ピコ森 メル友掲示板


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
【戦闘/NL】しゃれこうべにくちづけを

1: (Kb.F28KxX6)☆2015/11/21(土) 11:16:26

さあさ、皆様お立会い。

今夜お話するのは人を喰らう狼共(ヤマイヌ)と呪毒を持つもののけ、それに巻き込まれた人間達の物語。

喰らうも呪うも、共存を願うのも彼奴ら次第――――愚かで醜く美しい、獣と人の殺され愛されの珍道中。


その物語の、終幕は。


【ルール】
壱.トリップ、必要最低限のネットマナー必須です。
弐.ロルの長さは中文〜長文推奨
参.本体同士仲良く。 キャラ同士の喧嘩は大いに結構ですが本体同士の喧嘩はご法度です。収拾がつかなくなった場合などは状況によって参加不可としますので注意してください。
肆.戦闘メイン、恋愛はNLのみ。行き過ぎな表現は控えましょう(恋愛は押し倒し、Dキスまで)。
伍.参加する際は予約必須。プロフィールの提出期間は予約した日から一週間、キャラリセは不定期です。

>>2

レス禁


47: (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/23(月) 02:16:31
血のような赤髪と瞳、そしてよく喧嘩をしては返り血を浴びている(自身の血もあるが)所から紅夜叉と言う名で呼ばれるようになった。昔から人に名で呼ばれたり、名を口にしたり教える事が無かった為本名を誰も知らずその呼び名が真名だと思っている物も少なくない。
本人は誰にも真名を教える気は無く、呼び名をそのまま偽名として使っている。
今の所唯一心を開いている人物に大しても真名は伝えてないし口調は良くないものの信頼しておりある程度言う事は聞くし昔の話もしている。
ちなみに、女性が嫌いな理由は女性への耐性の低さによる赤面症だから(彼女に大してもよく顔を赤くしていた)。
募集:(/今の所椿(紅夜叉)が唯一心を開いている人物を人間の方から男性で一名と、椿の大切な人(彼女だった人)を殺したヤマイヌを年齢性別問わず一名募集したいと思います!
その他何か関係を結びたい等有りましたら声を掛けて貰えると本体が喜びの舞を踊ります!(()

(/>>17にて呪師の罪人を予約した者です!好きな要素とか詰め込んでたら本体でもよく分からない人物に…;;
服装とか和風要素羽織以外無いですし、過去も結構暗いのですが大丈夫でしょうか…;;;後、ヤマイヌじゃ無いのに偽名(呼び名)とかあったらややこしいので止めた方が良かったですかね……orz←
不備やここは直して!等有りましたら指摘お願いします!!)


48: 縁【呪師/始祖】 (CwbNjg5.YQ)☆2015/11/23(月) 02:31:28
>>45-47
(/素敵な募集欄が見えたのでつい食指が動いてしまいました…!
椿くんが唯一心を開いている人物を、うちの縁にやらせて頂きたく……!
こんなのでも同業者ですから初対面や信頼の理由も作りやすいかなとか…。真名を教えてない理由も出来ますし…。
お前関係結びすぎだよ!や他の素敵キャラさんに頼みたい、等ありましたら遠慮なく…!どうぞご検討下さい。)


49: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/23(月) 07:14:53

>>47

(/突然のお声かけお許しください。はっ、とそそられる募集がありましたのでつい。
よろしければ椿さんの大切な人を殺したヤマイヌをうちの夜宵にやらせてはいただけないでしょうか。
うちの自殺志願かっこかりは恨まれてると知ったら喜びそうですし…
ちょっとイメージと違うなあということでしたらご遠慮なくお断りください!ご検討のほどよろしくお願いいたします。)


50: (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/23(月) 09:18:47
>>48 縁本体様
(/朝起きてちょいと覗こうかなぁなんて思ってたら募集きててあらびっくり、な椿本体です←
こ、こここんな奴の募集を縁さんにして貰ってほんとに良いんですか!?後悔しないんですか!?後悔しますy((オチツケ
確かに同業者である縁さんになら心を開きやすいと思います!忌み嫌われていた境遇とか同じですし!
多分うちの椿は縁さんに何か言われても大概「あ?うるせぇよバーカ」とか言いつつ大人しく従うと思います……多分((((
こちらからも是非縁さんにお願いしたいです!主様から許可を貰った時はよろしくお願いいたします!!)

>>49 夜宵/桜花本体様
(/なんともう一つの募集にも候補者様が…!!私は思って明日にでも階段から滑り落ちるんでしょうか…((((
そしてまさか声をかけようか悩んでいた夜宵さんからだとは思いもせず三度見くらいしてしまいましたよ!
是非是非よろしくお願いします!
椿は彼女を殺した相手は見てない(彼女が遠出をしてた時に殺された)ので、初めは敵意だけだと思うのですが殺した犯人だと分かった途端恨みや怒りのオーラ全開になると思います←
それでも大丈夫だ、問題ない(`・ω・´)キリッな場合はよろしくお願いいたします!)


51: (Kb.F28KxX6)☆2015/11/23(月) 10:50:15
>>45-47 椿 本体様
(/素敵な罪人さんキター!PFの提出ありがとうございます!
不備はありませんので絡み文の投下をよろしくお願い致します!)

>>38-40 朱華 本体様、ALL 様
(/訂正のお知らせです。昨晩、朱華様に対して同族食いは平気ですが栄養になるのは人間だけと言っていましたが家畜のお肉でも栄養になると設定に書いていたことに先程気付きました…orz
なので「人間しか栄養にならない」ではなく「ヤマイヌは食べても栄養にならない」が正解となります。自分で考えた設定なのに把握しておらず誠に申し訳ありませんでした…!)


52: (Kb.F28KxX6)☆2015/11/23(月) 10:50:46
【募集キャラクター】

『ヤマイヌ』

名持ち(年齢20歳以上) …男一名
夜宵/桜花 >>23-25
朱華/悪喰 >>38-40

混血(性別年齢自由) >>16様予約

その他 無制限 
>>29-30

『猟人』 

長(男/年齢25歳以上) …一名

側近/密偵(性別自由/年齢20歳以上)
>>12様予約(密偵)
>>27様予約(側近)

その他 無制限

『呪師』

始祖(性別自由/年齢25歳以上) 縁 >>19-20

姫君(女/年齢20歳未満) 絹姫 >>33-35

罪人(男/年齢20歳以上) 椿/紅夜叉 >>45-47


53: 錦【ヤマイヌ/その他】 (Kb.F28KxX6)☆2015/11/23(月) 10:54:29
>>ALL

(細く尖った月がぼんやりとした光で夜の街を照らす。人気のない城下と花街を繋ぐ橋境。
地面に伏せる複数の屍を冷たく見下ろし、茜に塗られた橋の欄干に立膝の状態で腰掛けて、朱と白とで斑模様になった風車を片手に、賑やかな声と煌々と提灯の灯る方向を見ていた。
人数の割に大したこともなく殺せたな、と思う。ヤマイヌとしては凡庸な力の自分がそう思うのだから余程弱いのだろう。少なくとも、猟人の類ではない。
おおよそ他の地域から花街へやって来た類。遥々ここまでやって来て、むざむざ殺されるなど不名誉すぎて、却って同情してしまいそうなほどだ。
あそこにはまだどのくらいの人間がいるのだろうと思うと仮面の奥から溜息とも嘲笑ともとれる声が漏れる。橋のひとつ向こうにはこうして同族を殺されて回っているというのに、実に呑気な連中だ。
からからからと、まるで持ち主の嘲りを体現するかのように風車が笑い声にも似た音を立てて回る。
それと共に手入れのされていないカツラの白髪も強風に益々乱され、鼻先まで届くそれが鬱陶しかったのか、仮面を頭に引っ掛ける形でずらした。完全に素顔を晒すほど馬鹿ではないので、露出されているのはあくまでも口許だけだが。
戦いの最中も手にしていた風車に再び視線を落とす。つい数時間前までは綺麗な白だったのに、すっかり人間達の血で汚れてしまった。紙だから布と違って染落としすることは難しいし、多分捨てるしかないんだろうなぁ。
折角作ったのに、と気にかけるのはあくまでもそれだけで。血の匂いが蔓延する中、名残惜しむような声で呟いた。)
あーあ、勿体無い。

(/こちら絡み文となります。一日置いて作ったのにこの文章のグダグダ感…なんか色々とすみません…!
これだと絡みにくいよ!こっちに絡んで欲しい!とのご要望があれば喜んで絡みにいきます!こんな本体と錦ですがこれからよろしくお願いします。)


54: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/23(月) 12:34:00

>>50 椿本体様

(/こちらからはまったく問題ありませんありがとうございます!
夜宵は食べた人の素性を知って覚えているような変態さんなので、椿さんがキーワードをあげてくれたら思い出してそのまま口に出しちゃってバレるんだと思います…)


55: 縁【呪師/始祖】 (CwbNjg5.YQ)☆2015/11/23(月) 16:48:45
>>50椿本体様
(/いえいえいえいえこちらこそ立候補しておいて何ですがこんなのでいいんですか!?こんなクレイジージジイで(((オチケツ
縁は呪殺したとしてもお仕事としてお家に守られてましたから一歩間違えば確執とか生まれそうなものですが、そこを上手く仲良くなったと言う事で…!
こちらはこちらで文句言いつつ言う事を聞いてくれる椿くんを可愛がってそうです…。
来てない間にどうやら許可は出た様ですし、どうぞよろしくお願い致します…!)


56: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/11/23(月) 17:06:43
>>主様
(/PFの確認、参加許可有難うご御座います。我ながらとんでもない奴を作った自覚があるのでほっとしました(←)
そして訂正の方も了解です、絡み文の方は纏まり次第投下させて頂きますね。ではでは一先ず失礼を( どろん、 )

>>33-35 絹姫本体様
(/初めまして、突然のお声掛け申し訳ありません。
私名持ちの悪食こと朱華(>>38-40)の本体なのですが遅ればせながら素敵な募集項目に気付きまして、もし宜しければ6年前姫様に外の世界について話した人物、というのを朱華にやらせて頂けないでしょうか?
細かな関係性についてはOKを頂けた場合に相談したいと思いますので、一先ず検討をお願い致します。)


57: 絹姫【呪師/姫君】 (4nKO1pp9kA)☆2015/11/23(月) 18:04:02
(/うわわわはじめまして!募集のお誘いに感無量の絹姫の本体です!
こんな甘ちゃん娘で宜しければ喜んで!むしろこちらこそ是非とも貴方様にお願いしたい次第です…!
設定の件はどうしましょうか。絹姫は外の世界について話をしてくれた朱華さんは恩人だと思っていますがヤマイヌということ
までは知らない、という設定でいきたいのですが、如何でしょう?)


58: 絹姫【呪師/姫君】 (4nKO1pp9kA)☆2015/11/23(月) 18:06:07
(/あわわアンカー抜けすみません!>>57>>56の朱華/悪喰さん宛です!)

59: (Jh61YvXYCM)☆2015/11/23(月) 19:49:38
名前:刹
性別:男
年齢:19
性格:ヤマイヌの父と人間の母の間に産まれた混血。人間
にもなれず、ヤマイヌからも半端者としてあまり好かれ
てはいない。だからといって両親を恨んでいるかと言わ
れればそうではなくむしろ感謝している。
そういった生い立ちからか偏見がなく、誰とでも分け隔
てなく接しているが、深く関わろうとはせず常に一歩身
を引いた関係を保っている。そのため周りからは冷めて
いると思われがちだが決してそんな事はなく、本当は誠
意がありとても思いやり深い。
容姿:頸程まで伸びた淡い緋色の髪は、手入れが行き届い
ており癖一つなく艶やか。前髪は眼に掛かるくらいの長
さでやや横流し気味。切れ長の瞳の色は夜の様に真っ
黒。身長は175cm。肌は色白で一般的な男性と比べると
華奢な体型だがその見た目に反して力はあるほう。昼間
の姿は草履を履き、朱色の紅葉が散りばめられた紺色の
着物に同じく紺色の帯を締めた格好をしている。
ヤマイヌとして行動する夜には半人半鬼の面をつけて素
顔を隠し、どこから手に入れたのか自身の髪と同じ緋色
の忍び装束に身を包んで行動している。昼と夜とで口調
が違うのは、正体を特定されないためらしい。


60: (Jh61YvXYCM)☆2015/11/23(月) 19:52:08
(/続きです)
役柄:ヤマイヌ/混血
備考:一人称「僕、俺」二人称は「貴方、君、お前」ヤマ
イヌ側として行動しているが基本的に戦闘は好まず、人
も襲わないようにしている。混血であるため人や家畜の
生肉を喰らう必要がない(味覚的に無理がある)ので、そ
の代わりに人間と同じ食べ物で僅かにだが栄養を摂取し
ている。栄養の摂取量が少ない為、時折強烈な捕食本能
に襲われることがあるがなんとか自我を保っている。昼
間は茶屋で働きながら人間の生活に溶け込んでおり、看
板娘ならぬ看板息子として町人から人気がある様で店は
繁盛している。両親は生死不明の行方不明で。年齢的に
近いと思われるヤマイヌに尋ねても知らぬ存ぜぬの一点
張りのため両親は死んだものとして片がついている。過
去に猟人の攻撃から人間を庇った事が原因で瀕死の重傷
まで追い込まれたが辛くも逃げ延びた。その時に見知ら
ぬ人物に命を救われたためとても感謝している。
募集:(/過去に刹が庇った人間の方と命を救ってくれた人
物を年齢性別役割問わず募集したいです。その他にこう
いうのどうですか?といったものがあれば声をかけてい
ただければ嬉しいです

(/なんかもう色々詰めすぎてまさしく半端者になってし
まいました。こんな駄キャラでよろしかったでしょう
か?不備等がございましたらどんどん仰ってください!)


61: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/23(月) 20:26:06

>>44 白狐面のヤマイヌさん( 錦 )

悪趣味だなんて、随分なことを仰るのね。
(温度を失いかけている指先をほうばってスナック菓子を食すかのごとくばりばりと、骨ごと噛み砕く。滴り落ちる血はジュースか何かのように甘く喉の渇きを癒してくれる。
知性という普段隠している皮が剥がれてこのときばかりは己の欲求を満たすことのみに生きる獣へ変わる。美味しい、もっともっと、まだ足りない。食べ残しなんてしたら可哀想よ。欠片残っていた理性がそれらしいことを囁く。
手を食べ尽くしたら今度は腕へ――と、悪趣味だと行動を咎めるような言葉に失った理性が徐々に身に戻ってくる。
湖の中につい先程まで綺麗に浮かんでいた筈の満月が水面の揺らぎによって美しさが損なわれたのを残念に思う、満月をそばに置いての食事も風情があって楽しかったのだけど。
手首から先をなくした腕を壊れ物を扱うように地へと置いて振り向きながら膝を立て、腰をあげた 。
桜花の名を知っているものが聞いた噂とはどのようなものか、悪趣味なことをした記憶はないがはて、と小首を傾げ。
恐ろしい形相の狐の面に視線が行きがちになるが聞こえてくるのは女性の声か。ベールの下で柔らかく警戒のない微笑みを浮かべて自然な足取りで彼女の元へと近寄っていき彼女の顔を隠す面へと手を伸ばし暴こうとする。)
折角ですもの、可愛らしい貴方の顔を私に見せてくださいません?

(/絡みありがとうございます、遅れましたが参加許可ありがもうございました。名前と顔を知っている件に関してはまったく問題ありません。
初っ端からセクハラじゃないのかそれという行動をとっておりますがどうぞ全力で拒否してやってください。こんなんでも同性のヤマイヌ同士上手くやれたらいいなと願望を抱いております。
これからよろしくお願いいたします。)


62: 紅夜叉(椿)【呪師/罪人】 (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/23(月) 20:38:23
>>26 始祖の爺(縁)

(ヤマイヌ討伐に協力するのを条件に打ち首の執行猶予を延ばして貰ったは良いが、正直いって猟人達の本拠地である御役所で過ごすのは居心地が悪かった。
あれは保護と言うより監視だ。まぁ、大罪人であるから仕方無いという事は百も承知だが、それでもやはり気分を害す。
部屋に寝転がっていたが、ふと立ち上がると猟人の静止の言葉を無視して外へと駆け出した。きっと帰ったら政府の奴らに何か言われるのだろう。その時はまた脅してやる、俺はお前らの顔見るだけで呪えるんだぞ、と。
今夜は三日月で、星空に浮かぶそれは煌めいていた。素直に綺麗だ、と思う。_さて、飛び出したは良いがこれからどうしようか。
近くの木に飛び乗ると木と木の間を移動しながら進んでいく。何で気に登ったのかって?そんなの只の気まぐれに決まってるだろ。
気まぐれに木を移動していると近くからしゃらしゃらと金属の音、次いで唄が聴こえた。この声は_。声のした方に木を飛び移りながら向かうとそこにいたのはやはり見知った人物だった。
自身が今の所唯一と言って良い心を開いた人物…始祖の呪師である縁がそこにいた。
声をかけるべきか、いや、しかし自分はそんな声を掛ける程人付き合いが言い訳じゃない。声を掛けても次に何を言えば良いか分からなくなるだけだ。
このまま黙って着いていくか?それとも引き返すか…そう思っていると突然声をかけられ思わず仮面の下で目を見開いた。
…やはり木の音とかで気付いたか。それなら、と木から飛び降りると相手には近寄らず相手の問いに答えた。)
……悪いな始祖、俺はその唄の続きを知らねぇ…。…知ってても唄う気は無いが。

(/こんばんは絡ませて頂きますキラッ(((
早速縁さんに謝ることがあります…名前の所始祖の爺とか書いてすみませんんんんん((((スライディング土下座
後生意気な口の利き方&態度で申し訳ありません!これでもこの子なりに信頼しているんです、信じてくださi←
ちょっとどうすれば良いか分からなくて距離置いちゃってますが近づいてくるでも手招きするでもそのまま去るでもお好きなようにしてください!笑
不器用な椿と変人な本体ですがよろしくお願いします!!)


63: 紅夜叉(椿)【呪師/罪人】 (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/23(月) 21:27:01
>>41 桜花のヤマイヌ(夜宵/桜花)

(夜道は歩くな、それがこの街で言われている事。夜は危ない、ヤマイヌが活動を始めるから。食べられてしまう。そう子供達に言い聞かせる母親達を昼間見かけた。
政府には協力する、と言っているが実際人間がどうなろうが知ったこっちゃない。俺は両親と彼女(アイツ)の為にヤマイヌを殺すだけだ。
…同情なんてしない、それが俺の今の存在意義だから。
なんて、昼間の事や過去を思い出しつつ向かったのは近くの湖で。理由は何となく、満月が綺麗だったから湖に反射して映る満月も綺麗なんだろうな、とそう思ったから。
湖に着くと水面を覗いた。やはり、満月が綺麗に映っている。手を伸ばせば届く距離にある満月に思わず掴めるのでは無いかという子供のような考えが過ぎった。…やれやれ、自分は随分と彼女(アイツ)に充てられたようだ。
ふっと笑いを零し顔を上げたその時、湖を挟んだ向こう側に人影を見つけた。女性と男性らしいその影はよく見ると片方が力なくもう片方にされるがままになっている。
あの感じはもしかして、そう思えば相手の背に近付いていく。距離があと数メートルと言った所で足を止めその姿を捉えた。見えたのは女性の後ろ姿と絶命している男性の姿。そして、女性の項には刺繍が。間違いない、あれは名持ちのヤマイヌで、通り名は桜花。
相手はこの距離だしきっと己の存在に気づいた筈…そう思いながら相手へと声をかけた。)
……よぉ、桜花のヤマイヌ。随分と気味の悪ぃ事言ってんな。

(/こんばんは絡ませて頂きます!!!(((
桜花ちゃんの食事の仕方…私は嫌いじゃ無いですグッ←
うちの椿は理解不能らしいですが()。
と、募集やって頂きありがとうございます!今はまだ彼女を殺したヤマイヌとは知らないので半ば生け捕りにするのを面倒くさがってる奴です(((ダメダコイツ
多分今の所本気で捕らえる気は無いので普通に話すなり逃げるなりお好きなようにしてください!
キャラ同士は仲良く出来ないかもしれませんが本体同士は是非仲良くしてください!これからよろしくお願いいたします!!)


64: (kbiDXdAMVI)☆2015/11/23(月) 22:16:46
名前:燕 (ツバメ)
性別:女
年齢:24
性格:大人の余裕溢れるお姉さんといった態度。朗らかで細かいことは笑って吹き飛ばす寛大さを持ち、人間ならば誰に対しても穏やかに接する。
ほめられること、認められること、必要とされることが何より大好き。
ヤマイヌは何より憎む親の仇で、女子供でも容赦はせずに的確に始末していく。が、本当はヤマイヌに殺された親などいないし、女子供を手にかけるのは少し気分が悪い。
密偵になるべくして育った為に、誰に対しても心を開かず、誰にも特別な感情を抱かないようにしているが、もう一人の側近には心を許し、討たねばならなくなるかもしれない長に対しては忠義を抱いている。つまるところ絆されまくっている。
政府に情報を流していることに罪悪感を抱いているが、職務を怠慢して始末されるならまだしも、自分の素性をバラされて側近と長に「裏切り者」と言われるのはどうにも耐え難いと裏切り行為を重ねているなど、本質は朗らかでもなんでもない狡い女。
長を手にかけることは極力したくないと思っている。義父に対しては生かしてもらった感謝はあれど愛情を注がれた記憶は一切ないので、ターゲットが義父だったら恐らく躊躇いなく討つ。
しかし仕事は仕事の為、いくら迷えども依頼主には逆らえず、今はただ討伐命令がでない事を祈るのみ。
基本的には見た目に合った大人びた口調を操るが、幼児っぽい話し方をする癖がある。わざとの時もあれば無意識な時もある。


65: (kbiDXdAMVI)☆2015/11/23(月) 22:19:55
容姿:長く艶やかな黒髪はゆらゆら揺れるポニ
ーテール、透けたガラス製の蝶の簪から垂れ
る石飾りも髪と一緒に揺れる。
大きな瞳は潤んだ黒。その上に曲線を描く柳
眉が逆立つことは滅多にない。
唇はふっくらとしていて、口元の左側に小さ
な黒子がある。目元と唇に紅を引き、白粉は
ほんの少しはたく程度だが、化粧はいつ如何
なる時も欠かさない。
大人の女の嗜みと言っているが、それは半分
だけ本当で残りは右目尻からこめかみにかけ
て走る傷痕を隠す為。
発育はかなり良かったようで衣装が開いてし
まうほど胸にボリュームがある。背丈は
160cm後半と高めで、長い手足はしなやかに
よく動く。
素肌は特別白くはないがガッツリと日焼けし
ている訳でもなく、普通の肌色。
黒っぽい忍装束を着用。動きやすいから着て
いるだけで忍ぶ気はないので、籠手や肩当て
の色は鮮やかな赤色。鳥の嘴わ模したような
黒い面で口元だけを隠す。靴は南蛮製の無駄
にごついブーツ。
平常時は着物を至って普通に着こなしてい
る。お給料が良いからお洒落出来る、と嬉し
そうに言っているだけあって、色鮮やかなも
のや模様が美しいものを好む。
役柄:猟人/密偵
備考:一人称「あたし」二人称「あなた/呼び捨
て/〜さん(様)」
娼妓の娘。父親は不明。7つの時にかむろとし
て暮らす花街で起こった、ある遊女がヤマイ
ヌに喰われるという騒動の際に顔に傷を負
い、それを鎮圧しにきた猟人の一人(政府の役
人)に売り物にならなくなった責任を取ると引
き取られた。
娘と言われはしたものの、周囲から養女と認
知されておらず、養父以外の家族とは碌な関
わりも持たず、実際にはお抱えの忍のような
ものにする為に育てられた。
10年前から、燕は家族をヤマイヌに殺されヤ
マイヌを憎んでいるから猟人になった可哀想
な町娘であり養家とは一切関係の無かった人
間、ということになっている。
募集: (/特にありませんが、こんな関係どうで
すか?や、この役やってほしい、などありま
したら気軽に声かけて下さい!)

(/>>12で密偵を予約させていただいた者です。
ナイスバデーでカラッとしたお姉様にするつ
もりが内情ドロドロになってしまった……!
不備などありましたらご指摘願います)


66: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/23(月) 22:46:58

>>63 罪人の術師( 紅夜叉/椿 )

(くちゃくちゃと遠慮なく口内で音を鳴らして肉と骨を噛み砕いて喉の奥に流し込む。真っ赤に染まる手から滴り落ちそうになるまだ生温い血を舌先で舐めあげる。
血の一滴たりとも無駄にするのは勿体ない。肉も骨も血も、全部全部私のもの。地を飲み下して赤く染まる手のひらで右頬をおさえて恍惚とした表情で空に浮かぶ満月を見上げる。
嗚呼、美味しい。一番に望むのは楽しいことだけど、それが叶わないならやはり望むものは美味しいものを食べることになる。
腕一本を食べ終えてもまだ空腹は満たされず、理性のない瞳が鈍い金色に光って血の気が失せた男を見下ろした。丁寧に食事もすることも忘れた獣はもたれかかるように男の上に上半身を乗せて首元に勢いよく噛み付いて食べることに夢中になる姿はとても人間には見えないことだろう。
桜花と己を示す名前を呼ばれたことで瞳に徐々に理性の色が戻り、うずめていた首元からゆっくりと身体を起こしていった。
血を吸った黒の着物はどす黒く汚れて、口元は血で赤く汚れていた。その姿を隠すことなく相手の顔を見つめて柔らかく微笑みを浮かべる表情はまるで狂気じみていた。)
こんばんは、今宵は素敵な満月ですわね。……いきなり気味が悪いだなんてひどい挨拶ですけれど。

(/絡んでいただきありがとうございます。
食べる相手のことをしっかり知って覚えようとしてる変態極まりないやつの食べ方は理解できないほうがいい気もしますね笑い)
こちらこそ募集に乗らせていただきありがとうございました。夜宵はお喋り大好きなのでこのまま話そうとするかと思いますが、今後の展開はどんなになっても構いませんので。
キャラ同士が仲良く出来なくとも本体のほうとは仲良くしてやってください。これからよろしくお願いいたします。)


67: (Kb.F28KxX6)☆2015/11/23(月) 23:20:56
>>59-60 刹 本体様
>>64-65 燕 本体様
(/纏めてしまって申し訳ありません!素敵なキャラさん達をありがとうございます!
お二人とも不備はありませんので絡み文の投下をよろしくお願いします)

>>ALL
(/レスアンカーが大杉と怒られましたので役柄及びキャラ表は次レスにて投下致します。)


68: (Kb.F28KxX6)☆2015/11/23(月) 23:23:11
【募集キャラクター】

『ヤマイヌ』

名持ち(年齢20歳以上) …残り男一名
夜宵/桜花 >>23-25
朱華/悪喰 >>38-40

混血(性別年齢自由) 刹 >>59-60

その他 無制限 
>>29-30

『猟人』 

長(男/年齢25歳以上) …一名

側近/密偵(性別自由/年齢20歳以上)
密偵 燕 >>64-65
側近 >>27様予約

その他 無制限

『呪師』

始祖(性別自由/年齢25歳以上) 縁 >>19-20

姫君(女/年齢20歳未満) 絹姫 >>33-35

罪人(男/年齢20歳以上) 椿/紅夜叉 >>45-47


69: 燕【猟人/密偵】 (kbiDXdAMVI)☆2015/11/24(火) 00:07:01
>>59-60 刹本体様
(/はじめまして!>>64-65密偵の燕本体です。
募集されている過去に刹さんの命を救った人間に立候補したく、声をかけさせていただきました!
猟人とヤマイヌという対立する役柄ですが、刹さんは混血故に、燕は裏切り者だから、それぞれ組織に属しきれていなさそう、という共通点…は私が勝手に感じただけなのですが……。
燕はヤマイヌ討伐に多少の罪悪感を感じているので、人間を猟人から庇った姿を見たら、今迄の罪滅ぼしではないけど助けに行くかもしれない、と思いました。
長々とすみません。ご検討、よろしくお願いします)


70: 縁【呪師/始祖】 (CwbNjg5.YQ)☆2015/11/24(火) 03:27:52
>>36花持ちのヤマイヌ(桜花)
おや、そうだったか?なら貴女の好みに合わせて。…話さないかい、…お嬢さん?
(後ろを振り向けばー、ふわり、と。黒い闇に緑の葉、桃色の桜が散って見えて。暫し遅れてそれが人の形をしていると気付く。
異国の花嫁の様に黒いベールで顔を覆っており、薄ぼんやりと見える輪郭や目鼻立ちから、その下は恐らく美しいのだろうと悟る。顔を隠すように口元に置かれた手で、ただでさえ見えない顔が更に見えなくなったが。
その口から零れる声も口調も、それなりに人と関わりがあると知れる物。しかし歌うよりお喋りが好き、とはっきりと伝えてくれる程度には淑やか過ぎない。まぁ、大切な事ではあるが。
さて、そこまで判断はした物の、はてさて、相手は何者なのだろう、なんて。顔を隠している時点で一般人では無い。…と、言うか並の一般人は外に出ないだろう。狩人も顔を隠すが、それは呪師……つまり、自分達に見られない為。
ここまで考えてしまえば相手の正体は自ずと分かるような物だが、襲ってこないならばそれまでだろう。
別に見つけて即殺せなんて言われてない。何せ自分はある程度まで、政府に反抗する積もりで居るのだから。)

(/初めまして!絡みありがとうございます!キャラの方……仲良くなれ無いでしょうかねぇ…実を言えば縁、ヤマイヌに恨みは全然無い所か寧ろいいぞもっとやれ的な心境な物で…
勿論、本体のほうは是非とも仲良くして頂きたいです!よろしくお願いします!)


71: 縁【呪師/始祖】 (CwbNjg5.YQ)☆2015/11/24(火) 03:28:43
>>43白のヤマイヌ(錦)
おや?ならば見つかってしまった…、と言うべきかな?……しかし、生憎だが俺は其方を知らないのだが…、
(声を掛け、振り向けばそこに居たのは狐面を付けた、自分と同じ白の髪を持つ人間。……いや、その手が血に濡れている事から簡単に分かる。相手はヤマイヌ、だと。
クスクスクスクス、密やかな、しかし確かに喜びに満ちた笑みが止み、その後に続いたのは見つけた、と。
呪いを扱う者で無くとも、いや扱ってるからこそ普通に増して分かる。その隠す気も無い、どす黒い怨嗟の塊。
……まぁ、それに狼狽える様ではこんな仕事、こんな一族、こんな生、送ってないのだけど。
いつもの通り、軽くへらりと笑みを浮かべれば見つかってしまった、なんて。まるで子供にかくれんぼで見つかった様に言葉を紡ぐ。
言いながらも相手にまじまじと視線を向け、何とか記憶を探るも、どうも見覚えが無い。こてんと首を傾げれば相手は誰か、と相手の神経を逆撫でするであろう問いかけをする。
皮肉や煽りでは無い。だって本当に分からないのだ。本人に聞くのが手っ取り早いだろう、と思ったまでの事。人違いでは無いだろうか、なんて思考も働いた位だった。)

(/絡みありがとうございます!そしてごめんなさい!こいつ無自覚()に煽りに掛かってますね!
仲良くなることは元より無理だと理解しております!が、本体同士仲良くしたいのはこちらも同じです!ではでは、このサイコパスおじさんをよろしくお願いします!)


72: 縁【呪師/始祖】 (CwbNjg5.YQ)☆2015/11/24(火) 03:29:15
>>62紅の呪師(紅夜叉)
おや、お前だったか。紅の。そう寂しい事を言うな、知っていて損はないぞ。俺達には中々心地いい物だからなぁ。
(後ろに気配はする、そう思ったがまさか木の上に居るとは思わなかった。そして、それが相手だとも。
相手が何故ここに居るかは聞かなくても大体分かるし、その必要性も特に感じない。相手も話して思い出したくなんぞ無いだろう。
呼び名の通りに紅の髪に自分と同じ紅の目。その目が今鮮やかな物か濁ってる物か、は…まぁこの距離では見えないからそこいらに一旦放っておこう。
こんな自分を唯一とし、信頼してくれる相手だ。同じ呪師と言うこともあり自分もそれなりに気は許している。近寄って来ないならこちらから近寄る位には。
錫杖をしゃらしゃらと鳴らしながらとんとん、と跳ねるように軽い足取りで相手に近づけば、正面に立って相手を見る。
ああ、今の相手の目は透き通ったような紅だったか。僅かな月の光に照らされて紅玉にも似た光を持つそれは矢張り綺麗なものと思う。
自分が唄っていた唄を知らない、知ってても唄わないなんて何とも寂しい言葉を聞けば、知ってて損は無いぞなんてへらりと笑んで、続けて軽く唄って見せる。
自分があの家で教えられた事を、呪殺を得意とする彼に教えればどんな風に昇華してくれるのだろう、そんな興味もあって。)
行きはよいよい、帰りは怖い、だ。天神参りの唄ともとれるが、間引きの唄とも取れる。とすれば、恨みが篭ってると思わないか?

(/こんばんは絡みありがとうございます(キリッ
謝らなくていいんですよ!3歳しか歳の差無いんですが爺でいいんです!私自身クレイジーサイコパスジジイと呼んでいますし(((
口の聞き方?ツンデレ不良系のいい子だと思っております、可愛い孫です((真顔
遠慮なくひょいひょいっと近付いて更に教えろとも言われてないのに唄を教えこもうとしてます。殴っても良いのよ(( こんなおじじと本体ですが、どうぞよろしくしてやって下さい!


73: 刹【ヤマイヌ/混血】 (Jh61YvXYCM)☆2015/11/24(火) 15:57:25
>>69燕本体様
(/こんなのの命を助けてくださるとかどんだけ良い
人なんですか!こちらとしては募集キャラをやって
くださるのは大歓迎です。本体共々ダメな奴ですが
末永く付き合ってやってください。)

>>67主様
(/参加許可ありがとう御座います!携帯から書き込
んでいるせいか、文がおかしくなっていますね。
申し訳ありません。絡み文は後から投下させて頂き
ますのでどうかよろしくお願いします。)


74: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/11/24(火) 17:58:08
>>57 絹姫本体様
(/私としたことがあの後すぐに出掛けてしまって…お返事が遅れまして申し訳ありませんorz 募集伽羅の方、やらせて頂けるという事で有難う御座います!
姫様が朱華の正体に気付いていない、というのは此方からお願いしようと思っていた事でもあるのでそういった形で構いませんb ( ぐっ )後は朱華視点ですが、PFにある通り一に食事二に食事三n(ry)な奴なので恐らく姫様に対してもそれ程特別な情というか、思い入れのようなものは無いと思われます。
ただ他よりすこーしだけ気になってる感じ…ですかね?←訊くな
その他姫様が呪師だという事は殿様の気紛れで城に絵を届けている内(昼間の町絵師の姿で)に一方的に聞き知った、という事にしたいと思っているのですが、問題はありませんでしょうか?)


75: 紅夜叉(椿)【呪師/罪人】 (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/24(火) 18:37:46
>>主様、all様
(/本体のみから失礼致します。
ちょっと自分のPFを確認していたら矛盾点を見付けまして…;;
性格欄に瞳孔のない目と無表情さが原因で何を考えている分からない
と書いているのに容姿欄には
普段は灰色狼を模した目元を覆う仮面を付けている
と書いてしまってましたorz
正しくはヤマイヌ討伐の時のみです。場合によっては外しますが←
書き直してレスを消費する程の事では無いと思ったのでこの様な形で報告させて貰いました!把握して貰えると幸いです!!
もし訂正したPFを提出した方が良い時は言って下さい、直ぐに書き直します!)


76: 紅夜叉(椿)【呪師/罪人】 (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/24(火) 19:15:02
>>53 狐面のヤマイヌ(錦)

…ほんと勿体ねぇ事するな、狐面。
(人気のない城下と花街を繋ぐ橋境。そこで出会った人物と光景に、嗚呼、今日は厄日かなんかか。と呑気に思った。
そもそも自分が何でこんな所に来たかと言うと上の奴らから「そんなに本拠地(そこ)に居たくないなら見回りぐらいしろ」とガミガミ言われたからだ。…んな訳ねぇだろ。誰があんな奴らの言うこと聞くかよ。
本当はただ単に行った事の無い所を色々回ってみようと思ったからだ。…が、今日は止めとけば良かったかと後悔してる。面倒くせぇ、それが一番の感想。ちなみに二番目は怠い、だ。
白髪に狐面を付けたソイツは橋の欄干に立膝の状態で腰掛け殺したのであろう数人の死体を見下ろしていた。からからから、と風と共にソイツの持っている風車が音を奏でる。
血で染まってしまったのだろう、風車を見ながら名残惜しむように勿体ないと呟く相手に同意した。そんな奴ら殺さずにスルーしてたら風車が汚れる事は無かっただろうに。
それよりこの現場をどうしなければならないだろうか。やはり殺すしかないか?でもはっきり言って面倒くさい。ほんとに。丁度狼の面を付けているのだが、相手が仮面を外していないのだし、こちらが外す必要も無いだろう。
酷く怠そうに相手の方を見てはこれまた怠そうに声をかけて。)
俺は散歩がてらに此処に来たんだが狐面、お前がソイツらを殺したのを俺は見ちまった。…俺は正直今お前を殺すのはダリぃんだが…どうする?

(/参加許可ありがとうございます&絡ませて頂きます!
いきなりどうするとか質問してますが本体的にはこのまま錦ちゃんと話すか散歩したい気分です(((((
あ、少し話はズレてしまうのですが書き込んだ上での間違いがあったので>>75に補足&訂正です。ちゃんと確認してなくてすみませんorz
ヤマイヌ討伐の時だけだと夜いきなりヤマイヌに出会ったらどうするんだってなったので夜は付けるようにしているという事にします。ほんと何度もすみません;;
こんな本体と不器用で物騒な椿ですがこれからよろしくお願いいたします!)


77: 絹姫【呪師/姫君】 (4nKO1pp9kA)☆2015/11/24(火) 19:25:34
>>74 紅華/悪喰 本体様
(/いえいえお気にせずに!
朱華さんの考え了承しました!流石に簡単にロマンスにはならないだろうな〜って思ってたので寧ろそのぐらいがいい塩梅かも
です!
絹姫が呪師だと知っていることに関しては全然問題ありませんので大丈夫ですよ〜。



78: 紅夜叉(椿)【呪師/罪人】 (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/24(火) 21:11:34
>>66 桜花のヤマイヌ(夜宵/桜花)

(くちゃくちゃと遠慮なく絶命した相手の手や腕を食べ、血を啜るヤマイヌの姿を見て思ったのはそんなのの何処が美味しいんだ?と、こう見ると全然人間に見えねーなーとその位だった。
相手が食べ進めて行くに連れて血の匂いが強くなっていく。普通なら不快に感じるのだろうが自分は違う。血など飽きる程流し、匂ってきた。それは自分の血と__。
なんて、今は思い出すのは止めておこう。桜花のヤマイヌ、とそう呼ぶと男の首から顔を上げこちらに向けてきた。その顔には笑顔を浮かべており口元には男の血がべったりと付着していた。
狂ってんなー、なんて思いながらヤマイヌの言葉を待っていた。今宵は素敵な満月ですね、と言われればチラリ、と空を見る。確かに綺麗だ。…まぁ、だから外に出たのだがそれは言わないでおく。
いきなり酷い挨拶だ、と言われれば肩を竦め今の姿は充分気味が悪いと思ってもいない事を相手に告げ。)
……そうだな。…それは悪かったな、けど、今の姿を見てみろよ。充分気味悪ぃぞ。

(/いえいえ!しっかり相手を覚えておこうとするその心意気素晴らしいと思います!!←?
うちの椿は面倒くさがり&政府の命令なんてクソくらえ、な考えの人なんで暫くは夜宵ちゃんとお話しようと思います☆((((
こちらこそ!本体同士だけでも仲良く出来たら嬉しいです!!)


79: (Jh61YvXYCM)☆2015/11/24(火) 22:11:57
>>all

血の臭いに誘われてここまで来たけど、遅かった。
(日が沈み、星が空を彩る時間帯。町には明かりが灯り、賑やかな声が町中から聞こえてくる…訳はなく、人は家にこもり夜が明けるのを怯えながら待っている。人気のない夜道を宿へと急ぐ。
夕方には茶屋の仕事を終えて宿に帰る予定だったのだが予想以上に時間がかかってしまった。
ようやく宿へと到着し引き戸に手をかけたところで、近くから血の臭いがすることに気付いた。臭いからして一人ではなく、数十人にはなるはず。幸い自分が帰る宿からではないようだが臭いは路地裏から漂ってくる
。内心では焦っているが、念のため懐にしまっておいた面をつけ、黙々と薄暗い路地を進み血の臭いの元凶であろう死体の山と人影を見つけた。この暗闇の中で爛々と輝く金の双眸は間違いなくヤマイヌである。
自分の存在に気付いたのか、ゆっくりとこちらを見る。明らかに常軌を逸した雰囲気を醸し出しているそいつは、次の瞬間襲い掛かってきた。
決着は刹那の内についた。襲い掛かってきたヤマイヌの心の臓を的確に貫き仕留める。地に伏したヤマイヌの亡骸に手を合わせると今度は人間の死体の山へ向かって手を合わせた。)

(/絡み文を出させていただいたのですが、こんな駄文で申し訳ありません。どうか生暖かい目で見守ってもらえると幸いです。)


80: 紅夜叉(椿)【呪師/罪人】 (G.Jo4hrQXg)☆2015/11/24(火) 22:35:01
>>72 始祖の爺(縁)

寂しい…か?…へぇ?
(相手を見ながらぼんやりと思ったのは冬の夜は冷えるな、だ。ついこの間までは暖かかったのにあっと言う間に寒くなって…全く勘弁して欲しい。
そんな事を思っていると紅の。と呼ばれ意識を相手に戻した。自慢でも何でもないが、自分は彼から少しは心を許して貰えていると思う…直接聞いた事は無いからよく分からない。
だが、近寄らなかった自分に錫杖をしゃらしゃら鳴らしながら軽い足取りで近寄って来るのだからそれ位思っていても悪くは無いだろう?
寂しい事を言うなと言われ思わずキョトン、と目を丸くしてしまった自分は悪くない筈だ。単純に疑問に思ったからキョトンとなったのは仕方ないだろう、不可抗力だ。
しかし、次いで知ってて損は無いと、俺達には中々心地いい物だと聞けばほんの少し楽しげに目を細め首を傾げた。
通りゃんせ。と言う唄らしい歌詞と、間引きの唄とも取れると言う事を聞き恨みが篭もってると思わないかと問われれば、素直に答えられないのが悪い癖だが、歌詞の続きを教えろとは言ってないと告げ。
しかし別にその唄に興味がない訳じゃない。ふむ、と腕を組み顎に手を当てると考え始めて。)
…続きを教えろなんて言った覚えは無いんだが……でもそうだな…。

(/よ、良かったです!クレイジーサイコパスジジイwwwww初めてその言葉を見た時から縁さんにハマったのは私です(`・ω・´)キリッ((((
そう思って貰えて嬉しい限りです!ツンデレ不良系…私が椿を作る時に目指していたキャラ設定です!何故バレた…ハッ!まさか貴方様はエスp(((ry←
教えろなんて言ってないとかほんともう孫が生意気ですみません((((あ、ですがここだけの話、椿の腕組み+顎に手を当てる癖は信頼している相手にしか見せない行動なので安心(?)してください!←
てか殴りませんよ!?寧ろ椿はほとんど何も知らないので遠慮なく色々教えてやって下さい(笑))


81: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/24(火) 22:49:42

>>70 始祖の呪師( 縁 )

私の好みに合わせて頂けるのですね、お優しいんですわね。
(着物の袖で隠した口元をやんわりと持ち上げた。
袖を口元から時間をかけておろしていくが元々三日月しか浮かんでいない空の下だ、黒いベールが闇に溶けて完全に素顔をさらけ出すようなことにはならない。
手を体の後ろで揃えて軽い歩調で彼との距離を詰めて一歩踏み出して、勢いのまま腕を伸ばせば相手に届きそうな距離でその足を止めベール越しに相手の顔を真っ直ぐに見詰めた。
黒い風貌に対照的な白の髪が視界の端に入り、目を奪われるよう。細められた瞳と闇とが合わさって瞳の色ははっきりと伺えないが端正な顔立ちをしているのがわかる。
呪師の存在はヤマイヌの中でも噂に聞く、人間よりも身体能力で優れていてもそれは単純な力のみの話。呪いを前にしてはヤマイヌも人間とは変わず、それを自覚しているからヤマイヌは名を持たない。
けれどそれを知って逃げるという選択肢はない。目の前のものから逃げるという選択肢は、そもそも桜花という名を与えられたヤマイヌには存在していなかった。楽しさを感じさせるように声が自然と弾む。)
顔を合わせて目を見つめて名前を聞いて、そうやってお話をしたいところですけれど、少しばかり危険かしら?私としてはその危険も甘美に思う部分もなくはないのですけどね。


82: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/24(火) 22:50:46



>>78 罪人の呪師( 紅夜叉/椿 )

あら、大変失礼いたしましたわ。私としたことがつい。
(今の姿を見ろという指摘に少し不思議そうに金色に輝く瞳を丸くした。見ろと言われても、とあてもなく視線をさ迷わせて満月を取り込んだ湖。
満月の光に照らされて水面に映し出された己の姿はたしかに気味が悪いと言われても仕方ないものだった。
口元を真っ赤に染めて着物をどす黒く染める、水面に写っているのはどうやっても人間には見えないただの化け物だ。もっとも、自分を人間だと思いたいと考えたことは一度もなく、化け物に驚くというよりも行儀の悪い食事風景を見られた恥ずかしさに似た感情ばかりだった。
袖で軽く口元の赤を拭い顔を隠すためのベールを被り直す。とりあえず見た目だけは見苦しくならない程度に直したことを水面の鏡で確認して相手と向かい合うように立ち上がらり、ベールの向こうで微笑んで会釈をしてみせる。)
お見苦しいところをお見せいたしましたわね。ふふ、どうか忘れてくださいまし。

(/すごいフォローしてくださいますね笑 きっと否定されっぱなしなので夜宵は喜ぶと思います!
少しでも長くそれなりに椿くんとお話をできることを祈ってます)


83: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/11/24(火) 23:14:18
>>77 絹姫本体様
(/有難う御座います…!
そうですね…。朱華の場合ロマンスの発生は奇跡以外の何物でもない気がします←
諸々了解しました! 本体としては完全に敵対して欲しくはない二人ですが…どうなってゆきますかね((wktk
ではでは長々とすみません、本編での絡みを楽しみにしております!(どろん、 )


84: 錦【ヤマイヌ/その他】 (Kb.F28KxX6)☆2015/11/24(火) 23:22:13
>>61 桜花の (夜宵/桜花)

悪趣味は悪趣味だ。本当のことを言って何が悪い。
(上品な言葉遣いに優雅な立ち振る舞い。先程まで人間を喰らっている様子さえ見ていなければ相手はさながら淑女のよう。
獣としての本能と表向きの態度のそれが些かアンバランスにも思えたが、どうやら当の本人はそんなこと微塵も思っていないらしい。小首を傾げたその姿に鼻で笑って言葉を返した。
仮面越しからでも分かるように女への嘲りと少なくはない嫌悪を添える。齢も地位も上である者を相手にしているにも関わらず、その姿はあくまでも平素と変わらない。
豪胆でいて不遜。口ばかりの命知らず。何度か周囲に言われたこともあるが自分は気にしない、己は己の思うままに生きていたいし、我だけは絶対に通したいのだから。
だからこそたかが人間の屍をそこまで大切そうに、食事とはまた違った意味合いで見る相手には反抗せざるを得なかった。そう、たかが人間。時に抵抗し鬱陶しい、食べられるということ以外は害悪でしかない恨みったらしい生き物――。
そこまで考えていると不意に相手の声が近くなる。考え過ぎていたのだろうか、いつの間にやら彼女は此方に思いのほか接近していて。
咄嗟に一歩後手に下がろうとするものの少々反応に遅れたらしく相手に指が狐面にかかる。若干の嫌悪感に表情を歪ませると、首を振って自ら仮面から離れる。そうすれば自然と相手からも遠ざかることができるから。
面と一緒に薄汚れた白髪も取れると、露わになるのは湖の水面の如く、暗く深い青の髪と鋭い眼光を宿した金色の瞳。じとりと相手を見据える藍色の双眸は言うまでもなく不機嫌そうに細められていた。
一歩、二歩、相手から少しだけ距離をとりつつも、物を受け取るように右腕だけはそちらへ差し出す。返せ、と相手の手の中にあるであろう仮面を指差し怒ったように言葉を紡いで。)
……ッおい、返せ、“桜花”。人間に顔を見られたら一体どうしてくれる。

(/あああありがとうございます!そして錦がめちゃくちゃ生意気なこと言っててすみません!
なんやかんやで仮面をとられてしまったので不機嫌メータが少しだけ上がったようですw。常に激おこみたいなものなので大して変わりないかもしれませんが…何はともあれ、こちらこそよろしくお願いします!)


85: 錦【ヤマイヌ/その他】 (Kb.F28KxX6)☆2015/11/24(火) 23:25:29
>>71 父の仇( 縁 )

――知らない?知らないだって?……私をか?
そんなのって……ふふ、あははっ!そうか、覚えてない、覚えてないんだ?私に何をしたかさえも?……そっかぁ、その程度なのかぁ
(へらへらと笑う相手に一瞬眉を顰める。馬鹿にされているようで癪に触ると言わんばかりに手は自然と握り拳の形となった。
鋭利な爪でその首を掻き切ってやろうと思った。以前のようにはいかないと、そう言いたかったのだけれど。次に相手から放たれた言葉に目を見開くと硬直する。
指先から血の気が消え失せていくのが嫌でも分かった。相手の言葉が意味することも、理解する、理解してしまう。相手が自分を覚えていないことも、自分の父親がどのようにして死んだことすら、この男は――。
思わず吐き出されたのはどこか呆然とした問いかけで。後半にいくにつれ段々と言葉は要領を得なくなっていく。さながら壊れた人形のよう。半ば自分に呆れたように笑い、笑って、最後は失望したように溜息をついた。
それは己を忘れた相手に対するものか。それとも相手が覚えている前提で戦いを挑もうとした己に対するものか。分からない、どうして覚えていないんだという叫びは勿論、相手にとっては有象無象でしかなかった自分自身が情けなくて仕方がない。
ただもう殺してしまおう、と。それだけ思った。ふふ、と自然と暗い笑みが零れる。この際、相手が自分をどう思っているかはどうでもいい。この際、自分の気持ちを伝えられればそれでいい。
シャキリと音を立てて鋭い長い爪が生える。淡々とした様子で言葉を紡ぐと同時、その指で相手の心臓を指差してみせて。)
……お前は私を忘れているようだが、私はお前を忘れていなかったぞ、十五年前から、ずっと、ずっとな。

(/煽りに乗らせようとした結果→忘れられててガチめにキレてるし落ち込んでるし、ものすごく…病んでます/(^o^)\ナンテコッタイ
どうせなら仲良くできないなら恨みつらみを限界点突破させるぜ!と意気込んだ結果とんでもない感じに…orz。絡みにくかったら言ってくださいぃー;
こちらこそヤンデレなたぬヤンコロ状態ですがよろしくお願いします…!)


86: 錦【ヤマイヌ/その他】 (Kb.F28KxX6)☆2015/11/25(水) 00:46:09
>>76 呪師の男 ( 椿/紅夜叉 )

ほう、可笑しなことを言うな、男。そして奇遇でもある、私も今は少し怠い――、
(不意に響いた声。獲物を前にした猟人にしては幾分か覇気がない。というか、なさすぎる。だとしたら同胞かとも思ったがそれも違うようで。
興味なさげにゆったりと声の方向へと首を動かせば、狼の面を被った男がやけに気怠そうな様子で立っていた。あまりにも敵に対する殺意というものが感じられないせいか、自然とこちらも勢いを崩された形となる。まあその首を狙わないということは保証できないし、する訳もないが。
訝しげに首を傾げつつ、相手の言葉に答える。高圧的な口調であるにも関わらず声音はあくまでも若い女のもの、若干迫力に欠けるがそこはご愛嬌といったところ。
本来ならば有無を言わさず襲いかかるところだが如何せん先刻での戦いが響いているようだ。いくら歯応えのない連中であったにしても数さえ多ければ疲労を与えることも可能であって。
実際こちらも疲れていたのだ、何より風車が汚れてしまったことは憤りよりも落胆の感情を抱いていたということも大きい。
何はともあれ、一先ず様子見である。敵意を向けられればそれに応じ、いつまで経ってもこのままなら隙をついて殺すまで。それまではお互いに退屈になりそうだが。
暇そう、強いて言うなら不機嫌そうに片足だけぶらぶらと揺らしつつ、狐面越しに相手を見据える。
まずは揺さぶりというか挑発するべく、現在、唯一外気に晒された状態の口を開いた。)
――だが。どうするかと聞かれれば、お前を喰うぞとしか答えようがないな。人間は、嫌いだ。

(/絡みありがとうございます!>>75の容姿についての訂正承知しました!PFは書き直さなくても大丈夫ですよーわざわざ申告してくださってありがとうございます!
さて珍しく(?)錦も会話モードに入っていると見せかけて案外すぐバトルになりそうでもある…ですかね?
紅夜叉さんと散歩もできたら嬉しいですけどヤマイヌ絶対殺すマンの錦には喋るまでが限度かもしれません(← こちらこそ不甲斐ない面もあるスレ主ですがよろしくお願いします…!)


87: 錦【ヤマイヌ/その他】 (Kb.F28KxX6)☆2015/11/25(水) 00:49:50
>>79 混血のヤマイヌ ( 刹 )

(城下の店が立ち並ぶ一角、今日は昼間働いている店が品出しだとか何とかで自分を含めた働き手達は夕暮れまで残る羽目になってしまった。ここまでならまだいいのだがお節介な店主だ、もう遅いから全員ここに泊まれと、そう言い出したのだ。
勿論他の連中は喜ぶか安堵するだろうがこちらからすればいい迷惑だ。お陰で今夜は碌に狩りにいくことができないのだから。
金の瞳を見られぬよう体調が悪いからと無理を言って手に入れた一人部屋、することもないと外を眺めていると急ぎ足で街の中を行く青年の姿を見つけた。
ああ、確かあれは。『名持ち』の者が有名であることは周知の事実であるがあの人物もまた別の意味で異彩を放つ者だった。ヤマイヌでありながら食料である人間の血を引く者、混血。
顔を隠していないあたりまだ『人間』なのだろう、相手の行く先からはどうやら血の匂いがするようだが、自分には関係ないと窓から視線を逸らした、その時。再び新しい血が蔓延するのを聡くなった嗅覚が感じ取る。しかもこれは人間のものではない、まさか――、
そう気付くや否や、仕事着の着物に素顔を晒したまま窓から飛び降りる。砂利を踏んだ草履がザリ、と音を立てた。
血の匂いを辿り路地裏へ入ればそこには血に伏したヤマイヌと、人間の死骸に手を合わせる青年の姿。ただでさえヤマイヌであることを誇り、人間を嫌う者からしたら、怒りの導火線に火をつけるには十分すぎる光景だった。
冷淡に問いかけをぶつけると同時、金色の目を鋭く光らせ、人間に向かう相手の肩を掴もうとして。)
お前――何をしている。

(/はじめまして!早速ヤマイヌ娘が絡ませていただきました!
人間にもちゃんと誠意を持っている刹君いい子!…ですが錦は割と怒っているようです;しかも人間姿のままきちゃってます
ヤマイヌ同士ですし同い歳なのでせっかくなので仲良くできればなぁと思っております。それでは不甲斐ない本体と錦ですがよろしくお願いお願いします!)


88: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/11/25(水) 17:50:34
>>26 白銀の呪師(縁)

( とおりゃんせ、とおりゃんせ。いつか遠い記憶の中で聞いた気がするその旋律がやけに耳に残って…気が付けば其方へ足が動いていた。
声からして歌声の主は男性だろう。ごちそうさま、と人の形をしていた残骸を前に手を合わせたのがつい先程。全て食べきらないのはただの気紛れで、最期まで主人に纏わりついていた小さな獣も中々に美味だったなぁ…なんてうっとりと回想しながらゆっくり、しかし着実に、数メートル先まで迫った背へ近付いていく。
このまま気付かぬなら喰らってしまおう。未だ限界を知らない胃袋を持て余しそんな事を考えた矢先、彼からは見えぬ物陰に居る筈の己へ掛けられた言葉にぴたりと足が止まる。焦りや恐怖ではない。ただ気付かれていたのか、僅かな落胆が心を満たした。
とっくに日も落ちたこんな時間、こんな場所で余裕たっぷりに歌っている時点でただの人間≠ニは考え難いけれど。
同胞の気配を纏う訳でもない彼の呑気な声色に面の奥で笑い、己が獰猛な獣である事を隠しもせずに薄明かりの下へ歩み出た )
ならば食ろうてやろう。溶けてしまえばつまるもつまらぬも無い…そうだろう?

(/初めましてー、遅ればせながら悪食なヤマイヌが絡ませて頂きました! ご覧の通り初っ端から捕食する気満々ですすみません←平和二歌トカ歌エタライイノニナー
キャラは敵同士ですが本体の方は仲良くしていきましょうねb これから宜しくお願いします!)


89: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/11/25(水) 21:32:03
>>41 桜の名持ち(夜宵/桜花)

―― 残念だ。お前の事は、気に入っていたのに。
( どさり。つい数分前まで隣で普通に息をして、言葉を交わして、笑みさえ交わしていた存在が、呆気なく地に伏せる。
鋭い爪から滴る真っ赤な液体。未だ熱を残すそれとは対照的に冷めた声が夜の静けさを揺らし、響き、やがて溶け消えた。嗚呼…まだ幼い子、可愛い子、愚かな子。あともう少し我慢していれば、きっと今も笑っていられたのに。
可哀相な子。俺が両の手を紅く染めている間は決して近付いてはいけない、決して…邪魔をするなと言ったのに。
お前が悪いんだ、俺の至福を邪魔するから。俺の愉しみを妨害するから。俺の生き甲斐を踏み躙ったから。
息絶えたヤマイヌの幼子を前にふつふつと沸き立つこの感情は怒りか哀しみか、どちらでもない何かか。せめてこの身体、筋一つ残さず平らげてやろうと手を伸ばす。よく懐いてくれていたから、一つになればきっと幸せだろう。
更にどれ程経った頃か。血濡れた般若の面を片手に月を見上げぶらぶらり、夜とはいえいつ呪師や猟人に会うともしれない道を拙い足取りで、金色の瞳をギラつかせたまま歩み続ける。
…と、不意に己の纏うそれとは違う血の香りを嗅ぎ取り、月明かりの下で目を凝らした。どうやらすぐ其処に見えるのは湖で、いつのまにか随分遠くへ来たものだと思った次に二つの人影を瞳に映す。
その一方…女の姿をしている方が普通ではない℃魔ヘすぐに解り、まるで友人に接するように、しかし踏み入り過ぎないよう距離を保って言葉を投げた )

…随分、丁寧に扱うのだな。

(/初めまして、名持ちのヤマイヌ仲間(←)としてずっとうずうずしていたんですがようやっと絡ませて頂きました…!
随分長くなってしまいましたが、要するに最近可愛がっていた子に裏切られたからパックンチョして丸く収めました、という感じです←
いきなり挨拶も無しですがお好きにあしらってやって下さいませ、これから宜しくお願いします!)


90: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/11/26(木) 18:20:26
>>53 狐の仔(錦)

( 花街。別名女の牢獄とも呼ぶべき此処は夜の帳に乗じて明かりを灯し、密やかな恋愛ごっこの舞台となる。
一応雄として生まれてきたこの身だが、煌びやかに、艶やかに着飾り客を誘う彼女達に好意を抱いた事は無かった。…あぁ。単に食料としてならば、下手に鍛え抜かれた男の固い肉を貪るよりは余程美味、と言う他に無いけれど。愛だ恋だと生き、死んでいく彼等の心は解れない。
嗚呼。そんな事より腹が減って死にそうだ、と漸く当初の予定を思い出し、さらさらと吹き抜ける風に長い髪を靡かせながら歩いて行く。嫉妬と恨みが篭った女の面で瞳を隠し、一歩一歩ゆっくりと。
カラカラと笑う風車…それを見つめる小さな人影に気付いたのは、食欲をくすぐる香りに顔を上げた、丁度その時だった。
狐の面、風に踊る白い髪。勿体無い、と呟いたのは表に晒された唇か。下を見れば死屍累々…。恐らくは花街を目的に流れてきた者達だろう。柔らかそうな女人が一人も居ないのは少し残念だが餌は餌、そう思えば意識は無残に汚れた風車…ではなく数体の屍へ釘付けになり。
面に手を掛けると静かに下へずらし、般若の角の間金色の瞳だけを覗かせうっそりと微笑んだ )

嗚呼、勿体無い。要らぬなら…我(わたし)におくれ?

(/改めまして参加許可有難うご御座います、悪食なヤマイヌが絡ませて頂きました!
どうやら風車ではなく殺されたまま放置されている死体の方を勿体無いと思った模様です← 安定の悪喰
初っ端からすれ違ってますが一応ヤマイヌ同士なので穏便に…いけたらいいなと思いつつ、これからどうぞ宜しくお願い致します!)


91: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/26(木) 18:44:23

>>79 混血のヤマイヌ( 刹 )

(夜は決して家を出てはいけない、恐ろしい獣に喰われてしまうから。それが幼い子どもに教える言葉だけの教えではないと誰もが知っている。
薄汚い路地の隙間から見える空は星が瞬いて偽りの時間は終わったことを知らせていた。闇に溶けるような黒い着物に鮮やかな桜花が散る着物へと着替えて、金色に輝きを変えた瞳を隠すように黒のベールを頭に被る。
空腹であるおかげか嗅覚はいつもよりも優れているようで遠くの気配も察せれる。
他者の食事を横取りする趣味はない、美味しい食事を取ることは幸せで好ましく思うが食事をすることよりも楽しむことのほうが大切だった。
そのためその場所に足を運んだのはただの気紛れ、面白いものを全く期待していなかったわけでないが強く望んでいたやけでもない。
近付くにつれて漂っている臭いが普通ではないことを悟る。色々な臭いが混ざっている、この先にあるのはひとりの人間の死体ではない。重なり合う人間の死体と、ひとつのヤマイヌの死体に、傍で手を合わせて立つ人間ともヤマイヌとも言えない男。
ベールの下で僅かに嫌悪を抱いた眼差しでその光景を見据えて臭いを遮断するかのように着物の袖で口元を抑える。)
あらやだ、つまらない死体が沢山転がってますわね。

(/初めまして、お喋り大好きなヤマイヌが絡ませていただきました。
混血のヤマイヌさん相手にうちの夜宵がどんな風に絡んでいくのかまだ未定なのですが、できればうまくやっていければと願っています。
キャラ同士が仲良くできなくとも、せめて本体とは仲良くしていただければ嬉しいです。これからよろしくお願いいたします。)


92: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/26(木) 21:00:58

>>84 狐面のヤマイヌ( 錦 )

見られたら食べてしまえばいいだけではなくて? いえ、そのまま昼間も追われる立場になるのもまた一興かもしれませんわね。
(何を悪趣味だと蔑まれているのかわからず、肯定も否定もしなかった。己には己の価値観があるように彼女には彼女の価値観があり、彼女と己のそれがかち合わなかっただけのこと。たとえ、己の食事風景を悪趣味だと嫌悪されたと知っても意地になって否定をすることもなかっただろう。
己に対して向かっている嫌悪に関して不愉快に感じることはなく、寧ろ微笑ましく思う。自分に向かう感情はそれがどの種のものでも愉快に感じるのだ。上がった口角はそのままで可愛らしいと愛でるように。
いくら大切そうに食べているとそう見えたとしても、人間は自分を楽しませるだけの存在でしかない。楽しみを損なうようなら殺して、食べて、それで終了。幕引きだ。
横たわる先ほどの男がこうでもしないと記憶に残らないつまらない人間だったのと同じ。刃向ってくる人間はあっさりと死んでしまうから、昼間も狙われるという難易度の上げ方も多少は楽しめるかもしれないか。
伸ばされた腕を視界には入れずに真っ直ぐに露わになった相手の姿をじっくりと観察し、彼女の不機嫌そうな態度とは対照的に楽しげに目を細める。中性的で凛々しい、気高く見えて、仮面を奪われて怒るさまはやはり可愛らしい。)
予想通り可愛らしいですわね。けれど私、桜花と言う記号みたいなもので呼ばれるの実は好きではありませんのよ。

(/いえいえいえいえ、生意気だなんてとんでもありません、こっちが面を勝手に奪ったのが悪いんです。私は悪いとは思ってるんですけど、夜宵が返すのを拒否しているもんで申し訳ありません()おこな錦ちゃんに可愛いなあ、と思ってるのは夜宵も私も同じです。
まだ面はこちらの手の中にありますが無理矢理奪い返してしまっても全然大丈夫ですので。)


93: 夜宵/桜花【ヤマイヌ/名持ち】 (bwe9mISfSQ)☆2015/11/26(木) 21:37:22

>>89 悪喰の名持ち( 朱華/悪喰 )

(こうして食べる人間のことを覚えておきたいとこだわり始めたのは何時のことだったか。桜花と存在を示す名を与えられるよりも前、ひとりの人間を殺す間際から。
ただの食料でしかない彼らにも今までの人生があり残してきたものが沢山あると知った日から。食べた人間のことを覚えていれば、食べた人間を慕っていた人間がもっともっと、楽しませてくれるかもしれない。
物心がついた頃から他者よりも優れており、退屈ばかりだった。少しでも楽しいと思えることを望むのはおかしなことではないでしょう。
過去に思いをはせて意識がふっと戻ってきたときには手も口元も真っ赤に染まり、空腹が満たされていた。爛々と輝いていた金色の双眸は多少落ち着きを取り戻し、緩やかな動作で口元を袖で拭う。
足元にあるものとは違う血の臭いに湖のそばに膝をついて、近寄ってくる存在を待った。通常、顔を隠したがるヤマイヌでありながら惜しみなく金の瞳をさらけ出した彼の手にある血濡れた般若。
知らぬうちに名を知られていた自分と同じ、勝手に名前を与えられた者。こうして対峙するのは初めてのことであるが存在程度ならば知っている。微笑んで、挨拶もなしに親しげに頷いてみせ。)
ええ、大切ですわ。こうして覚えていれば、今後私のことを楽しませてくれるかもしれませんもの。

(/初めまして、絡みありがとうございます。
私も実な同じ名持ちのヤマイヌ同士、絡めることを楽しみにしておりました。
食べる人間のことを覚えようとする夜宵と食事についてこだわりを持っているのは似てるのか、なあ?と思いつつ…悪喰さんに比べたら全然甘いやつなんですけど()
姿形不明ということだったんですが、勝手に知っていることにしてしまいました。問題があるようでしたら直しますので。これからよろしくお願いいたします。)


94: 燕【猟人/密偵】 (kbiDXdAMVI)☆2015/11/28(土) 20:29:47
>>73 刹本体様
(/遅くなってすみません!ありがとうございます!!
こちらこそ、交流始まりましたらよろしくお願い致します!)

>>スレ主様
(/挨拶遅くなりすみません。参加許可ありがとうございます。絡み文は後ほど投下させて頂きますね。これからよろしくお願いします!)




95: 朱華/悪喰【ヤマイヌ/名持ち】 (iILJcGxBw2)☆2015/12/02(水) 21:39:39
>>79 混血の仔(刹)

( ふむ…芳しい香りに誘われて来たは良いが、これは一体どういう状況だろうか。真っ先に見えたのは高々と積み上がる死体の山。
それだけならば特段気を留める事無く貪っていたのだが、先客らしき人影に一先ず欲を抑え近付いてみる。
そうして新たに見えた、地に伏して動かない…他とは違う香り≠纏った亡骸。恐らく、否…これは確実にヤマイヌだ。つまり今、己は同胞の死体を前にしている訳で。それをちらりと一瞥しただけの視線は自然と傍らに佇む人物へと向かい、薄暗さで分かり難いその背を静かに見遣った。
人か? 違う…けれど同胞でもない。しいて言うなら両方の気配を纏った、それ=B
そういえばいつだったか、ヤマイヌでありながら人のような行動を取る者がいると噂に聞いた事がある。確か混血である、とも流れていたか。それが本当で、尚且つそんな存在が実在するというならこの違和感に説明がつく。
だがまぁ、まずはゆっくりと話でもしようか。…ん? 最初は悠長にしているぐらいが丁度いい。変に急いては逃げてしまうだろう。
そう、だからなるべく怖がらせぬようゆったりと、般若の面を外し亡骸の山に手を合わせる彼へと声を掛けた )

珍しい気配を纏っているのだな。――― そなた、名は何と言う?

(/初めまして、遅ればせながら悪食なヤマイヌが絡ませて頂きました!
ゆったりしてても状況的に逆に怖いよ状態ですが、素直に答えるでも適当にはぐらかすでも御好きに対応して頂ければと思います。
ではではこの通り超絶亀な本体ですが、どうぞ宜しくお願い致します!)


お名前:

sage設定(省略可)



投稿にあたっての注意
・お小遣いサイトの宣伝は禁止します。
・チェーンメールの投稿は禁止します。
・中傷や嫌がらせは禁止します。
・個人情報の投稿は禁止です。
・売買、交換は禁止です。


悪質な投稿をするとネットができなくなります。



安い買い物はいつも楽天です(゚▽゚*)♪