぜかにっこりと笑顔を見せた。)
…研究熱心な奴。

(/やっほーいですかw
Belialはそこら辺どう思っているんだか本体でも分かりませんorz
あまりやらない系統の役なのでどうもキャラが定まらないというか…)


72: Sariel (lg6WJge1u2)☆2015/05/03(日) 02:40:22
>>16 Lucifer

(以前借りたままにしていた本を返却しに訪れたのは、屋敷内の図書室。小脇に数冊の本を抱えながら図書室の扉へと手を掛けると、そのまま中へと入って棚へと順番に本を戻していく。
途中で気になった本を見つけては棚から抜き取ってその場でパラパラとページを捲ってみる。
次はこれを読んでみようかな、とまた本を何冊か小脇に抱えて近場にあったソファへと座ると、不意に図書室の扉が開いたのに気が付いた。
初めは特に気にしてはいなかったが、何やら騒がしい様子に何事かと声のする方を覗いてみると、そこにいたのは一人の悪魔と…魔界の王の姿。
どうやら地下牢からまた下級天使が逃げ出したらしい。当然だ、あんなに狭くて淀んだ場所に押し込めるなんて、もし自分も同じ立場だとしたら堪えられないかもしれない。
彼女の配下の悪魔が立ち去った所で読んでいた本をぱたりと閉じてソファから立ち上がれば、直後に呟かれたその身勝手な彼女の言動に対し後ろから言葉を返して)
…あそこは空気が淀んでいて息が詰まるんですよ。…それより、天使を逃がしてしまった"無能"な見張りの悪魔を罰するべきでは…?

(/遅ればせながら絡ませていただきました!魔王様相手にいきなり喧嘩を売るような発言をして申し訳ないです…(ガクブル
絶賛反抗期中のサリエルですが、これからどうぞよろしくお願いいたします!)


73: Sariel (lg6WJge1u2)(sage)☆2015/05/03(日) 02:42:05
>>22 Michael

(暴れている下級天使を大人しくさせろ。そう命令されて連れて来られたのは薄暗い地下。
抵抗も虚しく悪魔に無理矢理右目を抉じ開けられると、己の邪視の力で身動き出来なくなった天使は悪魔によって折檻される。
目の前で行われる残虐な行為から目を背けたくてもそれは許されず、自分は今日もただ黙って見つめるだけ。嗚呼、これで何回目だろうか、もうこんな光景は見たくないというのに…。
漸く解放された頃には既に時計の針が一周していて、誰も居ない廊下を壁伝いに歩くその顔には疲労の色が見えていた。
生まれ育った天界とは違い、魔界で力を使うというのはかなり身にこたえるもので…、今日みたいに長時間使用した日にはこうやって壁伝いに歩くのがやっとなくらいだ。
今はとにかく休みたい。そう思いながら、自分の部屋まであと少しという所で廊下の角を曲がると、不意に誰かと衝突しそうになり咄嗟に一歩下がる。
謝罪の言葉を述べた後にゆっくりと顔を上げてみると、目の前にいたのは見知った天使の姿。
こんな時間帯に此処で彼を見るのは珍しい。もしかして今起きたのだろうかと首を傾げれば、そのまま純粋に思った事を口にして。)
…っ…すみません、…ちょっとよそ見してて…。…ミカエルは今起きたのですか?

(/参加許可ありがとうございます!そして遅ればせながら絡ませていただきました!いやぁ、寧ろミカエル君を抱き締めさせてくだs(ry
天使相手だとコミュ障発揮するサリエルですが、これからよろしくお願いいたしますね!)


74: Sariel (lg6WJge1u2)(sage)☆2015/05/03(日) 02:44:41
>>29 Astaroth

(使いを頼まれてくれ。そう主に言われてやって来たのは、とある一室の前。使いの内容は聞かされていない、ただこの部屋に行け。と、そう言われたのだ。とにかく嫌な予感しかしない。
扉をノックした後に聞こえた「どうぞ」という、この部屋の主であろう声を確認すると部屋の扉をゆっくりと開ける。
その瞬間に聞こえてきた何処か引き攣った悲痛な声に驚いてビクリと肩を跳ね上がらせれば、視線の先に見えた光景に思わず息を呑んだ。
使いだなんてふざけた事を、こんな物を見せる為に態々此処へ行くように命じたのかあの主は。本当に趣味が悪い。主も、目の前にいるこの悪魔も。
目の前でもがき苦しむ仲間の姿に唇を噛み締めながら瞳を揺らせば、ゆっくりとした足取りで彼女の元へと近付いて行きその身体を抱き起してやる。
――今、楽にしてあげるから。そう呟いて右目を覆っていた眼帯をそっと外すと、腕の中の彼女はそのまま眠るようにして息を引き取った。これで何人目だろうか、自分が手を掛けた天使は。
そう思いながら眼帯を付け直して相手の方に視線を向けると、まるで何事もなかったかのように短く呟いて)
…どうやら、また失敗のようですね。

(/遅ればせながら絡ませていただきました!そして実験体の天使ちゃんに止めを刺してしまいました…(´;ω;`)←
元ネタのサリエルがどうやらラファエル君の右腕的な存在だったようなので、誠に勝手ながらアスタロト君にはかなり嫌悪感を抱いている様な感じになると思いますが大丈夫でしょうか…((
せめて!せめて本体様とは仲良くさせて頂きたいです!こんな子ですがよろしくお願いしますね!)


75: Belial (WyHpTV10FI)☆2015/05/03(日) 17:40:31
>>69 Michael

それはご苦労様。だが…
(自分の背後にあった気配はとある天使のものだった。相手の淡々とした答えに背を向けたまま適当に返事をしつつ、一瞬相手はどんな奴だったかと考える。
彼は今、地位も、心でさえも、ほとんど『何もない』、というのが正しいだろう。いや、前は何かあった気もするが忘れた。まぁ別にだからどうするということはないし、個人的にはどうでもいい。
…が、どうも自分はこういうのを相手にすると、相手の本性を引っ張り出してみたくなるらしい。それは今回も例外ではなく、くるりと相手の方に体を向けると、まるで相手から感情を吸いとってしまったかのような分かりやすい、けれどどこか残念そうな笑みを浮かべ、まるで相手を心配しているかのような台詞を吐いた。)
…お前は自分を消しすぎて傷付くどころか死んでいるがな。俺から見ればお前も相当哀れだ。ミカエル。

(/反応が遅れてしまいすみません…絡みありがとうございます!
ところで、ベリアルは駄天前はミカエル君と同じ地位に居た説がある(元ネタ)らしいので、その時から面識がある事にしたら面白いかなぁと…
ご検討よろしくお願いします!)


76: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/05/04(月) 00:41:36
>>84Michael
(部屋に帰り、まずした事は、天使をソファに座らせての簡単な説明。まぁ嘘は言ってない。死ぬかもとか、そういう細かい事を言ってないだけ。
今回試す薬は、悪魔を殺す薬%V使と悪魔は起源が同じ、だから効くかも知れない。けど悪魔と天使は何かが決定的に違っているから、その違いのお陰で効かないかも知れない。
本当に分からないから、だからこそあの天使長に実験体をさせられないのだ。もう実験と知られているから意味は特に無いけれど、いつもの様に手近にあった飲み物に混ぜ込むと、その天使の前に押し出す。
それを見つめて、怖いのか中々飲んでくれない彼にため息を1つ。こういうのがあるから知られると面倒なのだ。
しかし特に急かしもせずにただぼうっとしていると、不意に部屋にノックの音が響いて顔を上げた。
のろのろと扉に向かい、開くとそこにあったのはついさっき話した相手。その手元に自分の先程渡した瓶を見れば、ありがとう、と礼を告げる。
ちゃり、と纏めて三つを手に取り、自分の要求していなかった、しかし付いてると確かに分かり易いタグに素直に感心する。
ポケットにその瓶を突っ込みながらちらりと後ろを振り向き、まだ薬を飲んでくれない彼にため息を漏らしつつ、目の前の相手に少しだけ愚痴って見せて。)
あぁ、ありがとうございます。相変わらず仕事が細やかですね…。…そうそう、貴方のお陰であれから大変だったんですよ?怯えるし中々薬飲んでくれないしで…。

(/まぁ自分の為なら作るでしょうし、悪魔の気まぐれとやらであげる可能性も無くないかなー、と… 普段繊細な作業する人がたまに荒い事するとか萌えませんか((震え声
その試合会場には絶対に行きたくありませんな。そしてこちらもきっとお届け来なかったら無言でした… )


77: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/05/04(月) 00:42:34
>>71Belial
また心にも無い事を…。良いですよ、変な物で。どうせ使い道の無いガラクタです。
(元天使であり、同じく堕天した身である相手とはそれなりに長い付き合いで、そしてその言葉はほぼ嘘、また適当な物と知っている。だからこそ褒め言葉らしいその言葉も心に響く事無く、ただ心にもない事をと撥ね付ける。
白い羽の一枚を拾う彼の手元を見れば、この実験、視覚的には中々楽しい物だったけども、後で掃除するのが大変なのが難点だったか等と何の脈絡もない事を考える。
いつもの事だ。相手は相手、自分は自分。線引きをきちんとしないと色々と面倒な事になる。そういった大きな面倒は嫌いだ。
そんな事をぼんやりと思いながら紙にペンを走らせていたものの、ふと相手のぽつりと零した言葉に書く手を止めた。
研究熱心、それは何かが違う気がする。自分がこうして熱中して居るのは、一重に暇つぶし。過去と未来を見通してとてもつまらない生を、知識欲を出して何とか面白くしているに過ぎない。
退屈は心を殺す。自分は心が壊れるのは勘弁したい、だからこうして努力しているのだ、と。そう結論づけて短く相手に伝えた。)
…何か生きる理由が無けりゃ、心が持ちませんからね。

(/やっほーいですよ(`・ω・´)キリッ
おおう…本体さんにも謎とは…しかし私もやっててよく分からん事は良くありますなぁ。
まぁやってればその内定まってきますって!私も前はこういう…アスくん(←)みたいな役苦手でしたけどやってたら慣れましたし!)


78: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/05/04(月) 00:43:02
>>74Sariel
…何故、殺したんですか?
(戸を開けて入って来たのは良く知る天使の姿。当然の反応か、実験体に駆け寄る彼女の背中をじっとりとした目で見ていた、のだけど。
楽にしてあげる、なんてその言葉の後、止める間もなく数秒で実験体を殺してしまうとは思っても見なかった。
眼帯を付けなおすその姿を、座っていたソファからゆらりと立ち上がり鋭い目で睨み付ける。あぁ、自分でも解る。珍しい事だけれども、今、俺は凄く不機嫌になっている。
別にその転がってる天使に情が移った訳じゃない、ただの実験体。代わりは幾らでも居る。ただ、その実験体を勝手に殺されたのが凄まじく腹立たしい。ついでに言えば勝手に失敗と断じられたのも腹立つ。
手塩に育てた花が勝手に手折られ批判された感覚、と言えば解るだろうか。第一に予想外ではあったけど思った効果はあったから失敗では無い。第二に、実験体は生き残る予定だった。この二点。
羽を落とされたとして、死ぬ訳では無い。もがき苦しむ程の痛みはあれど、あのままであれば確実にそれ≠ヘ生きていた。
ただショック死やあれ以上の痛みや出血…そういう不確定要素があるかを知るべく実験していたのに。途中で殺されては意味が無い。
舌打ちをするとぐしゃりと髪を掻き上げて深く深く、ため息を吐く。上級天使が下級天使の犠牲を増やすと言う現状は中々に面白いが、今は全然笑えなかった。)
…また、同じ実験をしなきゃなぁ。本当、薬も命も無駄にする事をしてくれましたね、君。

(/絡みありがとうございます!実験体天使ちゃんを勝手に殺されて珍しく激おこなアスくん() です。命無駄にする云々はお前が言えたことじゃねぇよ…((震え声
その様ですね!こちらとしても色々と調べさせて頂いたのでその折、これ絶対嫌われる奴や…≠チて覚悟してたので大丈夫ですよ!
こちらこそこれからどんどん傷抉って塩塗りこんで行く事になりそうですが、どうか本体は…本体は嫌わないでやってください…!)


79: Raphael (jacXM5lptU)☆2015/05/04(月) 10:24:02
>>46 Lucifer

…いえ、大丈夫ですので、お気になさらず。
(ゆっくりと近付いて声をかけると身体を起こしてわざわざこちらに眠りを妨げた事を謝罪をしてきた彼女。別にこちらは囚われの身で、彼女は捕らえた王なのだから謝る必要も無いだろうに。
不思議な人だ、そう思いながらもにこりと笑みを浮かべて大丈夫です、と告げた。そうしている間にも口元に手を当てて先程告げたこちらの意見について考えている相手をぼんやりと見つめる。
少しして何か思い付いたのか、ゆるりと首を傾けてこちらを見上げ質問をしてきた彼女に今度はこちらが口元に手を当てて考えるような事になった。
“どんな牢なら逃げ出したいと思わなくなるか“…そんなの私が聞きたいところですと、言う言葉は呑み込んで真剣に考えてみる。…別に、仲間に逃げて欲しくない訳じゃない。ただ、今逃げ出しては彼らが酷い目に遇うだけだから、だから今は駄目なのだ。
しばらく考えてゆっくり口を開くと相手を見ながらこちらも首を傾げた。)
そう、ですね……私もよく分かりませんが、白以外の色を、牢に取り入れてはいかがでしょう?明るい色を見ると気分も明るくなるって言いますし…きっと牢から出たい何て言う暗い気持ちも無くなると思うのですが…。

(/風邪引いてて返信遅くなりましたすみません((スライディング土下座←
ぶっ飛んだ思考回路のルシファーちゃん…可愛いので全然OKですbグッ((質問の回答は考えに考えた結果やっぱりよく分からなくなりましたorz返信しにくい場合は遠慮なく言ってください…((()


80: Raphael (jacXM5lptU)☆2015/05/04(月) 13:46:09
>>48 Astaroth

(嗚呼、これで何回目だろうか、仲間が傷付き、涙を流す姿を見るのは。どれもこれも目の前にいる主のせいだ。どうして彼は天使達を使って研究するのか、一度だけ尋ねた事がある。…とうの昔だからどう返されたか私は覚えて無いし、きっと目の前の彼も…覚えていないだろうけれど。
羽は身体とは造りが違うせいか、癒しの力で羽の傷を治せたとしても、流石に羽を元の通りに再生させるような事は出来ない。つまり、彼女は私と同じようにもう二度と空は飛べない。
……神様なら、再生出来るだろうが。ここから逃げ出せない以上、それも叶わない。彼の場にそぐわない礼を聞きながら自分は助けてあげられないもどかしさから唇を噛んだ。
何度もした問いを相手にしながら自分は彼女の羽を癒しの力を込めながらそっと撫でた。これで、気絶から目を覚ましてもそんなに痛まない筈だ。
…完全に痛みは消せるけど、それをしてしまったら結果が分からなくなって主の機嫌を損ねてしまう。だから、ごめんね。小さく謝罪の言葉を告げては彼女を寝かせ彼の方へと身体を向けた。
どうして自分を実験に使わないのか。そう尋ねれば自分ではどうしようもない理由を述べられて思わず舌打ちをした。しかし直ぐに冷静を装うと相手の薬棚に視線を向けながら薬でも作れば良いのに、そう呟き。)
……チッ…。そうですか、それなら力を一時的に無くす薬だとか羽を生やすまたは再生させる薬だとか作れば良いじゃないですか。…まぁ、貴方に作れるかは知りませんけどね。

(/もう全てかっこいいですよ(UωU)(((
ラファエル自身ではどうしようもない理由に舌打ちした上に喧嘩売るような事言っちゃって申し訳ないです、はいorz←
いやいやいや…目の前にあるでしょう!私のksなロルが!!(ドーン)貴方様のロルは素敵ロルですよ!これ絶対です!!異論は認めまs((ry←)


81: Michael (.18ItdoukM)☆2015/05/04(月) 17:26:00
>>73 Sariel

いえ、私も不注意でした。……そうですが、酷い顔色ですね。また力を?
( 己の足音と息遣い以外には何も聞こえない、不気味な程の静寂に満ちた廊下を行く途中。これから角を曲がろうという時、意識が微かに霧がかっている所為か反応が遅れ…今まさに衝突しようとしていたらしい人物の存在に顔を上げた。
サリエル。天界に在った頃より死を司り…その邪視の力で何の罪も無い同胞を手に掛け始めた事から、今や “ 裏切り者 “ とまで囁かれている天使。蒼白い顔色で、今にも倒れそうに壁に縋りつく姿。それだけで事の大元は理解出来た。
また力を利用されたのか、と。” 今起きたのですか “ という問い掛けに小さな頷き一つで肯定を示してから、解り切っている事を敢えて訊ね返す己は優しいのか残酷なのか。きっと後者に近いと思いつつ、彼の答えを待って。 )

(/絡み有難う御座いますー! …な、なんと、ミカエルを抱き締めて下さるのd ((
それに対し天使悪魔関わらずこんな調子なのが元天使長なのですよ←長い ラファエル君とは友人関係を結ばせて頂いてるので、関連してそれなりに交流がある感じで大丈夫でしょうか? 此方こそ、どうぞ宜しくお願いしますノン)


82: Astaroth (sxFGqilH9I)☆2015/05/04(月) 21:17:07
>>80Raphael
(ソファに座ったまま、紅茶をこくりと一口飲んで、ぼうっと相手の行動を見守る。その背中に僅かに残った羽を優しく撫でる彼の手は、恐らく癒しの力を込めているのだろう。
一度実験体の痛みを完全に消されて結果があやふやになった事があったけど、多分今は少し位は残るようにしてくれている、筈。あの時不機嫌になった自分は何をしたのだっけ。
確か、もう一度同じ天使で同じ実験でもしたのだったか。相手に見せたか、声を聞かせたかして罰とした覚えがある。
そんな事を頭の片隅に置いて考えつつ、羊皮紙と羽ペンに手を伸ばすと解った事、改良品の案、何の材料を増やして何を減らすべきか、そんな事を書き込んでいく。
自分を使えないのなら、使えるようにすればいい、と。あくまでも仲間を傷付けない様にと訴えてくる相手に、羊皮紙から気怠げな目を逸らさないまま、平坦な声で告げる。
わざわざ高い鼠を、その実験の為だけに加工するよりも、安くて沢山居る鼠の中から実験に合うものを探した方が楽だし、リスクも少ない。
手間を掛けた上に貴重な鼠を殺したとあっては、こちらとしては損をするばかりだ。
最後の一言は顔をあげて赤い蛇の目で相手を見ると、ふわり、と。自分としては凄く珍しい、優しい笑顔を浮かべて告げて見せた。)
作れますよ。その方法も考えましたが…、材料無駄にした上に君を間違って殺したりしたら馬鹿らしいでしょう?……従属の見せしめは生きていてこそ、ですから。

(/ラファエルくんは恰好いいと言うよりか…守りたい何かがありますよね…!うちの子はラファエルくんを守る所か傷つける立場ですけd(((
こっちはもう…天使様達を鼠に例えた上に…キエェェェェェワラッタァァァァァァァ!!Σ(゚д゚;)
いえいえいえー、見えませんねぇ、目はいい筈なんですが…私の廃品回収直行ロル位しか見当たりませんぜ! むむっ!ならばこちらだって負けせんよ!貴女様のが素敵ロルです!これ以外認めませんぞ!)


83: Michael (.18ItdoukM)☆2015/05/05(火) 01:23:23
>>75 Belial

……。私が哀れ、ですか。…お好きに捉えて下さって結構ですよ。
私は全てを受け入れて此処に居る。…その為に切り捨ててきたモノを、今更拾い上げる気はありませんから。
( 哀れだ。そう紡がれた言葉が、妙に耳に残り反響する。嗚呼…今自分は不愉快なのか、と他人のデータを読み上げるように思った。
その結果シン、と地下空間を満たしかけた沈黙を破るように、同じ言葉を繰り返す。
“ 嘘ほど真実を語るものはない “ いつか耳にした記憶があるそんな言葉の通り、彼という存在は多くの嘘に塗れていて…。だから今回のこのやり取りだって、いつものように軽く受け流してやれば何の危機を覚える事も無かった筈。
けれど、現実は望まない静寂を連れて来た。… “ だから “ 、またこうして感情を殺す。心を殺す。自分自身を、殺す。
自分を消し過ぎて、傷付くどころか死んでいる…? 当たり前だ。只でさえ数え切れない程殺して、殺して、殺して殺して…他でもない自分への殺戮行為を、飽きるほど繰り返してきたのだから。“ 生きている “ 方が余程異常と言える。
そんな心内は変わらずひた隠したまま、好きに解釈すれば良いと言い切ってみせた。どうせ真意を探るだけ無駄だろうから。
それから淡々と言葉を繋げ、言い終えた後に形式的な礼を残すや場を辞す為踵を返そうと。 )

(/いえいえ、大丈夫ですよ。お互いマイペースにいきましょう^^
面識に関しても大歓迎です…! ミカエルとしては「堕天前はそれなりに好感持ってたけど今は苦手(嫌いではないが色々と複雑、出来れば余り関わりたくない)」…みたいな感じになりそうなんですが、どうでしょうか?
そして絡みの方では色々言いつつ逃げに走った模様(…)先行き不安ですね^p^ )


84: Michael (.18ItdoukM)☆2015/05/05(火) 02:36:31
>>76 Astaroth

余程の怖いもの知らずかその為だけに生み出された “ モルモット “ でもなければ、それが自然な反応でしょう。
…協力しないなら今直ぐに殺す、とでも脅せば良いのでは?
( 或いは大切な何かを人質にする、等が有効ですかね。大凡天使…中でも特別な長という地位に在った大天使とは思えない言葉を当然のように吐き出しながら、役目を終えたトレイを身体の脇に抱えるようにして両手で持ち直す。
“ Time “ 、 “ Sage “ …それから “ Rosmarinus “ 。几帳面な細い字で品名を記したタグに深い意味は無い。ただ用意する側としても混同が防げる ( 混ざったとしても匂いで大方の識別は可能だが ) から、とより確実な方法を選んだだけ。
だから “ それ “ に対する反応は特に示さずに、目の前の彼の肩越し…此方を認識するやあれ程追い縋るようだった眼差しを伏せ、俯く天使を見た。
この距離で先の発言が届いていないとは考え難い。それ故の反応だろうと思いつつ特に声を掛ける事も無く、向けていた視線も意識ごと外す。
…と、その時。不意に視界が揺らぎ、咄嗟に指先で額を押さえ耐えるように瞳を閉じた。同時に落下したトレイが床を打ち、高い金属音が響く。
嗚呼…そういえば今日は妙な睡魔の影響で起床が遅れたのだったか。思考だけは冷静に巡り、深く息を吐いて。 )
……っ、…。

(/それは大変萌えますn (( 個人的には感情剥き出しで喚くミカエルも見てみたいです←今がこんなん故に
行けと言われても断固拒否します(笑) かーらーの、ちょっと室内の空気に中てられてる感じの元天使長です(謎のノリ← )


85: Sariel (lg6WJge1u2)☆2015/05/05(火) 14:21:54
>>58 Belial

(図書室に向かおうと屋敷の廊下を歩いていた時だった、ちょうど地下牢から逃げ出してきた下級天使を発見したのは。
初めは見て見ぬ振りをしようかとも考えたが、このまま放っておけば、いずれ悪魔に捕まってあの天使は罰を受けてしまう。それだけは…絶対に避けたい。
ならば、誰にも見つからないうちに牢屋へ連れ戻してしまおう。と、眼帯を外して背後からそっと下級天使へと近付くと、邪視を使って身動きができぬように大人しくさせる。
「…ごめんね。でも、これは君の為なんだよ。」そう優しくも残酷な言葉を掛けた後に彼の首輪に繋がっていた鎖を引けば、そのまま地下牢へと向かう階段を下りていく。
天使である自分が、こうやって鎖を引く姿は異様な光景かもしれない。しかしこれで彼は罰を受けずに済む、そう思えば自分が周りにどう思われようともどうでもよかった。
すると階段を下り切った後、不意に掛けられた声に視線を移せば、その声の主にぴくりと眉を跳ねさせた後淡々と答えて)
…逃げ出した下級天使を連れ戻して来ました…。

(/遅ればせながら漸く絡ませていただきました!
一応従順な感じになってますが、内心「…チッ、何でこうタイミング悪く悪魔がいるんだよ」とか思っちゃってます(←
そんなサリエルと本体ではありますがこれからよろしくお願いいたしますノシ)


86: Sariel (lg6WJge1u2)(sage)☆2015/05/05(火) 14:32:30
>>All

…っ、…やめてくれ……やめろ…ッ…!
(時刻は深夜を回った頃、自分の声でハッと目が覚めれば寝床からガバッと起き上がる。
気が付くと全身冷や汗をびっしょりとかいていて、肌に貼り付くシャツが気持ち悪い。未だ脈打つ心臓を落ち着かせる様に胸元へと手を置けば、何度か深呼吸をする。
嫌な夢を見た。夢の中にいたのは、今まで自分が手を掛けてきた天使達で、その無数の手が暗闇の中に自分を引き摺り込もうとするのだ。
この夢を見るのは今に始まった事ではない。そしてこの夢を見る度に、夢の中の天使の数は増えていく。…もし夢の中の暗闇に囚われてしまったら、その時自分はどうなってしまうのだろう。考えただけでも怖くて震えが止まらない。
当然もう一度眠りにつくなんていう考えはなく、そのまま自室から出て廊下を一人で歩いていくと、リビングへとやって来て膝を抱えるようにしながらソファに座り込む。
今晩は夜が明けるまで此処に居よう、と膝に顔を埋めながらじっとしていれば、先程の夢の中にいた天使達を思い出して小さく謝罪の言葉を述べ)
……っ、ごめんなさい…。

(/既出の絡み文には絡みに行けたと思いますので、ALL様宛ての絡み文を此処で投下いたします!
絶賛鬱っているサリエルですが、絡み難い等々ありましたら此方から絡みに向かいますのでお知らせください!)


87: Belial (WyHpTV10FI)☆2015/05/06(水) 12:18:08
>>77 Astaroth
いや、本心…だったら良かったかもな。
(自分が適当に言った言葉に『本心だ』と返そうとも思い口を開いたのだが、これ以上デタラメを続けてもきっと面白くないので、『だったら〜』と続けて若干遠まわしに嘘を認めた。
自分が相手を研究熱心だと言うとペンを止めて答える相手。相手の言っていることは一理ある。この屋敷は何時でもそうだ。それが何なのかは違っても、基本は同じような事の繰り返しの日々を一生過ごすしかない。
自分はそれを楽しめるから問題無いが、暇が嫌いな相手は何かしないと耐えられないのだろう。
そんな事を考えつつ、珍しく妙に素直な態度で相手の意見を肯定した。)
生きる意味、か。まぁ、それもそうだな。

(/慣れればいいんですがねぇ…自由人過ぎるよベリアル´д`
相変わらずベル(←略しかた変)は適当に嘘ついてのらりくらりしてるだけなのできっちりしているアス君が格好いいです結婚しよu(()


88: Belial (WyHpTV10FI)☆2015/05/06(水) 14:38:56
>>83 Michael

………………
(自分が相手に哀れだと告げると、まるでそこに何もないかのような沈黙が訪れた。それを破るように口を開く相手。
あぁ、駄目だ。また相手が死んでいく。自分の顔に浮かべていた笑みはもう消えている。
相手の事は駄天前から知っている。だからだろうか。いつの間にか、自分は本気で相手を心配しているような感覚に陥っていた。
この感覚が、嘘なのか本心なのかは自分でも分からない。自分の嘘に騙されている気がする。気持ち悪い。
いつもならここで新たな嘘を吐いたりするのだが、なぜか話す言葉が見つからない。そのまま相手が更に言葉を続けても、ただただ下を向いて黙っていた。
次に自分が何か行動したのは相手が踵を返そうとした時だった。咄嗟に相手の手首を掴む。何故?分からない。
考えがまとまらないまま、言い訳を探すようにあちこちに目を泳がせつつ口を開いた。)
待っ…その…ええと……

(/そうですね。ありがとうございます!
面識についてですが、むしろ駄天前だけでも好意を持ってくれていた事に感涙です…!
ベリアルは本文のように「気になってはいるんだけど話すと調子狂う」みたいになると思います。
そして逃げようとするミカエル君を捕まえたべリアルですが、凄く動揺してるのですぐに拒絶できると思います!
…あれ?やっぱり不安が拭えない…?)


89: Belial (WyHpTV10FI)☆2015/05/06(水) 16:17:17
>>85 Sariel

そうか、ご苦労様。…まぁ、お前の目があれば逃がすことも容易いだろうにな?
(自分のかけた声に対して背後から淡々と聞こえた声に振り向くと、薄ら笑いを浮かべて、脱走を誘発するようなを言う。
普通ならこのまま相手が連れている下級天使を無理矢理にでも受け取り罰を受けさせるところなのだが、今回はまぁいいか、と。
というのも、あの不思議な、とても面白い目を持つ相手がこの後どうするのかを見てみたくなったため、他の悪魔には黙っておく事にしたのだ。天使でありながら悪魔のような能力を持つ目は、初めて見た時とても魅力的に見えた。…苦労しそうなので欲しいとは思わないが。
それはともかく、手を伸ばせばなんとか相手に届く位の距離まで歩いていくと、まず相手に引かれている下級天使ににっこりと笑いかける。こいつに平常心があれば、かえって自分はとても恐ろしく見えているかもしれないが、そんなことはどうでもいい。
変わらない笑顔で相手の方に視線を移すと、まるで駄天前の頃の様な穏やかな声で話した。)
…大丈夫だ。他の悪魔には黙っておく。

(/絡みありがとうございます!
サリエル君の内心を読んでいそうで全然違う事考えているアホ悪魔ですw
ではではこちらこそよろしくお願いします!)


90: Michael (.18ItdoukM)☆2015/05/06(水) 18:21:11
>>88 Belial

っ……! ……申し訳、ありません。
( パシン、と響いた “ 鈍い “ 破裂音。彼が己の手首を掴み引き止めようとしたのと、此方がそれを認識して振り払うのはほぼ同時だった。
首筋に刃物を押し当てられても、額に銃口を突き付けられても微動だにしない指先が震えている。
見開かれた碧い瞳が徐々に落ち着きを取り戻し、一瞬にして詰まった呼吸を数秒掛けて元に戻していく中…零れたのは “ 使用人 “ としての謝罪。
直接の主ではないとはいえ、此処では存在そのものが館の “ 掟(ルール) “ に等しい悪魔を相手にこんな無礼を働く等、これまでの…少なくとも今この瞬間が訪れる前までの己なら到底有り得なかった。今だって有り得なかった、筈なのに。
まだ殺しきれていないのか。まだ殺さなければ、” 完璧 “ にはなれないのか。…駄目だ、これではまた痛い思いをする。
忙しない心内を、” 在りし日の彼 “ への感情を纏めて奥底へ押し込みながら白い手袋に包まれた手を元通りに下ろし、ぽつりと問うように。 )
この牢獄、本当に囚われているのはどちらなんでしょうね…。

(/恋愛的な情は無いにしても同僚としての信頼とかはそれなりにあって、他のメンバーも交えて笑い合う日もあったのかなぁ…なんて考えつつ、段々視界が霞んで参りました本体です←遠い過去の思ひ出的な何かを想像
そして本文のミカエルがまさかの感情制御失敗、…思った以上の反応に本体が吃驚しました(( )


91: 神に似た者 (rnfCnrugak)☆2015/05/09(土) 22:46:11
(/少し御久し振りです、スレ主です。細々ながら現在進行形で生息しております←
一部の予約リセに伴いキャラ表を更新、ついでに宣伝に参った次第でs(
現在シトリー、自由枠の悪魔を募集中ですので興味がありましたらお気軽にお声掛け下さいノン)


□□ 募集キャラ ― character ―

※恋愛はどのキャラとでも自由。

T . ルシファー ( Lucifer / >>13-14 ) ♀ × ミカエル ( Michael / >>10-11 ) ♂ ※スレ主

U . ベリアル ( Belial / >>54 ) ♂ × ガブリエル ( Gabriel / >>34-35 ) ♀

V . アスタロト ( Astaroth / >>20-21 ) ♂ × ラファエル ( Raphael / >>23 ,>>25 ) ♂

W . シトリー ( Sitri / 空席 ) ♀ × ウリエル ( Uriel / 空席 ) ♀

X . 悪魔自由枠 ( 空席 ) × 天使自由枠 ( サリエル ( Sariel / >>62-63 ) ♂


92: 神に似た者 (rnfCnrugak)(sage)☆2015/05/09(土) 22:49:47
>>91
(/…あるえ、トリップが違う…だと?←
申し訳ありません、どうやら紛失してしまった臭いので今後はこのトリップでいかせて頂きますorz
あ、本人ですよ! それは間違いありませんのでご安心を。それではレス消費+連投失礼しました…!)


93: (iFChAeKOx2)☆2015/05/17(日) 04:14:55
(/はじめまして!素敵スレの香りに釣られて投稿させていただきます!!もしよろしければ空席のシトリー(Sitri)を予約させて頂きたいです。文もまだまだ未熟ですが、ご検討よろしくお願い致します!)
>>主様


94: 神に似た者 (rnfCnrugak)☆2015/05/17(日) 20:44:32

>>93
(/おおお、久々の参加希望者様…! 対応が遅くなってしまいましたが、勿論大歓迎ですよ!
ただ下記の通り前回レス時に私が凡ミスをやらかしておりまして、ウリエルも空席だったりするのですが…ご予約はシトリーで大丈夫でしょうか?
特に問題無ければこのまま受理させて頂きますので、プロフィール御待ちしておりますノン)


>>92
(/実は投稿直後に気付いてたなんて今更言えなi (
うっかり見落としていたのですが、この時点で空席だったのはWのシトリーとウリエル、そして自由枠の悪魔でした…という訂正を此処でorz
後程改めて更新させて頂きます。 )


95: 名無しさん☆2015/05/20(水) 18:04:20
▫︎募集要項

募集人数 / 計6名全男性キャラ
→大まかな設定を恐れながら記載させて頂いております。
把握宜しくお願いします。又、此方が指定した設定に影響が無ければ御自由に設定を増やして頂いて結構です。

-----

▫︎ 役柄

>>幼馴染1 | 25歳 | 喫茶店マスター
>>幼馴染2 | 24歳 | 休日出勤
>>幼馴染3 | 23歳 | -
>>幼馴染4 | 23歳 | -
>>幼馴染5 | 22歳 | -
>>幼馴染6 | 21歳 | 大学生

※ 幼馴染2さんは平日は違う仕事をしています(仕事の指定はしませんが、ある程度休日に喫茶店へと出勤出来るようなものでお願いします)
ですので簡単に言えばバイトやお手伝いで働いている感じです。

※ あくまで開始時設定ですので今後バレる可能性はありますが、幼馴染3と5は主の担当します腐女子が腐女子だと知りません。普通の小説家だと思っています。

※ 幼馴染達は23歳の腐女子が幼稚園の時からの幼馴染です。つまり幼馴染1と2は小学校低学年。
幼馴染5と6は幼稚園の年少さんからのお付き合いになります。田舎育ちで御近所さんな事から幼馴染になり学校も少なかった事から小中高は皆同じ学校へ通ってました。
高校卒業を目処に電車で少しの都市部へと皆移住してきています。共同生活は幼馴染6が高校を卒業を機にスタート。6は大学に通いながら喫茶店でバイト、共同生活は現在始まってから3年目の夏です。因みに共同生活の言い出しっぺは1です。

-----




96: 名無し☆2015/05/20(水) 18:05:31

(/あ"あ"本当ごめんなさい。スレチしてしまいました。申し訳ないです..御許し下さい。)


97: (iFChAeKOx2)☆2015/05/22(金) 22:22:20
(/はい!予約に変更はありませんので、どうぞお気になさらず!^^
PFがやっとこさ出来上がりましたので、提出させて頂きます!何か不備があればなんなりとお申し付け下さい!やたらと長くなってしまい申し訳ないのですが、2つに分けせて頂きます;;)

□□ プロフィール ― personal ―

「――羽音が聞こえるの……とても耳障り。
    …嗚呼、誰かが私のモノを奪おうとしているんだわ……」
「貴方はその髪の根本から足の爪の先まで私のモノ。これは変わらない。ずっとね。
   ――素敵ね。素敵だわ。綺麗。とっても。っふふ。」
「頭が痛いのっ……何も見えない…寒いっ……。―私から離れないで!!
     奪われてしまうわ。壊されてしまうわ。私の、私の、」

名前:シトリー ( Sitri )
性別:♀
年齢:外見年齢は20代前半。実際の年齢は本人すら覚えていない。
容姿:金糸のようにさらりと靡く悪魔に不釣合いの金色の髪の毛を腰辺りまで真っ直ぐ伸ばし、前髪は真ん中で分けていて本人の視界には一切入らない。
魅入られそうな血色の瞳をしており、瞳孔は爬虫類のように縦に細長い。その瞳には昔、相手の秘密を暴く力があると謂われてきたが、詳細は不明。
然しそんな噂とは裏腹に視力はあまり良好でなく、相手と話す時もやや顔が近い時が屡。ワインレッドの無地ドレスに、黒のレース地のケープを羽織っている。
赤く色付けされた形の良い爪は長く鋭い。


98: (iFChAeKOx2)☆2015/05/22(金) 22:23:44
性格: 己の所有物に只ならぬ執着を持つ傾向にあり、誰に触れられることも許せない。執着しているものに拒絶されると異常な程動揺し、感情のふり幅が大きくなる情緒不安定な性質。
癇癪持ちの頭痛持ちで、常にやや不機嫌。日々頭に響く頭痛に悩まされ、それが緩和される時が唯一、己が所有物を"自分のものだ"と確かめている時間や、新しく所有物を手に入れた時だけなのである。
基本的に天使をただの観賞物、悪魔をただの同僚、或いは所有物を奪おうとする邪魔者だとしか思っていない。恋愛感情というものを今まで持っていたことがなく、耐性はゼロ。
もしもこの執着の塊のような女が恋に落ちたとしたなら、その相手は地獄の不幸を一身に背負うようなものだろう。
備考: 一人称は「私(わたし)」、二人称は「貴方、貴女(あなた)」。
ソロモン72柱の魔神の1柱で、60の軍団を率いた序列12番、地獄の偉大なる君主であった。
本来の姿は豹の獣人が背中にグリフォンの羽を携えた姿であり自由に自分の姿を変えることが出来るが、普段からいつもの姿を維持し、その能力を使うことはない。
職能は「欲情」。愛感情を操ることが出来る。然しこの場所ではその責務を負うこともなく、自分のためにその力を使うことも出来ない為、基本的に無害。
自分の所有物であるウリエルを時に愛で、撫で、時に蔑み、侮辱する。上記に記した通り、過度な執着を見せており、口答えや反抗は強い口調で圧し、従順にすればする程甘やかに褒めて見せる。
>>94 主様


99: 神に似た者 (rnfCnrugak)☆2015/05/23(土) 20:33:51


>>95-96
(/今気付いてちょっと吃驚しましたが、どうぞ御気になさらずノ)

>>97-98 シトリー本体様
(/お待ちしておりました、素敵なプロフィールを有難う御座います! もう私が絡みに行きたいぐらいですy
不備等は全くありませんので、お好きなタイミングで活動を開始してくださいノン)


お名前:





投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


楽しい投稿を心がけましょう!



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪