ピコ森 メル友掲示板


■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50
【BL】美少女戦隊☆プリンセスナイツ

1: (/K08NdWDjo)☆2015/10/19(月) 23:46:34

世界は狙われていた。

突如現れた悪魔一族の手の圧倒的な力に人間たちは成す術無く、終わりの時をただ待つのみだった。

誰しもが絶望しきっていたその時、彼女たちは突然現れた―――



彼女達はものすごいパワー・スピード・そして様々な魔法で悪魔一族を蹴散らしていく。

何より特筆すべきはその可愛さ!フリルやリボンのキュートな衣装、長い睫にぷるぷるの唇etc…

魅惑の容姿で人々の心をわし掴みした彼女達は、悪魔一族から世界を救った世紀のヒーロー、いや。世界のヒロインとなった。



そして、そんな彼女たちを人々はこう呼んだ。



―――――"美少戦隊☆プリンセスナイツ"!!!!






しかし、そんな彼女達には誰にもいえない秘密があった。


何を隠そう彼女達、

いや、彼らは



―――――正真正銘の  【男】 なのでだった。





※性転換がありますのでNL、GLシーンもございますが基本はBLです※

レス禁止


374: (uauVhpN57k)☆2016/08/25(木) 03:03:30
容姿:身長170p。ちょっと低いのは気にしてない訳じゃない。
多少細めに見えるけどそれなりの腕力はある。
若干たれ目で童顔だが子供っぽい雰囲気は無い。
前髪は左もみあげから正面にかけてが目にかかるくらいで、右もみあげは顎あたりまで伸びている。もはやこれはもみあげと言うのだろうか。
左耳に電気プラグを模したイヤーカフをしている。
普段の見た目は、髪色が全体的に淡い茶色で毛先だけ金色。クセのない真っ直ぐな髪質。後ろは背中の中ほどまでの長さの髪を項近くでまとめている。
目の色は髪色と似た茶色。
服は大抵の場合その日の気温似合わせて袖の長さが違う白いTシャツに淡い黄緑色や黄色のだぼっとしたパーカーを羽織っている。
下は七分丈のカーゴパンツに黒いハイカットの厚底スニーカー。
Tシャツにとてつもなく個性的なプリントがされている。(絵柄は日替わり)
悪魔の方の見た目は、尖った耳に明るい金色の目と髪。後ろ髪を電気プラグを模した飾りのついた紐でポニーテールにしている。
白いワイシャツの襟に細めの黒いリボンを結び、表が黒、裏地が緑色の燕尾服のようなジャケットを着ている。
下は黒の七分丈ズボンにジャケットと同色のゴツイ厚底の折り返しブーツをはいている。
背中に電気を帯びた黒い天使の羽(?)が生えており、他人が触ると静電気くらいには痛いらしい。


375: (uauVhpN57k)☆2016/08/25(木) 03:05:39
備考:一人称「俺」二人称は人によって気まぐれ。
戦いは(面倒なので)あまり好まないが、どちらかというと接近戦が得意。電撃とデービルもそこそこ使う。
最近ジャケットの下から黒い電気コードのようなものを何本か出して手みたいに使うようになった。すごく…触手です…
作ったデービルにはなぜかすべて電気プラグのようなしっぽがついているのだが、最近お気にいりのTシャツに描いてある死んだ目のペンギン型のデービルを作ることに成功。しっぽもちゃんとペンギンのしっぽ。
ちょっと嬉しいが死んだ目のペンギンも一応動物型なのでそのあとの処理に毎回困る。
少し前まで仕事をせず、生活費はその時の気まぐれで特技のダンスの大会に出たりしてその時の賞金で過ごしていた。
…が、現在住んでいるアパートのお隣さんにインターネットに踊ってみた動画をあげてみろとしつこく勧められたので一本『二へ二へ動画』に投稿してみたらなんかそういう系の偉い人の目に留まって、状況がよく分からないままプロのダンサーになってしまった。
あとから思い返してみても漫画でもやらないようなベタな話なのでしばらく詐欺かと思っていたのだが、ちゃんと収入が入ってくるのでどうやら本当だったらしい。
ダンスの基本はできているのだが表現の一部として表情があるのでそこを振付師にとても厳しく指導されているらしい。笑顔はそれなりにできるようになってきた。
世話焼きな腐女子のお隣さんはいるものの、基本ひとり暮らしなのでそれなりの家事はできる。
(ちなみに、このお隣さんにじわじわと沼に引きずり込まれて、最初は嫌がっていたのに気付いたらいつの間にか腐海に足を踏み入れていた。)
募集:(/特にありませんが、お誘いがあればノリノリで受けます!)

(/皆様お久しぶりです。響生本体です!
前回いつまでもキャラがつかめず迷走してしまったので以前のPFを魔改造してみたらなかなかの変な奴になりました。不備などありましたらご指摘お願いします。
今後どう絡んでいくかは未定なのでスレの様子を見ながら考えていきたいと思います。改めてよろしくお願いします!)


376: スレ主 (oiulhccrlk)☆2016/08/25(木) 05:42:02
>>369-371 >>373-375
(PF確認させていただきました!不備ございませんの交流の開始よろしくお願いします!)

>>372
(当時の設定を引用しまして、"とある科学者の一人で独自にステッキを開発した"というキャラでその他目的等はお任せ、でいかがでしょうか?
魔王の心臓につきまして今回は三つ巴で奪い合うというお話ではないので、個人的に探している等でしたらOKです!
この設定で問題なければ一旦PFの投下して頂いて双方で確認していけたらと…!ご意見ご希望等ありましたらお伺いいたします!)


377: 字 凛太郎(助手) (LuqsQs0P4w)☆2016/08/25(木) 05:45:27
☆キャラシート☆


「言ったはずだ。"任務は絶対"だと、な。」

「あぁ、この傷か?これは先日猫を撫でようと……いや、…その、何でもない。気にしないでくれ…。」

「悪いが目の前で仲間を傷つけられて黙って居られるほど…、俺は出来た大人じゃないんだ。」


名前:字 凛太郎(あざな りんたろう
性別:男
年齢:26歳
役柄:助手・プリンセス☆ブラック

性格:超が付くほど真面目堅物で、ストイック。常に大人びた冷静な態度をとる。
元レンジャーの精鋭部隊の頃の上下関係の厳しさから、今でも規則や規律を重んじて上の命を絶対としている。
仕事等に関してなんでも一人でこなすスペックを持っており、視野も広く他人を放っておけないお節介な面も。
その裏で自分自身人を頼るのが苦手で何事も一人で抱え込む。他人優先・自己犠牲の観念が強い。
部隊仕込みの堅い言葉と表情の少なさ故に冷たい人間と思われがちだが、割と体育会系で非常に努力家。
時には子供っぽい行動をする事もあり、負けず嫌いを発揮したり悪戯っぽい事を仕掛けることも。
表情も、慣れない相手には分かりづらいが小さい表情の変化があり分かる人には豊かに見える。
現在はデーモン一族の問題で無茶難題を吹っ掛ける上司と変態博士に挟まれている苦労人。
日々本部での掃除に洗濯などの家事の殆どをこなしているために母親化してきている。非常に押しに弱い。
若い頃女顔を気にして男らしく見える様にと前髪を上げる様にして以来それが仕事モードのスイッチになっており、
下している間は普段より感情を露わにするが基本的に恥ずかしがって人前では前髪を下さない。
酒が大好きで特に日本酒には目がないが飲みすぎると、タガが外れて普段から想像がつかないほどデレデレに悪酔いしてしまう。
猫が好きなのだが動物に好かれないのが悩み。


378: 字 凛太郎(助手) (LuqsQs0P4w)☆2016/08/25(木) 05:45:45
容姿:身長177cm、一見引き締まったスーツを着ているため細身には見えるが筋肉はしっかりついている。
レンジャー部隊を離れた現在は色白で、切れ長の目を囲う長い睫毛が特徴的な女性的な顔立ち。
どちらかというと実年齢よりは若く見られがち。
真っ黒でサラサラとした質の髪はうなじを半分隠す程度の長さ。下すと目にかかる長さの前髪はいつも上げていて、いくつかの束が額に下りている。
半袖で暗めの青いシャツに黒いネクタイ、黒のスラックスを着込んで革靴を履いており、ソックスガーターを着用。
常に両手に黒い革手袋をはめており、暑い日にはYシャツのみになって胸元を開けている。
休日であろうが常にその格好で、私服と呼べる様な服はほとんど持っておらず、トレーニングウェア等しか持っていない。
スーツに関しては同じものをいくつも持っていて、アクセサリーの類は邪魔になるからと言って一つも付けていない。

備考:一人称は「俺」、二人称は「君、○○君」年上には「○○さん」敵対する相手には「お前、貴様」。
基本的に言葉使いは丁寧なものだが、少々乱暴的で挑発的な言葉を使うことも。
元レンジャーの精鋭部隊に所属していたが政府に引き抜かれた。初代の魔王が現れた際にラブスティックに選ばれプリンセス☆ブラックとして戦い、
その後は博士の助手として政府から派遣され働いている。
仕事としては博士の手伝い雑務、政府への定期連絡を行っている。博士の変態ぶりには飽きれているものの、技術力の高さは尊敬している。
本部に一室借りて住み込んでおり、部隊を離れた現在でもでもトレーニングを時々行っている。
プリンセスホワイトに対しては、長い間一緒に戦ってきた相棒として強い信頼を寄せている。
初代魔王との戦いでステッキの損傷が起きた際武器を握っていた両手に大きな火傷を負っている。
痕こそ酷いものの感覚も残っており日常生活に問題は無い様子。だが常に手袋は外さない。

募集:酒飲み友達を募集させてください…!べろべろふにゃふにゃになってしまうことを知っている設定で、
   何時からの知り合いかはお任せいたします!(幼少期でも最近でも…)


379: 字 凛太郎(助手) (LuqsQs0P4w)☆2016/08/25(木) 05:46:08
【変身後用・追加】

変身衣装:陶器のような冷たさを感じさせる白い肌。
顔は変身前の面影を少し残した大人っぽい顔つきをしており、まるで人形のようだと評される容姿。
身長は160cm程度でヒールを穿いているのでさらに高く見える。胸は大き目。
全身が黒と白で纏められている中で目立つのは赤色の瞳と、それと同じ色に塗られたぷっくりとした唇。
膝あたりまで伸びた髪は真っ直ぐのストレートで、ぱっつん前髪も下している。黒色の宝石の付いたチョーカーを付けており、
肘辺りからの長さの黒い手袋と肩を露出させた黒のハートカットネックでスカート丈の短い黒いドレスを着用している。
ドレスは背中が大きく露出した編み上げになっており、スカートはくびれ辺りからふわっと広がったタイプで背中の腰辺りに大きなリボンとレースがあしらわれている。
脚には薄い黒のストッキングを着用し、高いピンヒールのパンプスを穿いている。黒薔薇とがあしらわれた黒いウェディングヴェールを被っている。
その装いのために「黒の花嫁」だなどと呼ばれることも。

魔法武器:刀身も全て真っ黒の長刀。鍔の部分に白レースのリボンと黒い薔薇がついている。パワーよりスピードで圧倒する戦い方を主としている。

(pl:スレ代行をさせて頂いている者です。相変わらずの堅物男ですがよろしくお願いします!
不備等ありましたらご指摘の方お願いいたします〜!)


380: (Q/Tox0epr.)☆2016/08/25(木) 09:42:48
>>357 スレ主様
(/ご無沙汰しております、幹部Aこと緋賀大洋の本体です。
本体が近頃掲示板を確認していなかったばかりにギリギリの滑り込みになってしまい申し訳ございません…!もしよろしければ引き続き緋賀として参加させていただければと思います。
PFに関しましても少々手直ししたものを再提出したいと思っております。ご検討の方お願い致します…!)


381: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/08/25(木) 12:36:23
>>380
(お久しぶりですお待ちしておりました…!
キャラキープ受付いたしましたのでPFの投下からお願い
いたします!)


382: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/08/26(金) 02:03:20
キャラリセの時間となりましたのでご連絡の無い方をリセットとさせていただきました。
それに伴い新たに参加者の募集をさせていただきますので、一度お目通しいただければ幸いです!
全体のバランスをとるため一部年齢指定をさせていただきました、ご了承くださいませ。

<<参加者LIST>> ○…募集中

○【プリンセス☆ピンク】…年齢自由
○【プリンセス☆ブルー】…年齢自由
●【プリンセス☆イエロー】華宮 虎珀 >>369-371
○【プリンセス☆グリーン】…20代後半
○【プリンセス☆パープル】…30代

●【プリンセス☆ホワイト】芝崎 勇介 >>219-221
●【助手・プリンセス☆ブラック】字 凛太郎 >>377-379
●【博士】 逆神 紫苑 >>16-18

●【デビルズ★ルビー】予約 (Vweo.OgS3s)

●【魔王の息子(兄】月見里 美月 >>103-105
●【魔王の息子(弟】斉藤 三臣/オズウェル >>38-40

●【幹部A】緋賀 大洋/フレイ >>19-21
○【幹部B】
●【幹部C】響生 雷/ライト >>373-375


★当スレッドは"ギャグ・コメディ"をテーマにしております。
あまりシビアな事を気にせず、敵同士と分かっていながらも気が合って飲みに行ったり、建物をぶっ壊してしまったり…
現実離れした<ご都合主義の漫画の様な世界観>で個性を発揮していただければと思っております!
その絡みでの世界線のみになりますが更なる覚醒で衣裳が豪華になったり能力を分け合ったり武器を交換したり…
基本設定以降は本人様同士で自由に世界を作り展開していっていただければと思います!


383: 響生 雷/ライト【幹部C】 (uauVhpN57k)☆2016/08/27(土) 23:10:26
>>ALL

…違う。
(平日の昼間の人気のない公園の隅。俺は肩で息をしながらズボンのポケットに入っている携帯音楽プレイヤーを取り出し音を止めた。近くのベンチの上にはタオルとスポーツドリンクと無造作に丸められた淡い緑の半袖パーカーが置いてある。
最近始めた仕事は今日は休みで、他の予定もないはずなのに、俺はこんな場所でダンスの練習をしていた。
というのも昨日、来月とあるライブで自分がバックダンサーを務めることを突然知らされ、早速練習が始まったのだが、経験の差だろうか。同じくバックダンサーを務める先輩ダンサーたちに全くついていけない。振付師にも自分ばかり注意され、確実に練習が滞っていた。
さすがにマズいと思い今日の朝からこうして練習しているのだけど、振り付けが発狂レベルで難しくまだ一度もノーミスで踊れていない。
もうあれだよね、確かに俺は人じゃない動きができるかもしれないっていうかそうなんだけど、物覚えは人並みだから。そんないきなりあんな先輩たちの中に放り込まれて完璧にできるはずがないじゃん?俺を選んだ人俺に期待しすぎだよね。あくまで俺はまだぺーぺーの新人ですよホントにもう。
趣味も仕事になると辛くなるコレ、何なんだろうね??
少し休憩しようとベンチに深く座ると、黒い筆書き風のフォントで「雑」と大きくプリントされた半袖のTシャツの首元をつまんでパタパタやりながら、スマホの時計を見る。デジタル時計が表示した時間は午後1時半。
…は?いちじはん?ほんの少し目を見開いてもう一度確認する。1時半だ。まだ昼丁度くらいだと思ったのに、練習に集中していて予想以上に時間が経っていたらしい。
何なの自分真面目なの?何かよく分かんないけど余計疲れた。何か気分転換になることは無いだろうか。ふう、とため息をつくと、隣に置いてあるスポーツドリンクを一口飲んだ。)

(/とりあえず新しく絡み文ができたので置いておきます!
前回とプロフを大幅に変えたので、申し訳ありませんが過去のレスは蹴らせていただきます…今までの絡みの後日の話として絡んで頂けるのは大歓迎です!
前の絡みを続けたい、絡みづらい、ぜひこっちに!!などありましたらご遠慮なくどうぞ!)


384: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/28(日) 02:54:04
☆キャラシート☆

【基本】

「貴様は黙って笑っておけ。俺様を楽しませたいのなら、それで充分だ」
「俺様は誇り高き魔王の子息だ!人間の発明した文明などに頼らずとも生きてゆけるわ!」
「父上のなし得なかったことをする…、それが残ってしまった俺様の指名だ」

名前:斉藤 三臣(さいとう みつおみ)/本名:オズウェル
性別:男
年齢:21歳
役柄:魔王の息子(弟)
性格:父親を絶対神として崇めており、息子でありながら初代魔王の熱狂的な信者でもあった。簡単に言えば極度のファザコン。自分と父親以外はその他と分類され認識するので他人の顔と名前を覚えるのが苦手、というか最早その能力は抜け落ちてしまっているに等しい。
但し兄と美少女戦士達に対しては敵意か強すぎるためしっかりと頭に刻み込まれている。他人に全く関心を示さない一方で一旦懐にいれるほど親しくなった人物への懐き方は異常で、それこそ魔王がいい例である。
魔族としてかなり長い時間を生きてきたため基本的には冷静沈着で感情が表に出ることが少ない、が、性根は怒りっぽい短気な性格。思ったことは素直に口に出してしまうため無意識に煽ったり口説き文句紛いのことを言ってしまうことも多々あり。親しくなった人には茶目っ気を見せることも。
根が真面目な為、バイト先でも大学でもなかなかの信頼を得ている模様。これでもかと言うくらいの凝り性かつ貧乏性で、家にあるものの殆どは手作り。夢は父親の様な立派で偉大な魔王になる事で、騒ぎを起こしたり街やスーパーなどを襲撃する度に芝居がかった演出で登場したりするのはその為。


385: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/28(日) 02:55:22
容姿:お金がかかるからと一度も染色した事がない癖の強い髪の毛は痛みのない黒色で、少し長くなった前髪は目に入らないよう軽く左に流し、後ろ髪は襟にかかる程度のものを適当に放置しておりかなり、ボリューミー。
湿気の多い日には更にボリュームが増すのが気に食わないらしい。よく見ると薄っすら赤みがかっているアーモンド型の二重の瞳は凄く"それ"っぽくて自慢。表情は基本無表情かしかめっ面。
成長の止まった173cmの体躯は余り高くはないながら、アルバイトや色々なことで鍛えられているので必要な所に必要な分だけ筋肉がついた実用的な身体つきである。
ファッションに関しては全く興味がなくダークグレーのパーカーの上に黒にピンクの三本のラインが入ったジャージにハイカットスニーカーが常で、それ以外はバイト先の制服を着ている。しかし決してセンスがない訳ではなく、TPOに応じてそれなりの服装をする。
バイト以外の外出は嫌いなので肌は白い。元の姿は一族特有の鋭い牙に尖った耳、蝙蝠の様な黒い羽。瞳は魔力に応じて赤味が増し鼻から上を隠す髑髏をモチーフにしたマスクに、軍服を元にした服を身に纏う。
身長は変わらず顔立ちは若干大人びる程度であまり変化はない、というか人間に化ける際に変化させるまでの微調整が出来ない。
肌は白さを増し、相対するかのように唇は赤さが増す。漆黒の髪は腰の辺りまでになり柔らかくウェーブしたものを高く結い上げている。ネクタイ、手袋は黒でシャツは赤、ズボンは白、ジャケットは黒で襟は金色で縁取られている。
また、細々と色々な装飾が足され衣装はかなり華やか。帯のように腰に巻かれた2枚の布は光沢があり、表は黒で裏地は真紅。長さは足首の辺りまでなのだが、ふんわりと体の周りを浮いている。編み上げのブーツは膝の少し下あたりまであり約8cmのヒールになっている。
武器として先端に瞳と同様に魔力に呼応して赤みを増す拳大の黒い宝玉の付いた杖を携えるが、使用方法は主に鈍器として。


386: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/28(日) 02:58:26
備考:一人称"俺様"、"俺"。二人称"貴様"、呼び捨て。奨学生として大学に通いつつ、軍資金を集める為に運送屋のバイトとコンビニの夜勤をこなしながら、小さなボロアパートで生活している苦学生。
人間関係には慣れてきたが相変わらず機械は苦手で、バイト先に持たされているスマホもタブレットも全く使いこなせていない。ちなみに家にある家電も電子レンジと冷蔵庫だけ。最近漸く電子レンジのオーブン機能を使いこなせるようになった
プリンセスナイツを倒す事が最大の目標で懲りずに頻繁に暴れ回っては逃げ帰る生活が続いている。兄への敵対心も健在。毎朝起きた時と夜寝る前に初代魔王の写真を拝むのが日課であり、何か困りごとがあった時に拝むのも恒例。
酒に関してはかなりの蟒蛇で、大学の同級生にタダで飲み会に誘われては後片付けなどを押し付けられている。
未だに日本語の、特に漢字が苦手で小学生用の書き取りドリルで日々勉強中。そして字もかなり個性的。態とにも取れる程の音痴だが本人に自覚はない。最近バイクの免許をとった。潜在的な素質は兄に勝るとも劣らないが、その能力が発揮されるのは感情の起伏に応じてのみで、自分での制御はほぼ不可能。
本人の能力の性質上本来の姿の方が感情の起伏が激しくなりやすく、また逆に、人間時に感情が高ぶりすぎると意図せずして本来の魔族の姿に戻ってしまう。
募集:大学での数少ない友人を1人募集させてください。大学生であれば年齢は問いません。こちらをどう思っているか、素性を知っているかどうかなどはお任せします。その他なにかあればなんなりとお声かけ下さいませ!

(/少々プロフィールの方手直ししたので、改めて投稿しなおさせて頂きます!長々しく失礼いたしました…!)


387: 字 凛太郎(助手) (LuqsQs0P4w)☆2016/08/28(日) 04:36:32
>>all

…ッごほ、けほ!…何だ一体!、―…まぁもうこれで避難警報を解除しても大丈夫そうだな。
(街に大型デービルが暴れている!そう連絡を受けたのは数十分前だ。
避難も済み人気のない商店街で対峙するのは黒い少女と大きな猫ぬいぐるみのようなデービル。
怪物は大きさに比例し力は有るが動きは鈍い、パワーではなくスピードで圧し斬る自分にとっては相性の良い相手だ。
足場を強く蹴り飛ばし相手の攻撃を避け、真正面から一刀両断してやった次の瞬間、―…パン!!その大きな体が破裂し、その場からピンク色の煙が立ち込めた。
思わず吸い込み咽てしまうが、身体に異変は感じない。…何はともあれ、周囲一体を封鎖しているであろう警官隊に完了を伝えてこの任務は終了だ。
帰って山の様に積もっている書類でも片付けるか…そう思い踵を返した瞬間、ショーウインドウに映る己の姿が偶然目に入り…思わず身体が硬直した。
なん、だ…これは…。己の頭に生えたやけに毛艶の良い黒い猫の耳、そして後ろで揺れている猫の尾…
恐る恐る指先で触れたソレは確かに体温を持っており、何より指に触れられたという感覚まである。
この仕事を任せられてから、この戦いに常識と言うものが通用しないというのはもう理解しているはずだった。だが今、こう叫ばずにはいられないだろう、)
!?なッ、な、なんだこれは――…!!!


(pl:猫耳生えた26歳というおふざけ全開の絡み文投下させていただきます!
魔王兄弟さんの方には後程前回の続き返信させていただきます、他にも前回の続きからでと言う方おられましたらお手数ですが一言お願いします!
合いも変わらず堅物真面目な男ですが、よろしくお願い致します!)


388: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/28(日) 05:09:29
>>All
――うぐぐぐぐぐ……ッ!!
(いつも通りの襲撃に人々は避難を終えた後、人通りのなくなった商店街の瓦礫の山から、一人、うめき声を漏らす。
ほんの少し足を滑らせて建物の崩壊に巻き込まれ、気付けばこのざまである。上半身はすっぽりと瓦礫に埋もれ、ぴょこりとそこから飛び出す羽と下半身をじたばたもがこうとも、どう上手く噛みあっているのかびくとも動く気配がない。
やってしまったと、思った瞬間にはもう手遅れだったのだ。杖は崩落の時にどこかに落としたのか手元にはなく、魔力で瓦礫を蹴散らすこともできないし、そもそも焦りで影を作り出すことすらままならない。
もう数十分はこの状態なのだ、誰でもいいから助けてくれ、と半ば半泣きになりながら、羽はバタバタ動かしつつくぐもった声で助けを求めて)
ぬ、抜けんのだ…!誰でもいいから手を貸すがいいッ!…動けぬぅ…!

(/以前のレスは返してはいるのですが新規に、ということなので新しく絡み文方投下させて頂きます。以前の交流を続けて頂ける場合は、遠慮なくお願い致します!それでは今後とも本体共々宜しくお願いしますm(__)m)


389: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)(sage)☆2016/08/28(日) 05:13:47
>>スレ主様
(/本体文のみにて失礼いたします。斉藤三臣の本体です。このスレの設定が本当に大好きで、長くここのスレにて交流をさせて頂いているの間に、この設定でこんなキャラクターがいればなぁ、
と考えているうちにどうしてもそのキャラを動かしてしまいたくなったのですが、三臣もお気に入りでリセットすることも出来ず…。
そこでこのスレの復活に際しまして、そしてリアルにも余裕が出たため、誠に勝手なお願いではありますが、三臣とは別にもう一人、新しいキャラを投下させて頂ければ…!と考えております。
こちらの我儘な提案ですし、一人二役はちょっと…、などありましたら、蹴って頂いて一向に構いませんので!ご検討の方、宜しくお願い致します)



390: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/08/28(日) 05:37:43
>>389
(2キャラ目についてなのですが、これを機に以下の条件を設けさせていただきました。
三臣君本体様は1スレ目から長く参加して頂いていますので、2キャラ目参加していただいて大丈夫です。
再度予約のレスをお願いいたします!)




★【2キャラ目参加につきまして】

今回を期に2キャラ目参加を解放させていただきたいと思います!
条件としては2キャラロルを回す余裕のある方。
そして、現在は掲示板移行とnext!を含め3レス目になるのですが、1レス目から参加されていた方限定とさせていただきます。
(当スレは役割固定方式のスレになるので2キャラ分の枠が埋まってしまいます。失踪せずに参加して頂いた経歴がある事と人数制限の為です。)
条件を満たした方で、2キャラ目を投下したいという方は再度改めてご予約のレスをお願いいたします!


391: (qOBgCKFGq.)(sage)☆2016/08/28(日) 06:15:15
>>390
(/こちらの我儘な提案にわざわざお手数をいただいて、ありがとうございます…!では、プリンセス☆ピンクで予約の方お願いします!)


392: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/08/28(日) 06:22:24
>>391
(予約受付いたしました!三臣君の様な素敵なお子さんお待ちしております!^^)

>>ALL
(/僭越ながら先ほど解放しました2キャラ目について、自分自身も条件満たしておりますので2キャラ目をプリンセスブルーで予約させていただきました。
当スレッドは短ロルで回転率が速いスレとなっております。様々な方と豊富に交流できる場を皆様で築いて行けたらと思っておりますので、よろしくお願いいたします!)

<<参加者LIST>> ○…募集中

●【プリンセス☆ピンク】…予約(qOBgCKFGq.)
●【プリンセス☆ブルー】…予約(LuqsQs0P4w)
●【プリンセス☆イエロー】華宮 虎珀 >>369-371
○【プリンセス☆グリーン】…年齢自由
○【プリンセス☆パープル】…30代

●【プリンセス☆ホワイト】芝崎 勇介 >>219-221
●【助手・プリンセス☆ブラック】字 凛太郎 >>377-379
●【博士】 逆神 紫苑 >>16-18

●【デビルズ★ルビー】予約(Vweo.OgS3s)

●【魔王の息子(兄】月見里 美月 >>103-105
●【魔王の息子(弟】斉藤 三臣/オズウェル >>384-386

●【幹部A】緋賀 大洋/フレイ >>19-21
○【幹部B】
●【幹部C】響生 雷/ライト >>373-375


393: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/08/28(日) 22:42:37
>>スレ主様

(/こんばんは、本体のみで失礼致します。華宮虎珀本体です。
今回2キャラ目開放と言う事を聞いて声を掛けずにはいられませんでした。
ただ、私自身今年が多忙な時期でありほぼ毎日のようにレスを返す事が出来ないし、キャラの事で色々あったのですが…。それでも宜しければ2キャラ目の参加を許可して頂きたいです。

それと、2キャラ目参加良いよ!と言う事でしたら今あるキャラの枠を私が埋めてしまうのは申し訳無く、新規様も入りにくくなってしまうと思うので、もし可能でしたら一般人の枠を作って頂ければ嬉しいです。
作って頂ける場合は、某語ろうスレでボヤいていた設定の一部を使って、”ギャグ要員の歩くフラグ()な大学生新聞記者”みたいな感じのキャラを作ろうと思っています。
我が儘ばかり言ってすみません!もし新しい枠を作るのはちょっと…や、あんま返せないのなら駄目!等有りましたら虎珀のみでこれからも活動させて頂く所存です…!!
お手数お掛けして申し訳無いのですが、ご検討の程宜しくお願いします。)


394: 逆神紫苑【博士】 (hjAE94JkIU)☆2016/08/29(月) 00:21:35
>>ALL
今回は俺の本分、って感じだからねぇ。戦わせてもらうしか無いでしょ…。
(今回、新しく生み出されたらしいデービル、電波塔に巻き付く巨大な蛇のようなそれはどうやらサイバーテロ系の物らしい。
あちこちの機器が不調を出し、通信機器も効かない。つまり、出動要請が出せないと中々困った物で。めちゃくちゃな電波、音波を発して塔の周囲に居る人も不調になっている、と。
電波塔と大きなところだから要請をしなくとも誰かしらは来るだろうが、それでも気付かない者も居るだろう。
一人の負担が大きくなると、怪我をする確率も増えてしまう。それは防ぎたい。
自分に出来ることを探せばふと、あちらから機器にアクセス出来るならばこちらからも出来るのでは、と気付き、自分のパソコンや機材を片手に電波塔近くビルの屋上に来て。
ミラーステッキを使い防御の壁を何重にも張れば、機材の準備をする。いつも彼等に任せっきりなのだ。自分の領分に敵が入って来たなら自分にも戦える、と。
久しぶりの感覚に楽しげに目をぎらつかせ、キーボードに指を走らせ始めて)

(/こんにちはこんばんは、スレ復活おめでとうございます!そしてまた博士役やらせて頂きます。とりあえず早めにall様宛絡み文を出させて頂きます。
すごく…絡みにくく…なんででしょうね…、これ。既に絡み文を出している方々にはこちらから行くつもりではありますが、待てないと言うようであればこちらにどうぞ!
どうぞこれからもよろしくお願いします。プリナイスレ繁栄を願っております!)


395: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/08/29(月) 02:00:49
>>393
(2キャラ目参加について、華宮君は1スレ目から参加いただいているのでこれについては問題ありませんし、
役割についても申し訳ありません此方のミスで最新のリストに追記漏れしておりましたが無制限募集をかけているので一般市民で参加して頂いても構いません!
ただ、現在多忙という件につきましては此方では判断できかねますので、華宮君本体様のご判断で…となってしまいます。
2キャラ目投下された場合は単純に返すロルが2倍になってしまいますので、溜めてしまうと負担がそれだけ大きくはなります。
現在ご多忙なのでしたら、今は1キャラのまま今後時間が出来始めたら追加キャラといった形の方が華宮君本体様も負担にならなくて良いかな…とは思います。
華宮君本体様側でそれでも追加して大丈夫と言う事でしたらご参加頂いて構いません、ご予約のレスをお願いいたします^^!)


396: 字 凛太郎(助手) (LuqsQs0P4w)☆2016/08/29(月) 02:49:47
>>354 斉藤三臣

ふふ…ありがとう、遠慮なくお借りするよ。
(休ませてもらった礼にと晩飯の提案をしてみたら、なんともタイミング良く相手の腹の虫が鳴きだした。
先程迄は態度も落ち着いて見た目に比べ随分大人びた人物だと思っていたのだが。恥ずかしげに頬を染め声を荒げる相手がなんだか幼く感じ、ふっと笑みを零し台所へ向かった。
相手の許可も得た事だ、いざ冷蔵庫を開けて中を覗き込むと限られた材料で何を作ろうかと脳を回転させる。…野菜に、魚もあるな。
折角ならば自分の得意な和食で何か…、そうだ、この食材ならば鰤大根がいいだろう。そう決めると手際よく調理を開始した。
料理が完成したのは丁度いい夕飯時。テーブルに料理を一式並べると、今更になって今時の若い子はもっと洒落た料理が良かったかと少し申し訳無さげに声を掛け)
少し待たせてしまったな、…すまん、あまり洒落た飯は作れなくてな。口に合うと良いんだが…。

(PL:お久しぶりです、返信大変遅くなってしまいすみません…!><
三臣君とは色々とドキドキする絡みをさせて頂いていたので、再び続きの交流が出来てとても嬉しいです!
今後ともよろしくお願いいたします^^!)


397: 芝崎勇介【プリンセス☆ホワイト】 (r.N2/.jQ3g)☆2016/08/29(月) 03:04:48
「ん?どうした?退屈なのか?ならバスケで
もしようぜ!バスケは良いぞ、すごく楽し
い!」
「またお前達か……。おいたは駄目って何回
言ったら分かるんだ!お……わたしも!さす
がにそろそろ怒るぞ!」
「最近スマートフォンに替えたぞ!携帯の進
化が凄いな!でも入力が難しい!ものすごく
速い人がいるが……というか大体皆速いんだ
が、俺には無理だなぁ。」

名前:芝崎 勇介(しばさき ゆうすけ)
性別:男
年齢:38
役柄:プリンセス☆ホワイト
性格:人当たりが良い。褒めるのが趣味か、
と思うほどに、よく他人を賞賛する。反対に
叱るのは苦手。途中で許してしまう。長所を
見つけるのが得意だが、反対に短所にはあま
り気付かない。というか、他人に対して大変
甘く、短所を見つけても「このくらい別に」
と思ってしまう。
テンションは高めだが根は温厚。大人の冷静
さとは一体なんなのか分からなくなるような
人物。だいたいなんにでもすごいって言う。
ややオーバーリアクション。
学生時代から頭を使うことはあまり得意でな
い。特に新しいことを覚えるのが苦手で、勘
違いも多い。頭が良くない自覚はあるので分
からないことがあればすぐ聞く。一応社会人
できているので一般常識と日本語なら恐らく
問題ない筈。
交際経験はそこそこあるが、全て告白も破局
も相手からだったため経験値は低い。恋人へ
の執着心が薄く、束縛「しない」という理由
で振られた経験が数度。正確には執着心が薄
いのではなく、歴代の恋人に抱いていたのが
恋愛感情ではなく友愛だったから。これにつ
いてまだ本人に自覚はない。
お酒は好きだけど煙草はたまにしか吸わな
い。酒にはかなり強く、滅多に酔わない上に
飲んだ翌日も元気。


398: 名無しさん☆2016/08/29(月) 03:05:35
容姿:真っ黒な短髪。短いので分かりにくい
がかなりの癖っ毛。ややかための頑固な髪質
で、伸ばすと爆発してしまう為、ベリーショ
ートか坊主しか選択肢がない。
垂れ目がち、瞳の色は黒に近いブラウン。反
対に眉はキリリとしている。笑うと眉間に皺
が寄る。
顔立ちは童顔でも老け顔でもないが、表情と
雰囲気で年齢よりは若々しい。ようは内面が
子供っぽい。真顔でじっとしていれば恐らく
年相応。
身長は185cm前後。学生時代は運動部に所属
しており、その名残で現在も鍛えているた
め、筋肉質でがっしりしている。また、大変
姿勢が良い。
大抵スーツを着ている。私服はトレーナーに
ジーンズなど。これと言ったこだわりはな
く、着回しできて動きやすければそれで良
い。センスは悪くないがオシャレというわけ
でもなく、普通。
アクセサリーは基本的につけない。時計もシ
ンプルなものを好む。
備考:一人称「俺」二人称「苗字呼び捨て、
苗字+君、役職名、お前」
元気なのが取り柄。昔から怪我以外で病院に
行ったことが滅多にない。
職業は普通のサラリーマン、会社での役職は
まあ年相応の出世具合。婚期は絶賛逃し中で
現在恋人はいない。
初代魔王を倒してひと段落ついたので組織を
脱退したが、ある日街中でデービル退治中の
他の戦士を見かけ、怪我をしていたので放っ
ておけず助けに入って以来、積極的に組織に
協力している。
元相棒のブラックについては、彼の真面目な
性格と高い能力を尊敬しているが、なんでも
一人で頑張ってしまうのを心配してもいる。
初回変身時に大股でドスドス歩いたらこっ酷
く叱られた。その時「変身中はもっとちょこ
まか歩け」と言われたのを守り続けている。
学生時代はバスケ部に所属。現在も時々友人
と集まってプレイしている。球技はだいたい
得意。


399: 名無しさん☆2016/08/29(月) 03:06:10
募集:(/特にありません。こんな関係どう?は
大歓迎ですので、何かございましたら気軽に
お声掛けくださいませ!)

【変身後用・追加】

変身後の姿:長く伸びたサラサラふわふわの
淡い白銀の髪を左右で三つ編みにしている。
前髪は眉にかかるくらい。髪と同色の長い睫
毛に縁取られた瞳は灰色、潤んだようにキラ
キラと光る様はまるで水晶のよう。困ったよ
うな下がり眉が印象的。柔らかそうな頬に小
さな薄い唇、大きな目のいわゆる童顔。
背丈140cm前後の小さな体には凹凸があまり
見当たらない。胸の膨らみはほぼ無いに等し
い。華奢で頼りない細い手足は、透き通るよ
うな白い肌と相まって、儚げな雰囲気を漂わ
せる。
パールグレーのフリル襟パフスリーブブラウ
スに、ラウンドネックの白いジャンパースカ
ート、裾は段々のフリルになっている。ジャ
ンパースカートの下にはパニエを着用。腰の
辺りに天使の羽を模したリボン飾りがついて
いる。襟元にも大きな白いリボンを結んでい
て、中心をハート型の青い石が飾る。足元は
クルー丈のレースソックスに白のバレエシュ
ーズ。
武器:体格に見合わない大きな両刃斧。左右
対称の刃の中央部に胸飾りと同じハート型の
石がはめ込まれている。白い柄に金で細かく
蔓草のような模様が刻まれている。
一撃の重さが特徴のパワー型で、速度には欠
ける。

(/作った当初は「勇介ってこんな感じ?」だっ
たのが、「勇介はこんなだ!」とはっきりし
た箇所がいくつかあり、そこを書き足したの
で再投稿します。不備等あればご指摘願いま
す。)


400: (qOBgCKFGq.)☆2016/08/29(月) 05:52:04
☆キャラシート☆

【基本】

「正義のヒロインに興味はねぇけど、あの化け物を倒すのには興味があるな。まぁ、じいちゃんよりは弱そうだけど」
「押忍!――って、ことで俺ぁ帰るぞ。草むしり途中ほっぽりだしてきてんだ。妹にどやされちまう」
「は?敵?飯食ってからにしてくれ。腹減ってんだ」

名前:武田 玄一(たけだ げんいち)
性別:男
年齢:18歳
役柄:プリンセス☆ピンク
性格:質実剛健を地でいく大和男児。彼なりのポリシーを貫くため、真面目に見えて意外にマイペースで頑固者。祖父にくっついて育ってきたため所作や趣味がいちいち爺臭い。
他人からの評価は別に気にせず、よく言えばおおらか、悪く言えば無頓着。嘘を吐くこと、隠し事をすることが嫌いで苦手なので、ぶっちゃけ今の生活が身内や友人にいつバレるかとヒヤヒヤしている。
世界を守るためにと役目を与えられたものの実際そこまで正義感が強い訳ではなく、自分の家族を守るために、そして鍛錬のためにと今の役目を引き受けている。
外見から怖がられやすく、口数も少なく寡黙なため色々と勘違いされやすいが、実際はただ何も考えていないだけだったりする。
容姿:固めの黒髪は短く刈り上げ、髪質からツンツンと頭頂部は立っており、額はフルオープン。
垂れ目気味な三白眼はいつも半開きで眠そうだと言われることも。ただ人相は悪く子供などからは敬遠されがち。
188pとかなり長身で、日ごろの鍛錬の成果からかなり筋肉質。骨太なことも相まってガタイがいい。屋外でジョギングしたりトレーニングしたりもするので肌は程よく焼けた健康的な小麦色。アクセサリーの類は一切つけず飾り気はなく、また服装にも無頓着で基本的に制服あるいはジャージ。
これも祖父の影響であるが、家の中では和装が多い。制服は学ランを基本的に前を開けて着こなす。中に着ているのは大体Tシャツ。学校指定の通学鞄は八割が弁当を占め、柔道着は常に携帯している。


401: (qOBgCKFGq.)☆2016/08/29(月) 05:56:25
備考:一人称「俺」、二人称「お前」、三人称「〜さん、呼び捨て」家族構成は祖父、一つ下の妹が一人、年の離れた双子の弟と妹。暇があれば何か食べている健啖家で、一日五食が基本。
不器用なので家事は基本的に妹に任せっきり。普段は高校に通い柔道部で主将を務めている。勉強嫌いで、学校には部活をしに行っているだけに等しい。
洋食より和食派、甘いものは苦手で辛いものが大好物。友人や家族にすらドン引かれるレベルで辛いものを摂取する。
プリンセス☆ピンクの役割を引き受けてまだ期間は短いものの、自分では知らない間にグッズが売り出されていたり、無駄に人気が出ていたりして、さすがの彼も困惑しているらしい。
一応気を使ってか変身時は「私」と一人称は変えているが、それ以外の口調や仕草はそのまま。祖父の相手をするうちに覚えた囲碁や将棋が趣味。


募集:(/特に募集はありませんが、何かありましたらひと声かけて頂けると飛んで喜びます!)


402: (qOBgCKFGq.)☆2016/08/29(月) 05:59:11
【変身後用・追加】

変身後の姿:淡い薄桃色の髪は腰を超える辺りまでで、白いフリルがあしらわれた濃いピンクのリボンでポニーテールにし、緩くウェーブしながら毛先に向けてクリーム色へとグラデーションになっている。
身長は150pと小柄ながらも凹凸はそれなりにはっきりとしており、サイズ的にはⅮといったところ。
透き通るような透明感のある白い肌に、小振りの唇はプルプルのピンク色で、ぱっちりとした垂れ目の瞳は髪と同色の薄桃色。
首元には赤いハートのチャームがついたチョーカー。髪色よりやや濃い目の桃色のベアトップの衣装はウエストまでは体のラインにぴったりと密着し、スタイルを強調、スカートの部分は二重に。
スカートの内側は白、更にその内側はドロワーズを着用し、ウエストから下はふんわりと広がっている。
スカートの丈は太ももの真ん中くらいまで。胸元やスカートの裾には白いフリルがふんだんにあしらわれており、ウエストから胸元に向けて黒い細いリボンの編み上げの装飾がある。
また、ウエストの部分には髪を結んでいるリボンと同じ大きなリボンを結んでいる。左の太ももにはピンク色のフリルのガーターリング。
パステルピンクの手袋は二の腕まであり、手首には髪留め、ウエストにあるリボンと同じモチーフのリボンが両腕にあしらわれている。
7pほどのヒールの手袋と同色のサンダルは膝上の辺りまでリボンで編み上げのスタイルに。
武器:己の肉体自身が武器。基本的に肉弾戦派。パワーとテクニックでゴリ押しする。柔道技に加え、締め技や関節技を多く用いるので若干グラップラーっぽくもある。

(/予約させて頂いていたキャラをのプロフィールを投下させて頂きます!自分の趣味を詰め込みまくった子になってしまいましたが、不備などありましたらご指摘の方お願い致しますm(__)m)


403: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/08/29(月) 09:38:00
>>395 スレ主様

(/丁寧な対応ありがとうございます!
そうですね、では主様の提案通り今は1キャラのみを動かして時間に余裕が出来たら2キャラ目を投下して参加と言う形にしたいと思います!
ではでは、本体のみから失礼しました!!)


404: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/08/29(月) 14:18:41
>>383 響生さん(響生雷)

わわっ、まめ!ちょっと待ってよ!!
(高校の夏期休暇も残りわずか。今日は黒柴犬の仔犬のまめ助(祖父母が豆大福を見て思い付いたらしい)、通称まめを散歩させる次いでにピクニック気分でお弁当を作って公園でお昼を食べようかな、なんて思ってたのだけど…。
今はそれどころじゃない。何故かと言うと……まめが凄い勢いで僕を引っ張っているから。散歩が嬉しいのは分かるけどもう少し落ち着いて!ゆっくり走って!!
何度も転けそうになりながらまめについて行く事数分。やっと落ち着いて来たので目的の公園へと向かった。
公園に着く頃には時間は1時半になっていた。うーん、元々遅い時間に出たとはいえ、結構遅くなっちゃったなぁ。なんて思いながらもまめが楽しそうだから良いか、なんて。
ふと、ベンチに座る人物が視界に入った。…あれ?何処かで見た事あるような……?そう油断してたからだろうか、まめがその人に向かって走って言ってしまう。
それを見ると慌てて追いかけた。多分、と言うかまめは人を噛んだりはしないからきっと構ってって周りをうろちょろするだけだとは思うけど…。)
あー、もうこんな時間かぁ。…まめが楽しそうだし良いかな。
?あれ、あの人……、っ!ちょ、ちょっとまめ!!

(/お久しぶりです&絡ませて頂きます!!実は腐男子な雷くんに驚きと興奮が隠せきれません!←通報
雷くんが犬嫌いなのは本体は分かっていますが変身前の状態では初めましてなので絡み方が思い付かなくて結局虎珀の飼い犬のまめ助を出しました!苦手なのにすみません!!
でも可愛い雷くんの反応が見れるので反省はしません!!ドーン←
敵同士ですが変身する前の状態では仲良くなれたらなぁなんて思ってます(笑)これからまた宜しくお願いします!)


405: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/08/29(月) 16:02:34
>>387 字さん(字凛太郎)

(街に大型デービルが現れたと連絡が来た。本来ならすぐにでも現場に向かいたいのだが、友人に捕まっている為向かう事が出来ない現状にいる。
何とか言い訳を作ってみようとは心掛けたのだがどうにも誤魔化せなくて結局デービルが出現した商店街へ行けたのは出動要請が来てから数十分後経った頃で。
着いた頃には既にデービルは倒されていた。申し訳無いと思うと同時に被害が少なくて良かったと思う。
デービルの残りや怪我している人はいないかとキョロキョロ辺りを見渡す。
すると、ショーウィンドウがある所に人影が見えた。声を掛けようとしたが次に聞こえた叫び声にびっくりして口を閉じる。…な、何かあったのだろうか?とりあえず駆け寄ってみる。
ショーウィンドウの前にいた人物は僕の憧れであり大好きで大切な人の一人である字凛太郎さんだった。…あんなに叫んでる字さん初めてみた気がする。
相手の名前を呼びながら更に近寄るとここで違和感。ゆらり、視界に映るそれはもう何度も見かけた事のある猫の尻尾が、しかもよく見たらふわふわしてそうな猫の耳もある。
色々疑問はあるが、相手に生えている猫耳と猫の尻尾を見ればキラキラと目を輝かせて。)
すっかり遅くなったなぁ。…あ、あの!大丈夫d、!?ど、どうしたんだろ…。
!字さん!叫び声が聞こえましたが何かあったんです…か……ん?……わぁ!猫の耳と尻尾!!

(/お久しぶりです!参加許可もありがとうございます!そして絡ませて頂きますね!!
早速ですが…字さん可愛い(真顔)←猫耳猫尻尾とか可愛過ぎて過呼吸不可避です(白目)(((
動物大好きな虎珀は字さんに生えている耳を触りたくて堪らないみたいです(笑)
虎珀が色々と振り回してしまいそうですが、これからまた宜しくお願いします!)


406: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/08/29(月) 19:33:18
>>388 オズウェル(斉藤三臣)

(いつも通り過ごしているとこれまたいつも通り出動要請が。一通りの少ない路地へと移動してステッキを振ればプリンセス☆イエローへと変身する。
その場から上へ飛べばデービルが複数見えた。あれは商店街の方だ。場所を確認すると、一番近くにいたデービルに矢を撃ち込むと消滅した。それを、合図に自分は次々に弓や足技等でデービルを倒していって。
___そうして数十分後、デービルを倒し終えた。…それにしても、魔王兄弟や幹部はいないのかな?いつもならデービルを作った張本人が誰かしらいるはずなのに。
そう考えながらもとりあえず変身を解き、避難し遅れて怪我をした人がいないかの確認をする。
…これでデーモン一族にあったら僕普通にやられちゃうなぁ、とそんな事を思っていると何処からかうめき声が聞こえた。
誰かいる事に驚くと同時に焦る。慌てて声のした方へ行き姿を確認するとピタッと固まる。……え、なんでデーモン一族の一人がここに?
上半身が瓦礫の山の中にすっぽりと挟まり、羽と下半身だけが外に出ている様子に二度見してしまう。いや、だって敵がこんな状態になってるなんて普通思わない、と言うか想像付かない。
でも、自分には助けを求める声を無視する事なんて出来なくて瓦礫の近くにあった手頃な木の板を取ると相手と瓦礫の山の間に突っ込む。そしててこの原理を使って力を込めると瓦礫の山が動いたので、早く出るようにと声を掛けて。)
ふぅ、誰も怪我してないと良いけど…、!ま、まさか怪我人が!?
………えっ?…あ、あの大丈夫です、か?ちょっと待って下さいね!…よい、しょっ!い、今の内に脱出して下さい!!

(/三臣さんお久しぶりですうおおおああああ((落ち着け
相も変わらずかっこ可愛い三臣くんに本体はメロメロです(笑)
プリンセス姿で助けても良かったのですが、敵に助けられるとか一生の恥とかで三臣くんが気にしそうだし個人的に変身後の方が展開広げやすそうなので変身を解いた姿で助けましたてへぺろ←
三臣くんとは有難いことに関係を結ばせて頂いていて変身前の虎珀とはカフェとかで会っていますが、虎珀だと気付いて焦るでも気付かないでもどちらでも構いませんので!!
これからまた宜しくお願いします!
それと、本体様の新しいキャラくんとも絡める事も楽しみにしてます!(笑))


407: 響生 雷/ライト【幹部C】 (uauVhpN57k)☆2016/08/29(月) 22:07:56
>>404 犬と男の子(華宮虎珀)

(これ以上練習を続ける気も起きなくて、かといって練習が足りてるかと言われればそうでもなくて、どうしたものかと思っていると、視界の隅に黒くて小さいものが目に入った。
嫌な予感が頭をよぎってそちらを見ると、案の定黒い犬がこちらに向かってきている!!
一瞬全身がゾワッとした感じがしたが、仔犬一匹に怯えるのもかっこ悪いのは分かっている。大丈夫、これより怖いはずの怪物は散々見てきたはず…まだ仔犬みたいだし…平常心、平常心…しかし、目線を逸らし、犬を見ないようにして気づかなかったふりをしてみても、視界の隅にいるその黒い獣はどんどんこっちに寄ってくる。
あと3m…2m…1m…待って無理無理無理平常心とかだめむりできないけものやだうわあああああ止まれ馬鹿馬鹿助けて!!
地面についていた足をあげて、ベンチの上に正座すると、自分の周りをくるくる回る犬を見ながら明らかに焦った声と素振りで訴えるも、触るどころか、これ以上距離を詰めるのもできない自分の言うことがその犬に伝わるはずがない。
これじゃあここからどこへも逃げられないし、どうしようとうろたえていると、先程犬がきた方から一人の少年が走ってくるのが見えた。この犬の飼い主だろうか。
とにかく人が来て助かった。犬がこれ以上寄って来ないかと警戒しながらその少年の方に視線を向けると、自分にしては切羽詰まった口調で犬をどかしてほしいと声をかけた。)
えっ待っ…やめっ…来るなっ…!!えっと…どうしたら……
ねえ…!君…この犬っ…どかしてくれない…?

(/お久しぶりです!!絡みありがとうございます!約5か月日の光を浴びていなかったら腐りました!←
徐々に成長している華宮君にまた絡めてショタコン魂がFOOOOO!!な響生本体です!(語彙力)
こちらこそ改めてよろしくお願いします!)


408: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/30(火) 08:50:05
>>383 響生雷/ライト

(時刻は昼過ぎ、昼までの講義をこなして帰路につく途中、いつもの帰り道でふと、見知った気配に思わず視線を巡らした。無意識に探したその姿は、人気のない近くの公園では、思わず足を止めて見てしまうほどには目を引いていた。
思わず暫く無言で観察したところ、どうやらそれが所謂ダンスだということ、そしてどうやら幾たびも似たようなところで、動きに躓きがみられることも理解でき。
恐らくはその躓きを克服するために現在練習を繰り返しているのだとは分かるが、どうにも見かねて、思わず声をかけてしまい)
――なんだ、貴様は。下手くそなのか?

(/お久しぶりです!相も変わらず無礼かつ、失礼な三臣で申し訳ないです…;;こんなうちの子と本体ではありますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m)


409: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/30(火) 08:55:33
>>396 字凛太郎

…ご、ごほん!まったく……。
(人間の体はなんと素直なのだろうか、と喚いた腹の虫を悔し気に押さえながらちらりと相手を伺う。こちらに向けられる笑みになんとも先程とはまた違ったむず痒さを覚え、誤魔化すために思わず咳ばらいを一つ、零した。
台所へと向かう後ろ姿を少しだけ眺めてから、また先程まで作業をしていた手元のレポートに視線を落とす。初対面ではあるが、わざわざ自分から料理の提案を出すぐらいなのだ、腕にはそれなりの自信があるのだろう、任せきってしまっても何ら問題はないはずだ。
そんな風に考えつつ暫し作業を続けていたのだが、ふと、ふんわりと鼻孔を擽った香りに淀みなく動いていた手は動きを止めた。どこか温かみのある香りと冷蔵庫にあった食材を考えれば、その料理を想像できて。顔を上げれば目に映るのは自分の好物、それに、その他に並ぶ料理も自分好みの和食ばかりだ。
無意識で顔を綻ばせながら、机の上を片付けつつ素直な言葉を述べて)
いや……、貴様は俺様の心が読めるのか…?俺様の好物ばかりだ。

(/こちらこそお久しぶりで御座います…!こちらこそ、このまま更に仲良く(意味深)なれそうでとても楽しみです…!!←
そして二キャラ目投下の許可もありがとうございます〜!そちらの二人目のお子様とも絡めることを大変楽しみにしております!今後ともどうぞ宜しくお願いします(`・ω・´))


410: 響生 雷/ライト【幹部C】 (uauVhpN57k)☆2016/08/30(火) 15:02:47
>>408 弟君(斉藤三臣)

(こうしてできないって座っていてもどうしようもないし、練習してもうまくなるでもないしでうだうだしていると、聞き覚えのある声がなかなか鋭い言葉をなげかけてきたので、一瞬肩をピクリと動かす。
痛いところついてくるなぁ…ほんと、そういうところは魔王にぴったり。さすが初代様の息子だ。まあ、ちょうど気分転換したいときに来てくれたので嬉しいしありがたい事に変わりはないのだけど。
ふー…と息を吐いて伸びをして、そのままベンチの背もたれに背中をつけて声のした方に視線を向けると、苦笑いのような表情を浮かべて、これでも一応…なんて言ってみたものの、自分でも駄目だと思っているからこうして練習をしている。
ちょっと前までは人に見せるために踊っていたわけじゃなかったから、他人から自分のダンスがどう見えているかなんてわからない。
周りから見れば、単なるへたくそが必死で踊っているだけに見えるのだろうか。えー…何かやだな。折角見てくれる人が居るんだから涼しい顔してすごいことしたいじゃんやっぱ。そりゃ俺だって同人誌の攻めくらいにはかっこよくなりたい願望はあるよ。
ちょっと不安になって相手の方に顔を向けると、小さく首をかしげて若干不安そうに、下手に見えた?と問いかけてみた。)
これでも、一応プロでやってる………そんなに、下手に見えた?

(/お久しぶりです!ツンデレ風味な三臣君にまた絡めて嬉しいです!
こちらからも改めてよろしくお願いします^^)


411: 斉藤三臣【魔王の息子(弟)】 (qOBgCKFGq.)☆2016/08/30(火) 20:54:51
>>406 華宮琥珀

――ッぷは!助かったぞ、人間……こ、こはっ…!?
(長時間圧迫されていたせいか、魔族の肉体の状態である今ですら体のあちこちが若干痛いっていうか無駄に焦っていたから魔力もかなり無駄に消費してしまっているようで、色々な要因でもう変身をとこうか、否といたところで意味はないのだが、と思案していたとき、どこか聞き覚えのある声の後、体にあった圧力が消える。
急いで瓦礫の下から抜け出して細かい破片を払い、自分を助けてくれた相手に礼を言おうと勢いよく振り返ったとき、その相手が知り合いであり、寸でのところで名前を呼びそうになったところを手で口を覆った。
なんでこんなところに一般人である彼が、逃げ遅れたのかはたまた偶然ここに来たのか、この知人であればどちらとも否めないが、と頭を回転させながら、手は顔を覆っている仮面がまだあるかを確認していて。
骨のような質感の仮面はまだ顔に鎮座しているから、顔はバレないはず。こんな場所で知人の一般人を放置するわけにはいかない、それにもし影の暴走に巻き込まれてしまったらひとたまりもないだろう。
瓦礫を押し上げている細い手を勢いよく掴めば、説教染みた文句を言いながら安全な場所まで案内しようと手を引いていこうとして)
ただの人間がこんなとこで何をしている!自分を守る術がない奴は大人しく隠れておけッ!!――来い!全く……、逃げ遅れたのか知らんが貴様鈍臭いのだから危ないだろうが…。

(/琥珀くぅぅぅううん絡み有難う御座いますぅぅぅぅうううう!!!!(煩い)可愛いのに男前な琥珀君にこちらの本体もキュンキュンで御座います///
親しくしている人に怪我してほしくないということで焦りつつも、避難させるという悪役どうしたみたいな感じになってしまいましたが、今後とも本体共々宜しくお願いします〜!それでは本体はこれにて!)


412: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/08/30(火) 23:54:37
>>397-402
(pl:纏めてしまって申し訳ございません。
不備ございませんので交流の開始をお願いいたします!)

>>403
(pl:いえ、とんでもございません!また余裕の出来た時是非ご参加くださればと…!
華宮君本体様の仰っておられるキャラがすごく気になって堪りません…!楽しみにお待ちしております^^)


413: (Oz.F7tLMnc)☆2016/08/31(水) 00:24:07
☆キャラシート☆


「 うん…。俺はな、正直魔王の椅子も世界征服もどうでも良い。…そんな事よりプリンセス達のふわふわひらひら舞う衣装とあの両脚の美しく芸術的なフォルムを眺めている方がずっと楽しいと思わないか? 思う筈だ。 なぁ? 弟よ 」

「 まあどうあれ今は俺こそが魔王。この座が欲しければ力尽くで引き摺り下ろしてみせろ。…どうせ普通に譲ったって喜ばないだろう?(譲るとは言っていない) 」

「 やぁプリンセス、今日も良い脚をしているn…いや失敬。気を取り直して……さあデービル達よ、やっておしまい! 」

名前:月見里 美月 ( やまなし みつき ) / 本名:アルシエル
性別:男
年齢:26歳( ということにしている )
役柄:魔王の息子(兄)
性格:恐らく生まれ落ちたその瞬間から究極の域に達している超ド級マイペース星人+重度の足フェチ。一直線に変態。
基本物事に対し鷹揚で声を荒げる事も無く、彼の顔から笑みが消え去れば必ず災いが降り注ぐと認知される程表情が固定されている。
日々の行動全てがその時の気分で成り立っており、一秒先の未来がどうなっているのかさえ本人にも分からないとか。
但しただゆるゆるふわふわしているかといえば全くそうではなく、平たく言ってしまえば割と危険なヘビーパーソン。
その性質の掴み難さと言ったら雲や霧以上のもので、理知的なお兄さんを主軸に不意に子供っぽい事を言ってみたり、かと思えば所謂「女王サマ(敢えて王とは言わない)」さながらの眼力で見下してみたりと安定しない。
おまけに我欲を最優先に考えるあまり当然の如く魔王としての立場やら何やらは二の次で、とんだ放蕩息子である。
外見通りの大人しさと清純さを期待すると十中八九殺人的などんでん返しを食らいます。甘いマスクを鵜呑みにする、駄目、絶対。
そんなこんなで基本魔王の威厳(笑)な奴だが何だかんだ先代の息子、やる時はやる。…多分。
デービルを嗾ける際によく言う「やっておしまい!」は一応決め台詞らしく、本人としては中々気に入っているとか。


414: (Oz.F7tLMnc)☆2016/08/31(水) 00:25:07
容姿: 文字通り「真夜中の青」と形容されるミッドナイトブルーの髪は肩に届かない程の長さでスッキリと整えられており、全体的に前下がり。同色の瞳を縁取る睫毛は伏せると重たげでやや憂い気な印象…なのだが中身までそうとは限らない。というか多分有り得ない。
前髪はM字分けにしており、中央の毛束も鼻に届く程と少々長め。唇の左下に小さな黒子がある。
身長183cm。恐らく着痩せするタイプで、ぱっと見た感じでは至って平均的な体格。肌色もやや白寄りながら健康的である。
ノンフレームで長方形型レンズの眼鏡を常用(勿論度無し)。服装は白いカッターシャツに細身の黒いズボンというドシンプルなものからそれなりにオシャレしていたりと様々で、普段着は身体の線が隠れるゆったりしたシルエットの物を好む。
シャツは裾を仕舞わずに外へ流し、左腕に時計、軽く開いた襟の間からは細い銀色のチェーンが見え隠れする。
悪魔時→人間時とは打って変わり全てが漂白されたように真っ白に。メガネはOFF。
白目の部分が黒く染まった紅の双眸だけは無駄に禍々しいが、真顔になると普通に怖い以外は特に恐ろしくもない。
一族特有の鋭い牙に尖った耳、その他耳の上辺りから左右一本ずつ小振りの巻き角が生えていたが、現在は何故かマ●フィ●ントに似た上向きの形状に変化(進化?)している。勿論あそこまで立派ではないが。背丈、髪の長さ、顔立ち等に大きな変化は無く、無論中身も同様。唯一黒い蝙蝠の様な羽が背を飾る。
衣装は裾丈が長い軍服ベースで、足元は5cmのヒールを備えたロングブーツ。首元にストール、腰の右側に輪状に束ねた鞭を装備。


415: (Oz.F7tLMnc)☆2016/08/31(水) 00:26:11
備考: 一人称「 俺 」。二人称「 お前、名を知っていれば呼び捨て 」等、相手によって臨機応変に。ナイツ達は色で呼び分ける。
嘗て世界を混乱に陥れた魔王の息子であり、現在デーモン一族の中で最も力を持つとされている二代目魔王(仮)。
人間としての姿はとある高校の理科教師で、授業の内容によっては白衣を着たり着なかったり。
弟に関しては偶には兄弟らしく仲良くしてみたいとも思うものの、基本「嫌よ嫌よも好きの内」精神で見かける度構い倒す。全力で。
住まいはそこそこに値の張ったデザイナーズマンションの最上階で、曰く「月がよく見えて気に入っている」そう。
戦わない訳ではないが気紛れに生み出したデービルVS美少女戦士の構図を傍観する事が多く、唯一ボスっぽい行動とも言える。
募集:特に無し。何かあればお声掛け下さると喜びます(本体が)。


(/夜中にこんばんは! そして悪魔時の角が育った(←)だけなのに超絶に遅くなってしまい申し訳ありません…!
改めまして、どうしようもなく変態な白い魔王を宜しくお願い致します!)


416: スレ主 (vAwYt5lC0E)☆2016/09/01(木) 04:19:21
>>413-415
(pl:pf投下お疲れ様でした!不備ございませんので交流の再開お願いいたします !)


417: 字 清十郎(プリンセス☆ブルー) (LuqsQs0P4w)☆2016/09/01(木) 04:52:17
【基本】

「よぉ、兄弟が世話になったな。…あァ?一つも似てねぇだ?余計なお世話だ」

「誰が犬だゴラァ、捻り潰すぞこのクソガキ!!」

「あァ?別に助けたつもりなんてねぇよ、偶然お前が俺の後ろに居ただけだろーが。そんなに感謝したきゃ俺じゃなく、テメェ自身の運にするんだな。」

名前:字 清十郎
性別:男
年齢:26歳
役柄:プリンセス☆ブルー

性格:ガサツで"だりぃ"が口癖の面倒くさがり。サバサバとした素っ気ない態度と歯に物着せぬ乱暴な言葉使いをするが、根は面倒見がよく正義感が強い。
困っている人を放って置けないが、感謝されたり褒められたりが性に合わないらしく助けても悪態をつく、ぶっきら棒な世話焼き兄貴。
内面は子供っぽいやんちゃな所も多く、勝負好きで負けず嫌いだったり、気の知れた相手には幼稚な言葉で喧嘩を吹っ掛けられて乗っかったり逆に悪戯を仕掛ける事も。
面白い反応が返ってくる相手や、気が合い一緒に悪ガキできるタイプなど、気に入ったり興味のある相手には自分からグイグイ絡みに行くがそれ以外には塩という素直っぷり。
うじうじしたり媚売ったりと相手の顔を伺うのが嫌いで、思ったことは何であろうとストレートに口に出す。が、あまり本音は公にしない。
外ハネの目立つ髪や犬歯、鼻が利くという点からよく"犬"呼ばわりされることが多いが本人にとっては地雷らしく言われると怒る。
以前目の前で人がデービルに傷つけられた事があり、それ以来強い意志を持って積極的にデービル退治に尽力している。(周囲には「暇潰しだ」と言っている
故にデーモン一族に対しては特別なんの感情も抱いていないが、もし人に危害を加えるようなことがあれば潰すとは思っている。
ブルーに変身中も面倒だと言っていつも通りの男口調で話したり変身中の姿をあまり隠そうとしないためよく凛太郎に忠告されている。


418: 字 清十郎(プリンセス☆ブルー) (LuqsQs0P4w)☆2016/09/01(木) 04:54:15
容姿:183cmの長身、鍛えている分筋肉がついておりガタイが良い、ボクサーの様な締まった肉付き。
髪は深い紺色。項を半分隠す程度の長さのウルフカットで、クセがあり強めに外にはねている。目にかかる程度の前髪も無造作に分けている。
顔は整っているものの、兄弟の凛太郎とは似ておらず男らしい顔つき。吊り目で瞳は暗い紅色、少し太めの眉は逆ハの字型で目つきの悪さも相まって無表情でも不機嫌に見られがち。
白に寄っているが健康的な肌色。顔に鼻筋を横断する傷跡とそれに交差して十字を描くように左目を縦に傷跡が残っている。
尖った犬歯が特徴的で、喋ったり口を開けるとちらりと見える。高校時代から開けているピアスはシンプルな物を右に3つ左に2つ。
体のラインが分かるような細身の大きく開いたVネックの白いリブニットTシャツに、シンプルなチェーンのシルバーアクセを首に1つ。
グレーのスキニ―パンツにゴテゴテとした黒レザーで編み上げのライダースブーツ、腰には脱いで邪魔になったジャケットを巻いている。
移動手段でよくバイクに乗っている為、ゴツめのライダースグローブをはめっぱなしでいることが多い。


419: 字 清十郎(プリンセス☆ブルー) (LuqsQs0P4w)☆2016/09/01(木) 04:55:20

備考:一人称「 俺 」。二人称「 お前、テメェ、アンタ、名を呼び捨てかチビなど見た目で適当に呼ぶ」
プリンセス☆ブラックである字凜太郎の二卵性双子の兄弟で、凛太郎は母似清十郎は父親似の顔つき。
幼い頃父親のDVが原因で離婚、母と3人で暮らし始めるが既に精神を病んでいた母がDVのフラッシュバックを起こし父と似ていた清十郎の顔に傷をつけるという事件が起こり、それが切っ掛けで

二人は孤児院に引き取られている。過去については両人とも過去の事だとあまり気にしていない。
凛太郎とは性格顔共に似てはいなかったが幼い頃からより二人きりで沿っていたためにお互い軽口を叩き合いながらも仲が良く、双子なだけに互いに考えていることが疎通し合う事も多く一番の理解者。
勉学がからっきしだった(やればできるが机に向かうのが嫌い)代わりに身体能力は抜群。
学生時代よりいろんな部に助っ人として大会に出たり、スカウトされて始めたボクシングで最年少最短でプロ級に上り詰めた事も。
当時は優れた動体視力と反射神経で魅せるボクシングをしてファンも大勢いたのだが大会制覇後すぐに引退、今もプロボクサーとしての勧誘に日々追われ鬱陶しいと思っている。
現在はその名の通り何でも屋をやっており、デービルに襲われていたのを助けたのが縁で知り合ったお爺さんの忍者スクールや、アクロバットのスタント、ヒーローショーの中の人、愛用のバイクを使って運び屋等…様々な仕事を請け負っている。
自分の家は無く、現在は本部に住みっきりの凛太郎が契約しているアパートを我が物顔で使っており、その他知り合いの家に転がり込んでいる。
嗅覚が鋭くデービルの匂いが分かる…らしい。出現の気配を感じ取ったりおおよその位置を把握する。ただし本人の調子が悪いと使えなかったり、割といい加減である。

募集:特にありませんがこんな関係どう?等ありましたら是非お声掛けお願いします!


420: 字 清十郎(プリンセス☆ブルー) (LuqsQs0P4w)☆2016/09/01(木) 04:57:19
【変身後用・追加】

変身後の姿:164cmと比較的高めの身長で健康的な肌色をしており、豊満な胸に締まったくびれとスタイルは非常に良い。
良い鮮やかな青い長髪を白のリボンで結んだポニーテールで、深い青を湛えた吊り目がちの大人っぽい顔立ちだが鼻から下は口布で隠れている。
胸元をギリギリまで開け、肩や脇を露出した短い丈の和柄鮮やかな忍装束を着て腰には背側に大きなリボンが来るよう帯が巻いている。
腕と足に指先が空いた黒いアームカバーフットカバーをしており、上から青いリボンで装飾されている。
胸元といい脚といい非常に露出度が高く、動いたら見えるだろうといったレベルだが大人の都合と魔法の力で見えないらしい。
明らかに破廉恥な格好ではあるが本人は仮の姿だからと全く気にしておらず、むしろその体系に関しては"流石俺だ。悪くねぇ"と誇らしげにしている。
常に背中に水をそのまま空中に留めたような大きな手裏剣を背負っておりそれで戦ったり、そこから同じようにクナイの形を作り出して戦う近距離型タイプ。
武器:空中に凝固した水で出来た大型手裏剣とクナイ

(pl:予約させていただいておりました二人目キャラ、プリンセスブルーのpf投下させていただきました。
文字数中途半端で細かく分けてレスになりました、あと備考に謎の改行入ってますね?!すみません…!
現在助手やらせていただいて頂いている凛太郎の似ても似つかない双子の兄弟です、不備等ございましたらご指摘お願いいたします!)


421: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/09/02(金) 00:35:00
>>394 逆神さん(逆神紫苑)

(何故か突然携帯の電波が悪くなった。最初は余り気にしていなかったのだが、周りの人も皆電波が悪い、または街中なのに圏外だと言う。…何かあったのかな?
流石に怪しく思い、自分の携帯は辛うじて電波が繋がっていたためプリンセスナイツの誰かに連絡を取ろうとした。
だが、そこでふと上を見た時、電波塔に巻き付く蛇のような巨大デービルを見つける。
これには流石に驚きを隠せず声を出しそうになるが慌てて口を手で覆った。友人達が不思議そうに見てきたが何とか笑って誤魔化し、用事があるからと別れを告げて走り出した。
路地裏へと入ればステッキを振り変身して近くの建物へと飛び。あの手のデービルは初めて見るもので、どう戦おうかと思案しては、何か使えないだろうかと周りを見渡す。
すると、電波塔近くの屋上にステッキを開発した博士__逆神紫苑さんが居るのが見えて。防御の壁を張り何かを準備している様子に気付くと、相手の元まで行き何か自分に出来る事はあるか尋ねて。)
逆神さんっ!どうしてこんな所に…いえ、それよりも何か私に出来る事は有りますか?機械系は余り得意では無いですけど、敵の注意を引く事は出来ますので!

(/お久しぶりです!遅くなりましたが絡ませて頂きます!!
相も変わらずイケメン変態(褒め言葉です)な逆神さん素敵でついついニヤケが…←
絡み方……かなり微妙です、すみません!!(((
相変わらずな本体とちょっと成長した虎珀ですが、改めてこれからまた宜しくお願いします!!)


422: 華宮 虎珀【プリンセス☆イエロー】 (xyAZ5VvW6Y)☆2016/09/03(土) 10:12:11
>>407 響生さん(響生雷)

(まめを追い掛けて先程ベンチに座っていた人の元へ行くと……何故かベンチの上に正座していた。え、なんで正座?なんて思っていると切羽詰まった声で犬をどかして欲しいと言われた。
そこでやっと相手が犬が苦手なのだと理解する。申し訳なくなって直ぐにまめを抱き上げると少し距離を置いてぺこりと頭を下げながら謝罪の言葉を述べる。
…それと、関係ないが近くに来て思い出した。目の前にいるこの人は友人に見せて貰った『二へ二へ動画』に踊ってみたを投稿してた人だと。
感情が篭り、かつ滑らかなダンスは凄く素敵だった事を覚えている。まさかこんな所で会うとは思わなかった。友人がいたらきっと凄いハイテンションになって騒ぎそうだ。
未だに距離は保ったまま、しかし嬉しそうにふわっと笑いながらその事を話して。)
あ、すっすみません!!…本当にごめんなさい、僕が少し考え事をしてたせいで…。
…あ、あの、貴方は動画に踊ってみたを投稿してた人…ですよね?えっと、僕の友人が貴方のダンスが好きだと言ってて…!

(/ブフォッ!!ww雷くんが腐男子と化してしまっても私は雷くんの事好きですよ!!←オイ
こんな奴でショタコン魂に火が付いたようなら良かったです!(笑)
ちょっと虎珀が気まずくなってダンスの話題に切り替えようとしてます(笑)高校生だし友人と動画観てても可笑しく無いと思って一応知ってる人って事にしたのですが大丈夫でしょうか?
何か不都合な点が有りましたら変えますので遠慮なく言ってください!!)


お名前:

sage設定(省略可)



投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


悪質な投稿をするとネットができなくなります。



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪